【関東学院大学】栄養学部の評判とリアルな就職先


こんにちは!
今回は関東学院大学「栄養学部」の評判について、卒業生の方にインタビューをしてきました。

関東学院大学「栄養学部」の詳しい就職先や学生の雰囲気、学費や奨学金制度についてもっと知りたい方は関東学院大学のパンフレットを請求してみて下さい。ネット上に掲載されていない貴重な情報が沢山見つけられますよ。

マイナビ進学を使えば、関東学院大学のパンフレットは簡単に請求できますので、少しでも関東学院大学「栄養学部」への受験を検討している方はパンフレットを取り寄せてみて下さい。

関東学院大学のパンフレットを請求

それでは、さっそく関東学院大学「栄養学部」の評判について見ていきましょう!
今回インタビューをした方は関東学院大学「栄養学部」管理栄養学科の卒業生です。

※(旧)人間環境学部健康栄養学科の卒業生です。現在は「栄養学部管理栄養学科」となっています。

関連記事
関東学院大学の全体的な評判

関東学院大学「栄養学部」の評判まとめ

関東学院大学「栄養学部」の偏差値と入試難易度

◇栄養学部
管理栄養学科…偏差値42.5

関東学院大学栄養学部管理栄養学科の難易度は、鎌倉女子大学家政学部管理栄養学科の下で、相模女子栄養大学栄養科学部管理栄養学科の上です。

当学科の学生が受験した大学は、近隣ということもあり神奈川県立保健福祉大学保健福祉学部栄養学科が多いですが、落ちており当大学は滑り止めで受験する人が多いです。なお学費が免除されるスカラシップ制度があり、その制度を利用するために横浜市立大学の卒業生や社会人等が受験し受かって通っていることもある。

関東学院大学「栄養学部」の志望理由

・該当する単位を履修することで管理栄養士の国家試験の受験資格・栄養教諭一種免許・フードスペシャリストの受験資格・栄養士免許・食品衛生監視員の資格が得られるため。

・栄養学科は女子大が多いが、当大学は全国でも珍しい共学であり、考え方の偏りが少なく過ごすことができると考えられたため。

・最寄り駅は京浜急行電鉄の金沢八景駅であり快特が停まるため利便性が高い。

・当大学の敷地内には看護学部や教育学部があり、管理栄養士に必須の知識である臨床系の図書や、栄養教諭になるにあたって必要な教育系の図書が、敷地内図書館に充実しているため。

関東学院大学「栄養学部」に入学してから感じたギャップ

スカラシップ制度を利用する目的で入学した学生の意識は高いが、AO入試で入ってきた学生は非常に意識が低い。偏差値は非常に低いため、1年目で中学や高校で学ぶ理科・化学の知識の復習から始まる。dLやmolの意味を全く理解していない学生が半数を占めていた。

大学側も学生間のギャップをよく理解しており、1年目は初回講義時にテストを実施し学生をレベル分けして実験班等を組み、優秀な学生がそうではない学生の世話をするシステムを組んでしまう(レポートの提出が班ごとになる、班員のテストの合計点が評価につながる等)ため、優秀な学生には負担が非常に大きい。

関東学院大学「栄養学部」の外からみた評判と、内部生からみた評判

世間からの評判

当大学は偏差値が低いこともあり県内の人からは「バカなんだなあ」「バ関東」「関東学院大学の試験は名前を書くだけで受かる」等と言われている。一方突出した学部・学科はないため、県外の人からの認知度は低い。

私立大学であり学費は相応にかかる、かつ併設のこども園、小学校・中学校・高校があり、ストレートに通っている学生は金銭的に余裕がある印象ではある。

栄養学科では商品開発も盛んであり、介護食品である「溶けないアイス」が全国的に有名になったため栄養学科の認知度はやや上がった。

内部生からみた評判

大学内の学部は多岐にわたる。経済・経営学部等に比べると偏差値は高いため栄養学科は優秀とみられている。他学部では1年目に学習到達度を確認するテストがあり、中学レベルの習熟度に達していないと判定された学生は半年かけて空いた時間に学習室に通い遅れた分を取り戻す。その際の講師役として栄養学科の学生はアルバイトをすることもある。

他学部・学科は最低限の単位さえ取得すれば卒業できるが、当学科の学生は管理栄養士受験資格を取得することを目標とするため履修する単位が多く時間の余裕がないため、サークル活動等は時間のずれから合わせられないことが多く、やや付き合いが悪いと思われている。

関東学院大学「栄養学部」のそれぞれの学科で勉強すること

栄養学部には、健康栄養学科、現代コミュニケーション学科、人間環境デザイン学科、人間発達学科がある。

健康栄養学科は管理栄養士国家試験受験資格の取得を目指し栄養学はもちろん、社会・地球環境や、各種保険制度等の学習も幅広く行う。現代コミュニケーション学科は人間にかかわるコミュニケーションの方法を多角的に学んでいる。

人間環境デザイン学科は主にデザインについて幅広く学んでいる。人間発達学科は児童教育について学んでおり、幼稚園教諭の資格が取得でき、さらに必要な単位を取得すると小学校教諭の資格も取得できる。

ヒエラルキーは偏差値に準じており、健康栄養学科が1番上位おり、次点で人間発達学科である。現代コミュニケーション学科と人間環境デザイン学科は下に属しており、健康栄養学科でついていけなくなった人が転科する学科でもある。

関東学院大学「栄養学部」のリアルな就職先について

健康栄養学科の就職先は、管理栄養士の資格を取得した人は病院(国立・私立・市立病院等)、高齢者施設、クリニック、給食業務委託会社、健康食品会社、化粧品会社、大手食品メーカー、薬局に就職できる。

栄養士の資格を活かす場合、保育園や小学校への就職が多い。栄養教諭の資格を取得すると近隣の場合、川崎市の小学校へ就職する人が多い。

単位が取得できず資格を取れなかった場合、資格のいらない民間会社への就職が多い。1%は近隣の大学院に進学するが、現役では難しく、アルバイト等を重ねながら勉強し数年後に大学院に行く人が多い印象である。大学内の総務課・庶務課へ就職する人も一定数いる。

人間発達学科は幼稚園や小学校、保育園への就職が多いが、塾への就職もある様子。現代コミュニケーション学科・人間環境デザイン学科は民間企業への就職が多い。

今回のまとめ

いかがでしたでしょうか。
今回は、関東学院大学「栄養学部」の卒業生の方にインタビューをした内容をご紹介してみました。

関東学院大学「栄養学部」の詳しい就職先や学生の雰囲気、学費や奨学金制度についてもっと知りたい方はぜひマイナビ進学で関東学院大学のパンフレットを請求してみて下さい。

関東学院大学のパンフレットを請求

関連記事
関東学院大学の全体的な評判

誹謗中傷と捉えたコメントのIPアドレスは全て記録しています

*
*
* (公開されません)