盛岡大学の評判と偏差値【岩手県内では有名な私立大学】


こんにちは!
今回は盛岡大学の評判について、卒業生の方にインタビューをしてきました。

結論から言うと、盛岡大学は全国的には無名な大学ですが、岩手県内では有名な私立大学といった評価です。

この記事以上に盛岡大学の情報を詳しく知りたいかたはマイナビ進学というサイトで盛岡大学の学校パンフレットを取り寄せて下さい。

奨学金情報をはじめとしたネット上にのっていない貴重な情報が沢山ありますよ。
なお、マイナビ進学を使えば盛岡大学のパンフレットは無料で取り寄せることができます。

それでは、さっそく盛岡大学の評判について見ていきましょう!
盛岡大学のパンフレットを無料請求
今回インタビューをした方は盛岡大学文学部の卒業生です。

盛岡大学の評判まとめ

盛岡大学の偏差値

◇文学部
日本文学科…偏差値37.5
社会文化学科…偏差値37.5
児童-保育・幼児教育…偏差値35

盛岡大学の学生の学力レベル

付属大学だったので、高校からそのまま入学する人が多くいました。また英語文学コースもあるのですが、中学校レベルの英語力の生徒がほとんどでした。

盛岡大学の学力レベルを他の大学と比較すると、
ノースアジア大学<盛岡大学<青森大学 といった印象。

盛岡大学の世間からの評判

全国的に見ても有名な大学ではないので、知人に聞いても知らないと言う方が多いです。またセンター試験利用で入学する方もいるので偏差値の高い生徒もいます。岩手県内では有名な大学なのでバイト等でも有利なのではないでしょうか。

また年一回行われる英語文学科だけのスピーチコンテストというものがあり、出場した際には、国立大学レベルの英語だなと教授に言われました。偏差値自体は低いので必然的に生徒の偏差値もトータルで見れば低いです。ただ教授陣は英語を堪能に話せ英語圏の文化に精通している方が多かったですし、外国の教授もいますのでスキルのアップは努力しだいで可能であると思います。

就職のの際にも大学等面接で説明しましたがそこまで知られているわけでもないせいか、盛岡大学だからといって馬鹿にされたりすることはないと思います。ただ地元ではやはり岩手大学が国立ということもあり、比較されてしまうと見劣りはします。進路等は自分の頑張り次第です。

盛岡大学の学生の様子

真面目な学生が多いと感じました。ただ全員が全員真面目と言うわけではなく、中には講義の最初だけ出て、その後はずっと喫煙所にいる生徒もいました。ただ、真面目に講義を受けている生徒が多いので私自身も講義にしっかり集中できました。トータルで見ると、学ぶ意欲がある生徒が多いので勉強しづらいといったことはないです。

また、ほとんどの講義ではしっかり教授の話を聞いて、ノートを執ったりしている人が多いです。それでもこっそり携帯を使う人が2割ほどいました。ただ講義を妨害したり、周囲の生徒に迷惑をかけたりするような学生はいませんでした。実習でも多くの生徒が積極的に活動していたのでそういた部分での不安なところはありませんでした。

盛岡大学の就職先について

地元の中小企業、小学校、中学校の教師、保育園、幼稚園教諭の割合が多いです。資格も教員免許、図書館司書など取得可能なので公務員になる方がいました。

ただ割合としては半分半分くらいであり、教員資格を取得しても地元の中小企業に就職する方もいました。また人によってはJTBなどの大企業に内定をもらい就職した人もいましたので、大企業に就職できないわけではありません。あとは少数ですが栄養管理士の資格を取得し、そちらの方面に就職した生徒もいるそうです。文学部からは新聞社に就職する人もいたので、卒業後の進路としては様々な職種があると考えてもいいです。ただ最初にも述べたとおり、卒業生のほとんどが地元の中小企業、教職員という道に進んでいきます。

盛岡大学の良かったところ、悪かったところ

良かったところ

①教職員の英語力が素晴らしいところです。高校と違い英語のスペシャリストが何名もいますので、自身の英語力のスキルアップ、海外の人とのコミュニケーションにはすごく活用させてもらいました。

②英語以外の言語も学ぶことができるところです。中国語、ドイツ語、フランス語を多言語で学ぶことができました。

③留学のサポートがしっかりしているところです。姉妹校がカナダにあり、留学の際には活用できます。

悪かったところ

①校舎が広くないと言うことです。空いた時間に勉強しようにも教室が少ないので勉強するスペースがあまり確保できませんでした。

②異なる学部間での交流がないことです。学校祭以外交流がなくほかの学部の活動がまったく分かりませんでした。

③図書館が離れています。大学から図書館にいくのに少し距離がありました。

盛岡大学に4年間通ってみていかがでしたか?

盛岡大学に通っていてよかったと思います。理由はもちろん英語のスキルアップが可能だったからです。

アメリカから来た教授もおり、日本人教諭でもアメリカ、イギリスそれぞれの文化に精通した教授もいました。また留学の際には姉妹校があり、しっかりとしたスキルアップを自分自身で実感できました。他にも英語以外の言語に触れることができ、大まかではありますが、英語圏以外の文化に触れることもできました。

専門的なこと以外にも教養として心理学や哲学、経済学、政治学なども学ぶことができたので自分にとってはプラスになったと考えられます。講義も集中できる環境が整えられており、とくに不便もなく毎回の講義を受講することができました。

盛岡大学の基本情報

盛岡大学の住所と最寄駅

◇住所
〒020-0694
岩手県滝沢市砂込808

◇最寄駅
JR「盛岡駅」より岩手県北バス「盛岡大学行」または「沼宮内行」乗車、「盛岡大学」下車

盛岡大学の学費(4年間)

盛岡大学の学費は以下の通りです(入学金含む)

栄養科学部…学費442万円
文学部…学費406万円

奨学金情報や学費免除制度をはじめとした詳しい学費情報は、盛岡大学の学校パンフレットでご確認下さい。

盛岡大学のパンフレットを無料請求

今回のまとめ

いかがでしたでしょうか。
盛岡大学は全国的には無名な大学ですが、岩手県内では有名な私立大学といった評価です。

この記事以上に盛岡大学について詳しく知りたいという方は、盛岡大学の学校パンフレットを是非お取り寄せ下さい。

マイナビ進学というサイトを使えば完全無料で盛岡大学の学校パンフレットを取り寄せる事ができます。

盛岡大学のパンフレットを無料請求

コメントをかく

*