【上智大学】総合人間科学部の評判とリアルな就職先


こんにちは!
今回は上智大学「総合人間科学部」の評判について、卒業生の方にインタビューをしてきました。

上智大学「総合人間科学部」の詳しい就職先や学生の雰囲気、学費や奨学金制度についてもっと知りたい方は上智大学のパンフレットを請求してみて下さい。ネット上に掲載されていない貴重な情報が沢山見つけられますよ。

マイナビ進学を使えば、上智大学のパンフレットは簡単に請求できますので、少しでも上智大学「総合人間科学部」への受験を検討している方はパンフレットを取り寄せてみて下さい。

上智大学のパンフレットを請求

それでは、さっそく上智大学「総合人間科学部」の評判について見ていきましょう!
今回インタビューをした方は上智大学「総合人間科学部」教育学科の卒業生です。

関連記事
上智大学の全体的な評判

上智大学「総合人間科学部」の評判まとめ

上智大学「総合人間科学部」の偏差値と入試難易度

◇総合人間科学部
教育学科…偏差値67.5
心理学科…偏差値65
社会学科…偏差値67.5
社会福祉学科…偏差値62.5
看護学科…偏差値57.5
看護学科…偏差値55

上智大学総合人間科学部教育学科の難易度は早稲田大学教育学部の少し下、上智大学総合人間科学部心理学科より少し上くらいです。

実際に友人は私の学科を蹴って早稲田大学教育学科に進学していますし、上智大学総合人間科学部心理学科の偏差値表では私が受験した当時は少しばかり上回っていました。

また、私の学力ですと明治大学商学部や、立教大学商学部などは合格出来ましたが、早稲田大学教育学部や、法学部などは不合格でした。

上智大学「総合人間科学部」の志望理由

私が上智大学総合人間科学部教育学科を志望した理由は、教員免許を取得することが第一の目的です。教員免許を取るためのカリキュラムがしっかりと組まれており、自分の学力と同じか少し上の仲間たちと切磋琢磨しながら勉強できる環境が欲しかったのも理由です。教育学科の教授の中には著名な方も多くアドバイスを頂けることも多いだろうと思い志望しました。

また、上智大学と言えば美人な女性も多く、帰国子女や留学生など一定上のヒエラルキーを有した人材が多く集まる場所だと考えていたことも受験のモチベーションを保つ大きな要因となりました。

駅から徒歩1分、新宿駅から中央線で1駅という立地の良さも大変魅力的に当時の私には映っています。

上智大学「総合人間科学部」に入学してから感じたギャップ

総合人間科学部教育学科とはいうものの、実際に教職を取るという人は全体の半分にも満たないくらいでした。教育関係の仕事に興味を持っている人が多いものの、教師という選択肢意外の予備校関係の一般企業や、貧困層への支援活動といったNPO就職するなど幅広い分野で教育に携わる人が多かったです。

また、留学生と言えば西洋系の白人をイメージしていましたが実際には中国、韓国、台湾などのアジア系の人が大半であったことに驚きました。

上智大学「総合人間科学部」の外からみた評判と、内部生からみた評判

世間からの評判

確実に言われるのは英語が得意であるかということです。また、女性のイメージが強い大学なことから出会いには困らなかっただろうなどという話をよく友人からされます。

総合人間科学部教育学科自体のイメージはやはり教師になるのが夢なのかという先入観を持たれます。先ほど書いたように教師以外にも教育関係に携わる仕事が多くあることを世間の人はあまり認識していないようです。総合人間科学部とはどういう意味なのかという疑問もよく持ち掛けられます。

内部生からみた評判

サークルに入る人が少ない傾向があります。理由としては総合人間科学部教育学科の1〜4年生間での交流が盛んで飲み会やレクリエーションが頻繁におこなわれているからです。そのためか、他学科のひとには存在があまり知られておらず影の薄い立ち位置だと思います。

また、教育関係全般に言えますが物静かでおとなしい子が多く、髪を染めている人もあまりいませんでした。ミスコンに出るような人もあまりいません。とにかく地味な学科です。割り当てられた校舎もキャンパス内の一番端にあるため追いやられているようなそんな気持にもなりました。

上智大学「総合人間科学部」のそれぞれの学科で勉強すること

総合人間科学部には心理学科、教育学科、社会福祉学科、看護学科などがあります。

心理学科は心理学を学び、人々の傾向や心理分析などを勉強します。看護学科は看護師になる勉強をしていますが、キャンパスは唯一他の場所にあり普段私たちと関わる機会はありません。

総合人間科学部の中では教育学科が1番頭が良いとされており一目を置かれてはいます。一番低いのは看護学科でしょう。キャンパスも違いますし難易度も遥かに低いと思います。同じ学部にされていることが少し腹立たしいです。心理学科とは何故か交流が盛んで友人も多く親しみやすい学科になっています。特に1,2年生の英語のスピーキング授業が同じだったことが要因かもしれません。

上智大学「総合人間科学部」のリアルな就職先について

三井物産、三菱商事などの商社に就職する人や三井不動産や、住友不動産といった不動産業界に就職する人も多いです。最も多いのは金融業界で三井住友銀行、三菱UFJなどの銀行などが優秀な層でしょう。

普通の人でも上場企業には余裕で就職できます。残念な層としては留年してしまう人や希望の会社に就職するために就職浪人をする人がたまにいるくらいです。基本的に普通のコミュニケーション力さえ備わっていれば売り手市場の当時では普通に就職することが可能だと思います。

教員になる人数は15名ほどで全体の2割くらいではないかと思います。私が上智大学に入学する前は大半の人が教員になると思っていたのでそこは意外な結果かもしれません。大学院に進む人も文系ながら若干いて、早稲田の教育関係の大学院に進学していました。珍しいケースかもしれません。

今回のまとめ

いかがでしたでしょうか。
今回は、上智大学「総合人間科学部」の卒業生の方にインタビューをした内容をご紹介してみました。

上智大学「総合人間科学部」の詳しい就職先や学生の雰囲気、学費や奨学金制度についてもっと知りたい方はぜひマイナビ進学で上智大学のパンフレットを請求してみて下さい。

上智大学のパンフレットを請求

関連記事
上智大学の全体的な評判

誹謗中傷と捉えたコメントのIPアドレスは全て記録しています

*
*
* (公開されません)