上智大学の評判と偏差値【卒業生の口コミをそのまま紹介!】


こんにちは!
今回は上智大学の評判について、卒業生の方にインタビューをしてきました。

結論から言うと、上智大学は美人が多く世間からも賢い大学と認知されているのでとても良い進学先です。(特に女の子にはオススメ!)

また、上智大学のサークル情報や奨学金情報を詳しく知りたいかたはマイナビ進学というサイトで上智大学の学校パンフレットを取り寄せて下さい。

マイナビ進学を使えば上智大学パンフレットは簡単に取り寄せることができます。

それでは、さっそく上智大学の評判について見ていきましょう!
今回インタビューをした方は上智大学総合人間科学部の卒業生です。

上智大学の評判まとめ

上智大学の偏差値

◇神学部
神学科…偏差値57.5

◇文学部
哲学科…偏差値62.5
史学科…偏差値65
国文学科…偏差値65
英文学科…偏差値65
ドイツ文学科…偏差値65
フランス文学科…偏差値62.5
新聞学科…偏差値62.5

◇総合人間科学部
教育学科…偏差値67.5
心理学科…偏差値65
社会学科…偏差値67.5
社会福祉学科…偏差値62.5
看護学科…偏差値57.5
看護学科…偏差値55

◇法学部
法律学科…偏差値65
国際関係法学科…偏差値65
地球環境法学科…偏差値65

◇経済学部
経済学科…偏差値65
経営学科…偏差値65

◇外国語学部
英語学科…偏差値67.5
ドイツ語学科…偏差値65
フランス語学科…偏差値62.5
イスパニア語学科…偏差値62.5
ロシア語学科…偏差値62.5
ポルトガル語学科…偏差値62.5

◇総合グローバル学部
総合グローバル学科…偏差値67.5

◇理工学部
物質生命理工学科…偏差値62.5
機能創造理工学科…偏差値62.5
情報理工学科…偏差値62.5

上智大学の学生の学力レベル

英語を日常会話レベルで話せる学生が多く、学力は早慶には及ばないがトップレベルだった。

上智大学の学力レベルを他の大学と比較すると、
青山学院大学<上智大学<慶応大学 といった印象。

上智大学の世間からの評判

基本的には、上智大学を卒業したというと、「英語が話せるんだね!」と言われる。帰国子女の学生も多かったり、芸能人でも英語が話せる人が卒業していたりするので英語のイメージが強いと思う。

また、上智大学というと「美人が多いでしょ、誰か紹介して」と言われることも多く、美人が多い大学としてイメージされていることも多いように感じた。また大学名を言うと「頭がいいんだね」とも言われるので、一般的に学力レベルが高いイメージを持たれていると思う。

ただ男子学生の場合、「早稲田慶応には不合格な人」と思われる場合が多い。男子学生で上智大学を第一志望という人はなかなかいなかった。よって、上智大学は女性は美人で、男性は優秀だけれど受験にちょっと失敗したのかな?という学生が多いイメージを持たれていると思う。

また、クリスタルケイや青山テルマの卒業大学であることから、外国人が多そうだよねとも言われるので、国際的なイメージが強いと思われる。

上智大学の学生の様子

アクティブにいろんなことを楽しむ学生が多かったと思う。また、学部の規模が小さいので部内の生徒の仲が良かった。部活動やサークル活動は、あまり派手なものは少なく無難にしている人が多かったと思う。

また、国際的なことに力を入れているため留学をする学生も多かった。女性は特に、おしゃれな服装で通学する学生が多かった。

また私は社会福祉学科で専門性の高い授業が多かったため、その方面に就職したい学生は真面目に受講していた。実習もあり、真面目に取り組む学生が多かった。

一般教養などの単位のための授業では、寝ていたり携帯をいじったりしている学生も多かった。出席の取り方が名前を書くだけのような授業では、名前を書くように頼んでいる学生もいた。

上智大学の就職先について

国際教養学部や外国語学部の学生は、外資系など英語を使う仕事に就職することが多かったと思う。また、新聞学科という学科があり、マスコミ系に行く学生も多かった。

美人が多く、ミスコンテストの受賞者などはアナウンサーになったり、タレント業にすすむ人もいた。私の学科は社会福祉学科だったため、福祉系の専門職や、福祉関連の公務員などになる学生もいた。比較的大学のブランドはあるため就職活動は有利だったと思うが、就職活動当時東日本大地震があったため就職活動が一旦中断されることがあり、それによって苦労していた学生も多かったと思う。

法律学科の生徒はそのまま法律関連に進む人も多くいた。大手企業に就職する学生も多かった。

上智大学の良かったところ、悪かったところ

良かったところ

①付属の中高がないこと。付属上がりのグループなどは一切ないため、友人を作るときに派閥などがなくて良かった。

②立地がよい。四ツ谷にあるため、新宿に遊びに行きやすかった。また、学校の前に桜が沢山咲く丘があり、花見のシーズンのときは桜を見て通うのが楽しかった。

③外国人の学生が多い。国際教養学部が有名な学校で、色々な国出身の学生が在籍していた。食堂で会う外国人学生と友達になり、英語を教えてもらったりできたことは他の大学ではなかなかできなかったと思う。

悪かったところ

①学園祭などの規模がかなり小さい。他の大学では有名な芸能人を呼ぶなどがあるが、上智大学ではそういうことが少なかった。

②地方での知名度が低い。MARCHよりも学力レベルは上だが、MARCHよりも知名度が低かった。

③校舎が古く狭かったところ。

上智大学に4年間通ってみていかがでしたか?

良かったと思う。
理由は、まず女性で上智大学出身というと良いイメージを持たれること。頭がいいイメージも持たれるので、出身大学を言うとだいたい褒められる。また、他の理由として優しい学生が多く、友達がたくさんできた。ずっと付き合っていきたいと思える友達に出会えたことは、人生の財産だと思う。

その中には英語が堪能な友達もいて、一緒に海外旅行に行ったりとても楽しむことができた。また、学科で社会福祉実習があったが、実際に福祉施設で実習して勉強できたことは、今でも忘れられないいい経験となっている。

最後に一番の理由は、この大学に通ったおかげで、結婚したいと思える人に出会い、結婚することができた。この大学でなければ私の人生は大きく変わっていたと思う。この大学に通えて、幸せだった!

今回のまとめ

いかがでしたでしょうか。
上智大学には帰国子女や外国からの学生も多く、そのような環境に身をおきたい方には最適の大学です。
そして、上智大学は就職活動時に学歴で差別をくらわないギリギリのラインにあるので、就職面でのコスパもかなり良いです。

上智大学の奨学金やサークル情報などといった詳しい事を知りたい方は、上智大学の学校パンフレットをお取り寄せ下さい。

マイナビ進学というサイトを使えば上智大学の学校パンフレットを簡単に取り寄せる事ができます。

マイナビ進学で上智大学のパンフレットを取り寄せる

コメントをかく

*