東京工科大学の評判と偏差値【ランクは工学院大学よりも下】


こんにちは!
今回は東京工科大学の評判について、卒業生の方にインタビューをしてきました。

結論から言うと、東京工科大学のランクはそこまで高くなく、工学院大学よりは下の学力ランクです。

この記事以上に東京工科大学の情報を詳しく知りたいかたはマイナビ進学というサイトで東京工科大学の学校パンフレットを取り寄せて下さい。

奨学金情報をはじめとしたネット上にのっていない貴重な情報が沢山ありますよ。
なお、マイナビ進学を使えば東京工科大学のパンフレットは無料で取り寄せることができます。

それでは、さっそく東京工科大学の評判について見ていきましょう!
今回インタビューをした方は東京工科大学工学部の卒業生です。

東京工科大学の評判まとめ

東京工科大学の偏差値

◇メディア学部
メディア学科…偏差値45

◇応用生物学部
応用生物学科…偏差値47.5

◇コンピュータサイエンス学部
コンピュータサイエンス学科…偏差値47.5

◇工学部
機械工学科…偏差値45
電気電子工学科…偏差値42.5
応用化学学科…偏差値45

◇医療保健学部
看護学科…偏差値45
臨床工学科…偏差値45
理学療法学科…偏差値47.5
作業療法学科…偏差値47.5
臨床検査学科…偏差値45

◇デザイン学部
デザイン学科…偏差値47.5

東京工科大学の学生の学力レベル

学校の推薦で入学した学生が多かったです。

東京工科大学の学力レベルを他の大学と比較すると、
東京工科大学<工学院大学 といった印象。



東京工科大学の世間からの評判

入学してから間もないころに親戚の家にて、春でしたので当然、どの大学に行ったのかを問われました。その時に大学の話をしたら学力はないが、手に職はつけられそうだからいいんじゃないのかと半ば半笑いで言われました。

私が通っていた高校でも試験など受けずに学校の推薦などで入学する人が多かったですね。すくなくともあまり大きな声でいえる学歴では無いと思います。アクセスの悪い辺鄙な山の中にある学校なので、相まって目立つことはない感じですが、一応知名度は有るみたいでした。

地域ではそこくらいしか工学部の有る大学はないので皆、とりあえずそこに行くという感じでした。なので地元ではこの大学は学力の面ではあまり評価されていません。でも、一応コウガクに関してはそこそこ学べます。彼女はいませんでしたが、数少ない女生徒もあまり良いキャンパスライフというのでしょうか、そういったライフを送っているようには見えませんでしたが、工学が好きな人は追求できます。

東京工科大学の学生の様子

周りの学生は授業、というより講義中は寝ている人半分くらいで残り半分は関係ない話をしている人と真面目に工学の路線では有るけれど授業とは関係ない資格の勉強をしている人がいました。こういった学部の生徒に多い傾向なのですが、あまり人に興味が無いのか、延々と趣味に明け暮れている人がやはり多いですね。そういう印象でした。

また、授業自体はとても静かでしたが、隠れてコソコソとスマホをいじっているひともいれば、PCを使う授業で関係のないサイトを開いていたり、アニメを見ていたりする人が多いです。でも、ちゃんと授業を受けている人もいるとはおもいます。私はスマホをやっていましたが。出席は、出席が記録に残らない授業は当然、人が少なかったです。

東京工科大学の就職先について

まず、この大学の工学部は電子部品やデバイス、電子機器、回路などの製造業だとか、電子回路、情報系、運送用機械器具、化学工業、石油産業、鉱業、自動車整備などITテクノロジー以外にも精通しては居ます。

でも大抵は皆、製造業よりIT系の方向に進んでいるイメージでしたね。結局最後はどこに進んだのか分からない友人もいましたが。コンテストのようなものがあり、そういったイベントに参加するとどこかの社長さんが出向いてきていたりするので、優勝はしなくても、社長さんの目に止まることができてその会社から社員にならないかと勧誘をうけた友人がいました。

地元の中小企業ではなく、都会方面だけど企業としては小規模なクラスの会社に務める人も居ます。

東京工科大学の良かったところ、悪かったところ

良かったところ

①好きな学部の、分野について勉強ができるところ。私はロボット系がすきなので、そういった勉強ができてあまり都会ではない場所を見つけられたのは幸いです。

②都心にないところ。アクセス自体は不便ですが、都会にいくと迷うので田舎で良いかもしれません。

③男性が多いところ。女性が苦手な人はこれが結構良い条件だったりするんですよね

悪かったところ

①講師によって勉強のやり方がマチマチなところ。人によっては重要な部分をさらっとプレゼンテーションソフトで流して終わったりします。

②アクセスが悪いところ。八王子の方はアクセスが非常に悪く近くになにもありません。

③無駄に広いところ。学部によっては3部屋しか使わないことがあります。

東京工科大学に4年間通ってみていかがでしたか?

ここまで悪い理由のほうが目立ちますが、実は総合的に評価したら良い方なんじゃないかと私自身は思っています。なぜならば、一応は自分が好きな分野について理解を深められたわけだし、これが都会の有名大学だったらそれはそれで交通費とか嵩むと思います。

それと、学内にコンビニとか本屋みたいな食事ゾーンがあったりするので、そういうところはとても手厚いです。講義内容は人によってマチマチと書きましたが、良い人にあたると、勉強が嫌いな私でもこの人の話は授業って言うより単純に面白いから聞いていようという姿勢になれます。なにかと普通科目の勉強が必要になってくる(離散数学とか)ので、好きな科目ばかりではなくそういった基本科目もないと厳しいです。



今回のまとめ

いかがでしたでしょうか。
東京工科大学のランクはそこまで高くなく、工学院大学よりは下の学力ランクです。

この記事以上に東京工科大学について詳しく知りたいという方は、東京工科大学の学校パンフレットを是非お取り寄せ下さい。

マイナビ進学というサイトを使えば完全無料で東京工科大学の学校パンフレットを取り寄せる事ができます。

マイナビ進学で東京工科大学のパンフレットを無料請求

コメントをかく

*