九州産業大学の評判と偏差値【奨学金制度が充実しています】


こんにちは!
今回は九州産業大学の評判について、卒業生の方にインタビューをしてきました。

結論から言うと、九州産業大学は奨学金制度も充実しているので、地元九州での就職を考えているのであれば良い大学だと思います。

この記事以上に九州産業大学の情報を詳しく知りたいかたはマイナビ進学というサイトで九州産業大学の学校パンフレットを取り寄せて下さい。

奨学金情報をはじめとしたネット上にのっていない貴重な情報が沢山ありますよ。
なお、マイナビ進学を使えば九州産業大学パンフレットは無料で取り寄せることができます。

それでは、さっそく九州産業大学の評判について見ていきましょう!
九州産業大学のパンフレットを無料請求
今回インタビューをした方は九州産業大学国際文化学部の卒業生です。

九州産業大学の評判まとめ

九州産業大学の偏差値

◇国際文化学部
国際文化学科…偏差値40
日本文化学科…偏差値37.5

◇人間科学部
臨床心理学科…偏差値42.5
子ども教育学科…偏差値37.5
スポーツ健康科学科…偏差値40

◇経済学部
経済学科…偏差値37.5

◇商学部
経営・流通学科…偏差値35

◇地域共創学部
観光学科…偏差値35
地域づくり学科…偏差値35

◇理工学部
情報科学科…偏差値35
機械工学科…偏差値37.5
電気工学科…偏差値35

◇建築都市工学部
建築学科…偏差値40
住居・インテリア学科…偏差値35
都市デザイン工学科…偏差値35

◇生命科学部
生命科学科…偏差値37.5

◇芸術学部
芸術表現学科…偏差値35
写真・映像メディア学科…偏差値37.5
ビジュアルデザイン学科…偏差値35
生活環境デザイン学科…偏差値35
ソーシャルデザイン学科…偏差値35

九州産業大学の学生の学力レベル

偏差値50前後程度の学生が多かったです。

九州産業大学の学力レベルを他の大学と比較すると、
西南大学<福岡大学<九州産業大学<福岡工業大学といった印象。

九州産業大学の地元での評判

地元では中堅のレベルの大学だと思われているので、可もなく不可もなく、といった評価だった。

なので、通っていて得したこともなければ損もしたこともない。ただ、総合大学だけあって卒業生が多いので、企業からの評判はそこそこ良いように感じた。

ただ、そこまで偏差値は高くないので家庭教師や塾のアルバイトだと、相手に下に見られたり、場合によってはバカにされたりすることがあった。なので、特別成績の良い学生以外はアルバイトは飲食店であったりスーパーのレジ打ちをしてた印象が強い。

その他のエピソードとしては、スポーツが昔から強い大学だったので、部活に入っていると一目置かれることもあり、中にはプロスポーツ選手になる人も多かった。

昔部活をやっていた、とレクリエーションの場で自己紹介をしただけで部活に誘われるなど、特別上手い学生だけがいるという訳ではなく、入部は誰でも歓迎だったので、門扉は広いように感じた。また、有名人が多い。

九州産業大学の学生の様子

勉強はあまり一生懸命ではない学生が多いような感じた。どちらかといえば、バイトや部活、サークル活動に精を出すような学生が多かった。勉学はほどほどに、それ以外の面を精一杯楽しみ、四年間を過ごすような校風だった。

また、授業には真面目に出席してる人と、出席してない人の二極化。講義中の私語はほとんどなかった(私語は厳禁。教室から追い出されるので)ただ、不真面目な生徒は携帯や漫画を見てたり、寝てたりしていた。講師によっては漫画や携帯を出すと一旦没収、寝ていると欠席扱いにしていた人もいたので、全ての講義がそうだったとは言えなかった。

九州産業大学の就職先について

国際文化学部の生徒は地元企業に就職する生徒が多い。

中には、大手企業への就職をする生徒もいた。職種は交通や旅行関係など、語学力を活かせる仕事に進む人が多かった。

経済学部は国際文化学部同様、地元就職が多かった。特定の職種ではなく、幅広い企業へ進む人が多く、特にこれといった強みはなかったように感じた。

理系の人は研究、開発に進む人が多かった。特にエンジニア志望の人は東京、大阪への上京を希望する人が圧倒的に多かったし、関東に本社を置く企業からのオファーも多いように感じた。

私は文系だったので、理系の人が具体的にどのような職種に進み、どんな活動をしたかは詳しくは分からないが、どちらかといえば就職より大学院に進む人の方が多いように感じた。

九州産業大学の良かったところ、悪かったところ

良かったところ

①図書館や電算室の設備がとても綺麗で充実していた。特に清潔感があった点に関しては、とてもよく感じた。何度も通った。

②就職課のサポートが充実してた。また、卒業生が活躍している会社を紹介してくれたりして、卒業した後フリーターになるような生徒はなかなかいなかった

③学食がおいしくて安かった。また、メニューも多くかった。

悪かったところ

①学内の売店の品揃えが少ないのと、店が小さかったので使いにくかった。

②学食は安くて種類豊富だったが、味はいまいちだった。もう少しおいしかったら毎日通っていた。

③サークル活動を真面目にしているところ、不真面目なところの差が激しかった。

九州産業大学に4年間通ってみていかがでしたか?

私はその大学に通ってとてもよかったと思う。

なぜなら、私の実家から10分程度の距離なのでとてもアクセスが良かった点。そして、学費もそこまで高くなかったので金銭面でも通いやすかった。

私は奨学金と大学の給付金を受けながら大学に通っていたので、交通費や学費に困ることが多かったので、その面ではとても助かったと今でも思う。

次に良かったと思う点は、就職サポートが充実していた点だった。私の卒業年は就職氷河期で、もしかしたらフリーターになるかもしれないと、とても不安になったが、大学の就職課の方がしっかりとサポートしてくれて、卒業生も紹介してくれたりした。

その結果、地元企業から内定をもらい、安心して卒業できたので、とても助かったと思う。

九州産業大学の基本情報

九州産業大学の住所と最寄駅

◇住所
〒813-8503
福岡県福岡市東区松香台2-3-1

◇最寄駅
JR鹿児島本線「九産大前駅」より徒歩1分

九州産業大学の学費(4年間)

九州産業大学の学費は以下の通りです(入学金含む)

芸術学部…学費572万円
生命科学部…学費532万円
理工学部…学費524万円
建築都市工学部…学費516万円
国際文化学部…学費352万円
経済学部…学費352万円
商学部…学費352万円
人間科学部(臨床心理)…学費360万円
人間科学部(子ども教育)…学費412万円
人間科学部(スポーツ健康)…学費456万円
地域共創学部(観光)…学費352万円
地域共創学部(地域づくり/昼夜開講制)…学費120万円

奨学金情報や学費免除制度をはじめとした詳しい学費情報は、九州産業大学の学校パンフレットでご確認下さい。

九州産業大学のパンフレットを無料請求

今回のまとめ

いかがでしたでしょうか。
九州産業大学は奨学金制度も充実しているので、地元九州での生活を考えるのであれば良い大学だと思います。

奨学金制度など、この記事以上に九州産業大学について詳しく知りたいという方は、九州産業大学の学校パンフレットを是非お取り寄せ下さい。

マイナビ進学というサイトを使えば完全無料で九州産業大学の学校パンフレットを取り寄せる事ができます。

九州産業大学のパンフレットを無料請求

コメントをかく

*