鳴門教育大学の評判と偏差値【教員採用試験の合格率が全国一です】


こんにちは!
今回は鳴門教育大学の評判について、卒業生の方にインタビューをしてきました。

結論から言うと、鳴門教育大学は国立大学のため優秀な学生が多く、なんと教員採用試験の合格率が全国一です。

この記事以上に鳴門教育大学の情報を詳しく知りたいかたはマイナビ進学というサイトで鳴門教育大学の学校パンフレットを取り寄せて下さい。

奨学金情報をはじめとしたネット上にのっていない貴重な情報が沢山ありますよ。
なお、マイナビ進学を使えば鳴門教育大学のパンフレットは無料で取り寄せることができます。

それでは、さっそく鳴門教育大学の評判について見ていきましょう!
今回インタビューをした方は鳴門教育大学学校教育学部です。

鳴門教育大学の評判まとめ

鳴門教育大学の偏差値

鳴門教育大学のほとんどの学科では二次試験に学力試験が課されていませんので、上手く偏差値が計算できません。
そのため、代わりにセンターボーダーを掲載しておきますね。

◇学校教育学部
幼児教育…センターボーダー62%
小学-学校教育実践…センターボーダー64%
小中-国語…センターボーダー63%
小中-英語…センターボーダー64%
小中-社会…センターボーダー62%
小中-算数・数学…センターボーダー63%
小中-理科…センターボーダー62%
小中-音楽…センターボーダー56%
小中-図画工作・美術…センターボーダー54%
小中-体育・保健体育…センターボーダー58%
小中-技術…センターボーダー57%
小中-家庭…センターボーダー59%
特別支援教育…センターボーダー59%

鳴門教育大学の学生の学力レベル

センター試験で6~7割を取る位の学力の学生が多かったです。

鳴門教育大学の学力レベルを他の大学と比較すると、
高知大学<鳴門教育大学<愛媛大学 といった印象。

鳴門教育大学の世間からの評判

教員採用試験の合格率が全国一です。

各教科毎にコース分けをされていて、自分の専門科目を中心的に学ぶことができます。また、どのコースも10名程度の定員なので、教授と関われる時間も多く、手厚い指導を受けることができます。教員採用試験に向けての対策セミナーも開講されており、各校種や各自治体に合わせた対策を考えて指導を受けることができます。

さらに、採用試験を合格された先輩が面接指導や現場の講話をしてくれるため、教員を目指すに当たって様々な情報を入手することができます。その成果もあって、私も3つの自治体に合格し、数年できたが教員として勤務することができました。少人数の学校であるため、学生同士の仲も良く、アットホームな雰囲気の大学です。子どもを対象としたボランティアやサークルも多く存在し、将来教師になる上でためになる団体がいくつもあります。島に大学があるため、家賃も比較的安く、自然豊かで落ち着いた環境で通うことができました。

鳴門教育大学の学生の様子

単位を落としたり、無気力な学生はほとんどいませんでした。学生のほとんどが教師を目指しているため、一人一人の熱意や学習意欲は高い方だと思います。また、ほとんどの学生が何かしらの部活がサークルに所属して活動をしていました。島に大学があり、街からも離れているためか、比較的ラフな格好で通学する学生が多いです。

また、どの講義も出席がある一定に達していないと単位が貰えないため、たまに講義に出てこない学生はいるが、講義をサボる学生は少ないです。飲食は基本許されていて、携帯を触ることも許されていますが、周りの学生の邪魔や講義の妨げをするような学生は1度も見たことがありませんでした。教育実習ではどの学生も夜遅くまで教材研究をするなど熱心に取り組んでいました。

鳴門教育大学の就職先について

ほとんどの学生が出身の自治体の教師になっています。もしくは、採用の多い政令指定都市を受験して採用になる学生もいました。

教育実習を経て、方向性を変えて教師ではなく、塾の講師や家庭教師、Benesseなどの通信教育に携わる仕事に就職する人もいました。少数ですが、市役所を受けて公務員になる人もいました。教員採用試験の傾向として、国語や算数等の一般の教科と比べると、体育や美術などの専門性が強い副教科の方が採用の枠が少なく、倍率が高くなります。

教員採用試験に合格しなかった人のほとんどが、教員採用試験を受けた自治体で常勤講師として臨時で働いています。自治体によっては、臨時をある年数していれば試験免除なのがあるため、臨時をしながら経験を積みながら試験勉強をする人もいます。

鳴門教育大学の良かったところ、悪かったところ

良かったところ

①少人数の大学であったことです。学生一人一人との関わりが強く、より良い人間関係を築くことができました。今でも定期的に集まって会っています。

②色々な免許を取得できることです。決められた講義を受けて単位を取得することで、自分の専門科目以外の教員免許をすることができます。また、幼稚園から高校まで幅広く免許を取得して卒業することができます。

③比較的新しい大学で、設備がきれいでした。

悪かったところ

①島にあるため車がないと生活が不便でした。島内にはコンビニはあるが、生活するためには島の外に買い物に往くことが必要です。

②教育実習などで、他の大学に比べると夏休みが短いです。

③Wi-Fiなどのネット環境があまり整っていないことです。

鳴門教育大学に4年間通ってみていかがでしたか?

とても良かったと思います。教員採用試験して合格率一ということで、色々な地域から学生が来ています。

少人数なので色々な人と関わることができ、色んな考えに触れることができました。教員になる上で、日常生活が自分の人間力を育ててくれたように思います。人間関係も密になり、部活動でも切磋琢磨することができ、目標に向かって一体となって取り組めたこともよい思い出です。

採用試験に向けて一緒に勉強をして、面接練習では真剣に指摘しあって、お互いの夢に向かって努力することも出来ました。少人数だからこそ、得られるものが多く、メリットがたくさんあると思います。教師になるのにとても適した環境であったと、今になってとても感謝しています。

今回のまとめ

いかがでしたでしょうか。
鳴門教育大学は国立大学のため優秀な学生が多く、なんと教員採用試験の合格率が全国一です。

この記事以上に鳴門教育大学について詳しく知りたいという方は、鳴門教育大学の学校パンフレットを是非お取り寄せ下さい。

マイナビ進学というサイトを使えば完全無料で鳴門教育大学の学校パンフレットを取り寄せる事ができます。

マイナビ進学で鳴門教育大学のパンフレットを無料請求

コメントをかく

*