デジタルハリウッド大学の評判と偏差値【電通へ就職する卒業生も】


こんにちは!
今回はデジタルハリウッド大学の評判について、卒業生の方にインタビューをしてきました。

結論から言うと、デジタルハリウッド大学は学力レベルこそ高くありませんが、CyberArgentや電通といったクリエイティブ職に就く学生もいるので、そのような仕事を希望する方にはおすすめの大学です。

この記事以上にデジタルハリウッド大学の情報を詳しく知りたいかたはマイナビ進学というサイトでデジタルハリウッド大学の学校パンフレットを取り寄せて下さい。

奨学金情報をはじめとしたネット上にのっていない貴重な情報が沢山ありますよ。
なお、マイナビ進学を使えばデジタルハリウッド大学パンフレットは無料で取り寄せることができます。

それでは、さっそくデジタルハリウッド大学の評判について見ていきましょう!
今回インタビューをした方はデジタルハリウッド大学デジタルコミュニケーション学部の2015年卒業生です。

デジタルハリウッド大学の評判まとめ

デジタルハリウッド大学の偏差値

◇デジタルコミュニケーション学部
デジタルコンテンツ学科…偏差値42.5

デジタルハリウッド大学の学生の学力レベル

一流大学にも入学できそうな人はあまりいなかったとおもいますが、クリエイティブ才能が非常に高い学生が多かったです。

デジタルハリウッド大学の学力レベルを他の大学と比較すると、
文教大学<デジタルハリウッド大学<東海大学 といった印象。

デジタルハリウッド大学の世間からの評判

私がデジタルハリウッド大学を選んだ時に当時通った学校の教師に「もっと上のレベルの大学を探したら?」と言われたことがあります。

確かにその時に知名度も低くて最近できた大学でしたから不安もありましたが、他の大学になかった特徴もたくさんあったので気に入りました。そんなに興味をもってないOO学科を有名な大学で勉強しても確かに周りの人に「おお、すごい」や「頭いいな」などと言われたい人もおおくいるようですが、自分は興味をもって熱心になりやすい科目を専門にしたいと思って大学を選べばいいと思っています。

私はデジタルハリウッド大学に入学しましたが、そこでしか勉強できないから専門があるから入学したと説明するとほとんどの場合理解してもらいました。

当時はなかったですが、最近他の大学もデジタルコンテンツのような学部を作るところが非常に増えたようで、デジタル作品制作とそれに関わるコンプライアンスやビジネス知識を持つ人材需要に応える傾向が見えます。

デジタルハリウッド大学の学生の様子

デジタルハリウッド大学を滑り止めとして使って入学した学生が少なくなかったです。

単位が取りやすい授業ばっかりを履修してぎりぎり卒業ができた人が何人もいました。中国に姉妹校があったので、あまり日本語が喋れない留学生も多くいました。授業に当然ついていけなかったですから、毎日晩から朝までアルバイトして、教室で寝る様子でした。

80%以上の出席率はビザのために必要でしたから、学生証をタッチして、すぐ帰宅することがよく見かけました。

また、自分のデジタル作品作業しながら受講ている学生が非常に多かったです。演習授業の場合はTA(助教員)もいましたから直ぐに注意されていました。デジタルハリウッド大学の出席の取り方は学生証を教室内に設置されたカードリーダーにタッチすることで、タッチして受講せず帰ってしまった学生も多少いました。

対策として、教員が授業中にリストを回して、そこに名前を書かなかった学生を欠席扱いにしました。

デジタルハリウッド大学の就職先について

デジタルコンテンツ制作やそれに関わる知識を学ぶデジタルハリウッド大学ですから、映像撮影、撮影編集、3DCG(3次元空間コンピューターグラフィクス)、Webサイト構築、グラフィックデザイン、アニメなどの業界に就職する学生がほとんどでしたが、全く大学で勉強したことに関係ない仕事に就いた学生もたくさんいました。

特にクリエイティブな人材を募集したいマーケティング、PRなどの企業がデジタルハリウッドの学生を歓迎した印象を受けました。有名企業の電通、Cygames, Cyberagentなどに就職できた知人もいました。

撮影をメインに勉強した友人が3年生の時に結婚記念撮影ビデオを作るフリーランスの仕事を初めました。

デジタルハリウッド大学の良かったところ、悪かったところ

良かったところ

①大学内の構成は新築で御茶ノ水にあるソーラシティにはいってますから、周りにお店がたくさんあって便利でした。学生用のパソコンやソフトも最新の物のみで良かったです。

②ほとんどの教員がそれそれの業界の現役プロで、最新トレンドや職場の様子は教えてもらえます。

③留学生が多くて国際的な雰囲気でした。アジア系の留学生が8割くらいで、南米、アメリカとヨーロッパの学生もいました。

悪かったところ

① 自分の書いた本をPR目的で講義を教えた教員もいました。期末試験はその教員の本を買って感想文を書くことでした。

②入学の難易度が低いため不真面目な学生が多かったです。

③高層ビル内にあるためキャンパスが狭いです。他の大学にある広いキャンパスが欲しくなった時がよくありました。

デジタルハリウッド大学に4年間通ってみていかがでしたか?

とても良かったと思います。

なぜなら、それは熱心に選んだ専門の達人になろうと思うとデジタルハリウッド大学は最強の環境だからです。教員はほとんど現役プロですから、最新のトレンドや技術のついてとても詳しいですし、普段その業界の会社に入社してからしか学べないことまで教えてもらえます。

但し、一般職やサラリーマンを目指している若者は別な大学に入学をするのをお勧めします。あくまでもクリエイティブ才能を活かすためにできた大学ですから、自由度が結構高いと言えます。

確かに私もたまに「普通の歴史が長くて知名度が高い大学に入ったらどうになったかな」と思ったりしますが、デジタルハリウッド大学で過ごした4年間は経験の宝だと思って、全く後悔してません。

今回のまとめ

いかがでしたでしょうか。
デジタルハリウッド大学は普通のサラリーマンを目指す学生には不向きですが、クリエイティブな仕事を希望する方にはとても良い大学だと思います。

この記事以上にデジタルハリウッド大学について詳しく知りたいという方は、デジタルハリウッド大学の学校パンフレットを是非お取り寄せ下さい。

マイナビ進学というサイトを使えば完全無料でデジタルハリウッド大学の学校パンフレットを取り寄せる事ができます。

マイナビ進学でデジタルハリウッド大学のパンフレットを無料請求

コメントをかく

*