横浜商科大学の評判と偏差値【商学部に特化した大学です】


こんにちは!
今回は横浜商科大学の評判について、卒業生の方にインタビューをしてきました。

結論から言うと、横浜商科大学は偏差値こそ低いですが、商学部しか学部が無い分税理士試験などの資格取得講座が充実しているのでとても良い大学です。

この記事以上に横浜商科大学の情報を詳しく知りたいかたはマイナビ進学というサイトで横浜商科大学の学校パンフレットを取り寄せて下さい。

奨学金情報をはじめとしたネット上にのっていない貴重な情報が沢山ありますよ。
なお、マイナビ進学を使えば横浜商科大学のパンフレットは無料で取り寄せることができます。

それでは、さっそく横浜商科大学の評判について見ていきましょう!

横浜商科大学の評判まとめ

横浜商科大学の偏差値

◇地域創生学部
地域創生学科…偏差値37.5

◇表現学部
表現文化学科…偏差値45

◇仏教学部
仏教学科…偏差値42.5

横浜商科大学の学生の学力レベル

偏差値40で勉強嫌いの人が多かったです。

横浜商科大学の学力レベルを他の大学と比較すると、
関東学院大学<横浜商科大学<駒澤大学 といった印象。



横浜商科大学の世間からの評判

神奈川県で野球が強い大学です。

私は、横浜商科大学の前に姉妹校である横浜商科大学附属高等学校に在籍していました。高校も野球が強く、その影響で指定校で横浜商科大学に進む学生も多かったです。グランドも凄く整備されており、大学にも拘わらず、野球部員はスーツを着ています。そういった点では、他の人の認知も高かったと思います。

非常に礼儀正しく、軍隊のようでした。そういった意味では、勉強が嫌いでも部活で頑張るという気迫を感じる事ができたのでいい意味で刺激を受け取る事が出来ました。正直、野球部以外のイメージが無いほどです。高校の時に野球部だった生徒がこの高校に入ると違和感なく大学生生活を歩めると思います。

また、横浜商科大学附属高校なのであれば、偏差値が低くても簡単に入学できます。それは、大卒の資格が欲しいのであれば入学する価値はあると思います。大学に入ってから勉強を好きになった人もいます。

横浜商科大学の学生の様子

大学=出会いの場所だと思っている人が多かったです。大学は、学問を学ぶ為の機関ですがそれを理解していない生徒が多数おり、4年間を遊ぶ事にしか脳がない人が沢山いました。もちろん、そういう性とは単位を落としてばかりで留年し退学していました。今思えば、入学した時点で退学すれば若いうちから違う道に挑戦できたのではないかと思います。

また、授業中は寝ている人が多かったです。単位が欲しいだけで授業に参加している人が多く、途中入室や途中退出の人が多かったと思います。来たとしても、寝ている人が多く修了チャイムが鳴れば、帰る学生もいました。また、大学教授が厳しい授業の参加率は恐ろしく低かったです。3人の時もあるほどです。楽に単位を貰える授業を教え合う生徒も多く、学習意欲がひくいのかなと思いました。

横浜商科大学の就職先について

中小企業がメインで8割以上は、小売り業界でした(スーパーなど) ただし、内定を貰うまでに時間がかかっていた生徒が多かったです。

学歴フィルターにかかりやすく、選考に中々挑めない生徒も多かったと思います。また、キャリアセンターの態度に憤りを感じていた生徒も多かったため、利用している人は少なかったです。そういう意味で、自主的にインターンシップに参加している人が沢山いました。

内定をもらっている人は、インターンシップに参加している人も多いです。自力で動ける人はFランク大学でも内定を貰えると確信しました。また、Fランク大学ですが学歴を気にしている人はあまりいませんでした。恐らく、学歴をきにしていない企業ばかり受けているのだと思います。

横浜商科大学の良かったところ、悪かったところ

良かったところ

①家から近いです。神奈川県大口駅にある為、横浜駅からもアクセスしやすいという事でほとんどが横浜市民の生徒が多かったと思います。

②資格講座が沢山あります。商学部という事で販売スキル資格や簿記、税理士講座があります。

③就職に強いです。就職率が70%という事もあり非常に高いと思います。自分の周りの生徒も就職内定を貰っていた生徒ばかりでした。

悪かったところ

①通学時の坂道が長いです。坂道が急な為、歩きは辛いです。バイク通学の人が多いです

②キャリアセンターの態度がひどいです。アドバイスも投げやりで、「また来たか」という表情でした。こういった態度をされるなら潰した方が良いと思います。

③文化祭の参加人数が少ないです。参加している人は、近所に住んでいる子供だけというイメージがありますね。

横浜商科大学に4年間通ってみていかがでしたか?

良かったと思います。理由は、商学部しかありませんが、裏を返せばより専門分野に特化した大学教授が在中している事になります。

私は、簿記という学問に出会う事が出来て税理士になるという目標も作る事が出来ました。大学で開催している資格講座の価格は非常に安く教え方も丁寧で分かり易いです。そういった勉強が苦手意識を持っている人にも分かり易く説明しようとしている講師には好意を持てます。

また、資格を取得した人には、お金の支援があります。そういった事により合格した時には掲示板にも張り出され、周りの生徒にも「凄いな」と言ってもらえます。そういった環境は、認められる機会が多いのでモチベーションも高くなります。勉強嫌いな人が通えば勉強すきに変わると思います。



今回のまとめ

いかがでしたでしょうか。
横浜商科大学は偏差値こそ低いですが、商学部しか学部が無い分税理士試験などの資格取得講座が充実しているのでとても良い大学です。

この記事以上に横浜商科大学について詳しく知りたいという方は、横浜商科大学の学校パンフレットを是非お取り寄せ下さい。

マイナビ進学というサイトを使えば完全無料で横浜商科大学の学校パンフレットを取り寄せる事ができます。

マイナビ進学で横浜商科大学のパンフレットを無料請求

コメントをかく

*