札幌国際大学の評判と偏差値【学生の質は高く無いが保育学科の就職率は100%】


こんにちは!
今回は札幌国際大学の評判について、卒業生の方にインタビューをしてきました。

結論から言うと、札幌国際大学のレベルはそこまで高くなく学生の質も微妙ですが、保育学科の就職率はなんと100%なので札幌で将来保育士として働きたい方にはとても良い環境です。

この記事以上に札幌国際大学の情報を詳しく知りたいかたはマイナビ進学というサイトで札幌国際大学の学校パンフレットを取り寄せて下さい。

奨学金情報をはじめとしたネット上にのっていない貴重な情報が沢山ありますよ。
なお、マイナビ進学を使えば札幌国際大学のパンフレットは無料で取り寄せることができます。

それでは、さっそく札幌国際大学の評判について見ていきましょう!

札幌国際大学の評判まとめ

札幌国際大学の偏差値

◇人文学部
現代文化学科…偏差値35

◇スポーツ人間学部
スポーツビジネス学科…偏差値35
スポーツ指導学科…偏差値35

※札幌国際大学には他の学部学科もありますが、偏差値が低すぎるため表示されていません。

札幌国際大学の学生の学力レベル

他の大学を落ちた学生が多かったです。

札幌国際大学の学力レベルを他の大学と比較すると、
北海学園大学<札幌国際大学<藤女子大学 といった印象。



札幌国際大学の世間からの評判

私が他人に札幌国際大学出身ですと言うと、「あ、、、そうなんだ」「あぁあそこね」という微妙な雰囲気になるので、あまり言いたくありません。

また、チャラい人やガラが悪い人も多くいるので、大学周辺も治安があまり良くないです。在学中も、よく違法駐車やたばこのポイ捨て、深夜の騒音などがあって、近隣住民の方にたくさん迷惑をかけてしまっていたようです。結構な数の苦情が届いていました。また、札幌で保育科や幼児教育系の学科がある大学、短大のなかでもおそらく1位、2位を争うくらい頭が良くない学校で、大学受験の時には「名前を書くだけで入れる」とも聞いたことがあります。

就職面接のときや就職したあとに先輩方にどこの大学出身?と聞かれたときに自信を持って答えづらかった思い出もあります。また、これは少し恥ずかしい話ですがうちの大学は巷では「丘の上の歓楽街」ともいわれているようです。あまり印象は良いとは言えない学校です。

札幌国際大学の学生の様子

無気力と言うかやる気がない学生さんは多かったと思います。授業を受けていても「それってノートとった方がいいですか~?」と平気で聞くような人もたくさんいました。また、私の通っていた学科は卒業と同時に幼稚園教諭や保育士の資格が取れるのですが、卒業に必要な最低限の単位をとれればいいと言う考えの人も多くいたので、授業はギリギリの回数まで休んでいる人がほとんどだったと思います。

また、授業の雰囲気を乱したりする人はほとんどいませんでしたが、やる気がない人が多かったので、ケータイをいじっていたり、居眠りをしている人がたくさんいました。学外に実習に出ることが多い学科だったのですが、そのときはみんな真面目に参加していたようですが・・・。学内になるとだらけていました。(もちろん、真面目に学んでいる人もいました)

札幌国際大学の就職先について

私の学校の幼児教育保育学科の生徒は、ほとんどが保育園、幼稚園に就職します。(就職率100パーセントが売りの学科でした)

保育職は求人が多く、資格があれば職には困らない・・・という感じなので、どんな生徒も職場を選べる環境ではありました。ただ、保育職は普通の企業などと違って、一度に応募できるのは1園のみ、そして結果がわかるまでは次の園は受けられないという決まりがあるので、決まらないと半年くらい就活を続けるという人もいました。実際私の周りの友だちは地元の保育園、幼稚園、障がい児施設や児童養護施設など、資格を生かせる職場に就職していきました。

遅くても就職する前の12月にはみんな決まっていました。他の学部、学科の学生は普通の中小企業に就職する人がほとんどだったのですが、結構ぎりぎりまで就職活動をしている、というのは聞いたことがあります。学内には就職活動を支援するキャリア支援センターというのがあり、サポート体制は整っていたと思います。

札幌国際大学の良かったところ、悪かったところ

良かったところ

①在学している2年間の間、クラス単位で講義を受けたり生活したりするので、本当の学校のようでクラスの中は深まりました。

②サークル活動はたくさんあったので、忙しい短大生活の合間に自分のやりたいことを見つけて取り組むことができました。

③クラスに分かれていて、担任の先生もいたので、一人ひとりのことを理解してくれて親身にサポートしてもらえた。

悪かったところ

①交通の便が悪く、どの最寄駅からも必ずバスを乗り継いでいかないとつかないのがつらかったです。毎日1時間以上かけて通学していたので朝から疲れてしまい、帰るのにも体力がいりました。

②いい先生もたくさんいましたが、冷たいというか学生にまったく情がない、親身になってくれない先生もいたので、信頼できる先生を探すのが大事だと感じました。

③短大なので2年間で資格取得に必要な単位を履修しなければいけないため、授業がほぼ毎日朝9時から夜6時までありました。それがとっても疲れました。

札幌国際大学に4年間通ってみていかがでしたか?

別の大学に進学すれば良かったと思うことが多いです。理由は3つあります。

①まず、距離が遠いというところです。朝早くに家を出て、帰ってくるのも遅くなってしまい、授業で疲れている上に通学にも体力を使い・・・と言う生活を2年間続けるのは大変でした。もう少し近い大学にすればよかったと思います。

②忙しすぎて、バイトやいわゆる「空き講」などの大学生らしい生活は遅れなかったので、もっと大学生活に余裕を持って楽しみたかったなぁと感じます。

③友達付き合いが大変だったことも理由の一つです。学科には女子しかいなかったので、女同士のいざこざがたくさんありました。私は資格が取れたらOKという気持ちで通っていたのですが、まさか大学生になってまで友だちと喧嘩をする(しかも内容は希薄)とは思わなかったので、入学当初はびっくりした記憶があります。もう一度高校生に戻れるならば、もっと頑張って勉強をして落ち着いた学校に入りたかったです。



今回のまとめ

いかがでしたでしょうか。
札幌国際大学のレベルはそこまで高くなく学生の質も微妙ですが、保育学科の就職率はなんと100%なので札幌で将来保育士として働きたい方にはとても良い環境です。

この記事以上に札幌国際大学について詳しく知りたいという方は、札幌国際大学の学校パンフレットを是非お取り寄せ下さい。

マイナビ進学というサイトを使えば完全無料で札幌国際大学の学校パンフレットを取り寄せる事ができます。

マイナビ進学で札幌国際大学のパンフレットを無料請求

コメントをかく

*
*
* (公開されません)