【関西大学】社会学部の評判とリアルな就職先


こんにちは!
今回は関西大学「社会学部」の評判について、卒業生の方にインタビューをしてきました。

関西大学「社会学部」の詳しい就職先や学生の雰囲気、学費や奨学金制度についてもっと知りたい方は関西大学のパンフレットを請求してみて下さい。ネット上に掲載されていない貴重な情報が沢山見つけられますよ。

マイナビ進学を使えば、関西大学のパンフレットは簡単に請求できますので、少しでも関西大学「社会学部」への受験を検討している方はパンフレットを取り寄せてみて下さい。

関西大学のパンフレットを請求

それでは、さっそく関西大学「社会学部」の評判について見ていきましょう!
今回インタビューをした方は関西大学「社会学部」社会学科の卒業生です。

関西大学「社会学部」の評判まとめ

関西大学「社会学部」の偏差値と入試難易度

◇社会学部
社会学…偏差値57.5
心理学…偏差値60
メディア…偏差値57.5
社会システムデザイン…偏差値57.5

関西大学社会学部の難易度は同志社大学社会学部の少し下、近畿大学社会学部の少し上くらいです。

実際に同じ大学の友人は、同志社大学に落ちた人や、近畿大学を蹴ってこの大学に来た人もいました。同志社女子大学を受けて蹴った人もいたと思います。

同志社大学とは問題の傾向が似てると言われていたので、同志社大学を目指していた方は関西大学も受けていた人が多かったです。関西学院大学と立命館大学も難易度は同じくらいでした。

関西大学「社会学部」の志望理由

私が関西大学社会学部を志望した理由は、そもそもは同志社大学を目指していました。同志社大学を目指した理由は家から通える範囲の関関同立の中でいちばん賢かったと言う理由と、高校生の時憧れていた先輩が通っていたからです。関西大学は同志社大学と問題の傾向が似ていたので、滑り止めで受けました。

社会学部を志望した理由は、私はバレエを習っていて、舞台を観るのが好きだったので、演出などを学びたいと思ったからです。関西大学では、自分たちでミュージックビデオを作ったり、ドキュメンタリーを作ったりする実習があったので、面白そうだと思って志望しました。それ以外の学部には興味が示せなかったのも、志望した理由です。社会学部の話を聞いた時に、1番興味を持てたので、志望しました。

関西大学「社会学部」に入学してから感じたギャップ

私が関西大学に入学して感じたギャップは、とりあえず大学に進学したくてなんとなく受験をした私と違って、夢や目標をもって入学してる人が多いと感じました。

特に、社会学部はアナウンサー志望の子やテレビ関係の仕事に就きたいと考えて動いている子が多くて、みんなの話を聞くのが面白かったです。そして、その目標に向かってみんな努力をしていたので、応援したくなりました。私自身はあまり目標や夢がなかったので、すごく刺激をもらっていたと思います。

関西大学「社会学部」の外からみた評判と、内部生からみた評判

世間からの評判

大学に通ってない地元の友達には、大学名を伝えるだけで褒めてもらえました。バイト先などの友達には関西大学社会学部の女の子は、華型だねと言われることが多かったです。社会学部は女の子が多くて、可愛い子が多かったので、社ガールなどと呼ばれていました。

関西大学出身の有名人も多数いるので、良い評判を得れたと思います。ただ、私はテニスサークルに所属していましたが、テニスサークルは遊んでいるイメージをもたれていました。

内部生からみた評判

社会学部は女の子が多くて、可愛い女の子が多いイメージをもたれていました。なぜか、関西大学の中で、少し外れた場所にあり、みんなが通っていた居酒屋などが並んでる関大通りを通らずに通学していました。本当に夢や目標をもって、勉学に励んでいる学生が多いイメージです。

社会学部の実行委員の人たちは、学祭のあいだすごく大変そうに、でも楽しそうに準備を進めていました。アナウンサー志望の人も多かったので、ミスコンの実行委員や、ミスコンに参加している人も多かったです。恥ずかしがらずに夢を語れる良い学部だったと思います。

関西大学「社会学部」のそれぞれの学科で勉強すること

関西大学社会学部社会学科はメディア専攻、社会学専攻、社会心理学専攻、社会マーケティング?の4つの専攻があります。

メディア専攻は、カメラを使ってドキュメンタリーを撮影したり、ミュージックビデオを撮影したりする実習もあって、楽しい授業が多かったです。メディア専攻の授業は、テレビの話が多くて、面白い授業が多かったので、人気が高かったと思います。ドキュメンタリーなどを撮影する実習があったので、テレビのADなどの道に進む人が多かったです。

私のゼミではポピュラー文化について学んでいましたが、それぞれが好きなことをとことん突き詰めて研究することができたので卒業論文も楽しみながら書いていました。発表を聞くことで自分の知らない分野のことを知ることができるのが面白かったです。

関西大学「社会学部」のリアルな就職先について

優秀層は、NHKのAD、キー局のアナウンサー、協力会社のADなど、日本テレビのADなど、夢を叶えた人もたくさんいます。業界が業界なので、辞めてしまった人もたくさんいますが…。普通の層もADもかなり多くて、トヨタ系列の会社や、広告会社に入った人もいます。

普通に食品会社の営業や、MRなどの就職した人もいます。銀行で働いている人はあまり聞いたことはないですが、何人かはいると思います。関西アーバン銀行、りそな銀行、三菱UFJ銀行など。

また、学んできたことを生かして映像編集の仕事をしてる人や、カメラを使って起業している人もいます。やはり、マスコミ関係の仕事をしようと、就活をするものの、営業や事務などの一般企業に就職する人もたくさんいます。社会学部は社会の先生にしかなれいので、教員になった人はあまりいなかったように思います。

今回のまとめ

いかがでしたでしょうか。
今回は、関西大学「社会学部」の卒業生の方にインタビューをした内容をご紹介してみました。

関西大学「社会学部」の詳しい就職先や学生の雰囲気、学費や奨学金制度についてもっと知りたい方はぜひマイナビ進学で関西大学のパンフレットを請求してみて下さい。

関西大学のパンフレットを請求

誹謗中傷と捉えたコメントのIPアドレスは全て記録しています

*
*
* (公開されません)