【明治学院大学】文学部の評判とリアルな就職先


こんにちは!
今回は明治学院大学「文学部」の評判について、卒業生の方にインタビューをしてきました。

明治学院大学「文学部」の詳しい就職先や学生の雰囲気、学費や奨学金制度についてもっと知りたい方は明治学院大学のパンフレットを請求してみて下さい。ネット上に掲載されていない貴重な情報が沢山見つけられますよ。

マイナビ進学を使えば、明治学院大学のパンフレットは簡単に請求できますので、少しでも明治学院大学「文学部」への受験を検討している方はパンフレットを取り寄せてみて下さい。

明治学院大学のパンフレットを請求

それでは、さっそく明治学院大学「文学部」の評判について見ていきましょう!
今回インタビューをした方は明治学院大学「文学部」芸術学科の卒業生です。

関連記事
明治学院大学の全体的な評判

明治学院大学「文学部」の評判まとめ

明治学院大学「文学部」の偏差値と入試難易度

◇文学部
英文学科…偏差値57.5
フランス文学科…偏差値57.5
芸術学科…偏差値57.5

明治学院大学文学部芸術学科の難易度は、青山学院大学文学部の下で、日本大学芸術学部より上です。

同じレベルに成城大学文芸学部があります。青山学院大学文学部が第一志望でしたが、不合格に終わったので滑り止めの明治学院大学文学部に進学しました。他の同級生は同じように青山学院大学や、慶應義塾大学に落ちてしまった子が多かったです。

明治学院大学はミッション系で英語に強く、女子に人気な大学なため、他にも立教大学や上智大学を受けていた子もいました。

明治学院大学「文学部」の志望理由

私が明治学院大学を志望した理由は、歴史が古く校舎がいい雰囲気で、学校の評判も良く、勉強に集中できそうだったからです。また芸術学科にはその分野で有名な教授が多数教鞭をとっているからです。

明治学院大学は国際学部を除き1・2年は戸塚校舎(神奈川県横浜市)3・4年は白金校舎(東京都港区)とキャンパスが分かれており、学校付近に娯楽がないため勉強に集中できる環境であったのも大きなポイントでした。それでいて大きなターミナル駅に位置していたので通学し易かったのも理由の一つです。

また、就職率の良さも志望した理由の一つです。

明治学院大学「文学部」に入学してから感じたギャップ

私が明治学院大学に入学してから感じたギャップは、内部進学者と推薦入学組、外部進学者(一般受験)間の間でモチベーションと学力に大きな差がありすぎたところです。学校自体がかなりのリベラル主義なため、不真面目な生徒を「それもそれで良し」としてしまい面倒を一切見ません。そのため自らが強い意志を持って学問に臨む生徒とそうでない生徒の差が二極化してしまいます。

また1・2年次に通う戸塚校舎が、戸塚駅から徒歩30分以上の山の上にあることが最大の壁でした。駅からバスは出ているものの、長蛇の列で授業に間に合うためには、開始時刻の30分前には並んでいないと遅刻ギリギリなこともあります。実家から通学していたので結構辛かったです。

明治学院大学「文学部」の外からみた評判と、内部生からみた評判

世間からの評判

「芸術学科ってことは絵を描いたり楽器をやってたの?」とまず聞かれます。が、実際は芸術理論を学ぶため実技はほとんど学びません。なのできちんと、自分が勉強したことを人に説明できるレベルで落とし込んでおかないと就職面接などのシーンで厳しくなると思います。

一般人からすると馴染みのない学問ですし、完全に趣味嗜好の世界なので、「遊んでたんじゃないの?」と思われることも少なくないと思います。実際はかなりストイックに勉強する分野ですので、説得力のある理由を用意することが求められると思います。

内部生からみた評判

明治学院大学文学部芸術学科は、一言でいうと変な人たちの集団です。静かで上品なミッション系のいいイメージを売りにしている大学ですので、全体的にそういう生徒が多く集まっていますが、芸術学科の場合はそうではありません。よく「芸科(芸術学科の略)は明学じゃないから」とか、「なんかあの人おかしくない?って思ってたら芸科生だった!」などと校内で噂されています。

芸術技術ではなく理論だけを学ぶ学科ですが、昔から音楽や美術をストイックにやってきた人たちが集まってきていますので、結果ほとんどが少し風変わりな生徒になっています。普通そうな子でも、なにか芸術に対して強いこだわりや信念、異常な執念を秘めている子が多いです。

明治学院大学「文学部」のそれぞれの学科で勉強すること

明治学院大学文学部には英文学科とフランス文学科、そして芸術学科の3つの学科があります。

英文学科ではイギリス文学やイギリスの歴史、文化などを、フランス文学科でもフランス文学やフランスの歴史、文化などを学びます。

そして芸術学科では音楽学、美術史学、映像学、総合メディア学など…様々なことを学ぶ事ができます。また、文学部内の講義であれば、自由に履修に組み込むことができます。文学的な内容だけでなく、イギリス七王国時代の古くニッチな講義から、フランスの移民問題といった話題の講義まで幅広く用意されています。

明治学院大学の中で一番人気かつ評判が高いのが英文学科です。とても長い歴史があり、明学といえば英文というイメージを持っている人も多くいます。もともと明治学院大学の創始者であるヘボン博士は、日本で最初に和英辞典を編纂、ヘボン式ローマ字を考案した人なので、英文学科は特別高いヒエラルキーに位置しています。

明治学院大学「文学部」のリアルな就職先について

就職先はかなり様々な分野に散らばります。金融関係や一般企業もそうですが、百貨店に就職する生徒も多いです。金融でもメガバンから地銀、信金、生命・損害保険会社と他の学部と同じような会社に就職します。

また英文学科とフランス文学科は教職課程がありますので、教員資格認定試験を受けて教師になる生徒もいます。芸術学科の場合は教職課程はなく、代わりに学芸員を目指すことができますが、教員よりも空きがなく、資格を得たものの実際に学芸員に就くことができない子が多いです。

英文学科とフランス文学科の就職率はいいですが、芸術学科はあまり良くありません。これは学歴フィルターに引っかかってしまうというわけではなく、もともと芸科にいる生徒たちが就職することを放棄している場合がほとんどなので安心してください。芸術学科生の一般生徒は、音楽関係やエンターテイメント業界に就職する場合が多いです。

今回のまとめ

いかがでしたでしょうか。
今回は、明治学院大学「文学部」の卒業生の方にインタビューをした内容をご紹介してみました。

明治学院大学「文学部」の詳しい就職先や学生の雰囲気、学費や奨学金制度についてもっと知りたい方はぜひマイナビ進学で明治学院大学のパンフレットを請求してみて下さい。

明治学院大学のパンフレットを請求

関連記事
明治学院大学の全体的な評判

誹謗中傷と捉えたコメントのIPアドレスは全て記録しています

*
*
* (公開されません)