【近畿大学】医学部の評判とリアルな就職先


こんにちは!
今回は近畿大学「医学部」の評判について、卒業生の方にインタビューをしてきました。

近畿大学「医学部」の詳しい就職先や学生の雰囲気、学費や奨学金制度についてもっと知りたい方は近畿大学のパンフレットを請求してみて下さい。ネット上に掲載されていない貴重な情報が沢山見つけられますよ。

マイナビ進学を使えば、近畿大学のパンフレットは簡単に請求できますので、少しでも近畿大学「医学部」への受験を検討している方はパンフレットを取り寄せてみて下さい。

近畿大学のパンフレットを請求

それでは、さっそく近畿大学「医学部」の評判について見ていきましょう!
今回インタビューをした方は近畿大学「医学部」医学科の卒業生です。

関連記事
近畿大学の全体的な評判

近畿大学「医学部」の評判まとめ

近畿大学「医学部」の偏差値と入試難易度

医学部
医学科…偏差値67.5

近畿大学のなかでは一番難しい学部であると思います。他の学部と違いキャンパスも別の場所にあり、六年制の学部になっております。医学部は保健学科とか他の大学ではあると思いますが、当大学は医学科しかないです。

同じ医学部だと、他の国立大学(大阪大学など)や大阪医科大学などの当大学より難しい大学に落ちた人がここに来ています。また、兵庫医科大学などの他の地方の私立大学を蹴って当大学に来られる方もいます。レベルとしては中の中レベルの大学であると感じます。

近畿大学「医学部」の志望理由

わたしが近畿大学医学部を志望した理由になりますが、まずは両親が医師であったので私にも医師になってほしいという希望がありました。そのため医学部に入ることを考えるようになりました。

正直、大学は医学部ならどこでもよかったです。地元が大阪なので、近畿圏内で大学を希望していました。大阪大学はレベルが高すぎてわたしには無理であると判断した結果、私立の大学で探すことになりました。私立の大学は近畿圏では4つほどあり、そのなかでも一番行きやすいのが兵庫医科大学と近畿大学でした。

どちらか試験で合格できるほうに進学したいなと考え、どちらも受験し結果として近畿大学に合格し入学することとなりました。試験も比較的簡易でした。

近畿大学「医学部」に入学してから感じたギャップ

わたしが近畿大学医学部に入学してから感じたギャップといたしましては、近畿大学は東大阪にある大きなキャンパスであると考えていたのですが、医学部は大阪狭山市にキャンパスがあり東大阪に行くことはまったくありませんでした。

大阪狭山市のキャンパスは周りに何もなく、大阪のくくりで考えると田舎の部類でした。わたしが思っているようなキャンパスライフを過ごすことはできなかったです。また、進級も難しく多くの人が留年していました。

近畿大学「医学部」の外からみた評判と、内部生からみた評判

世間からの評判

医学部というだけで、まわりの人たちはすごいと言います。また、近畿大学という名前は大阪府のなかではわりと有名で大きな大学であるので、近畿大学医学部と言うとほんまにかしこいんやねぇという評価や印象になっています。

近畿大学の大阪狭山市のキャンパスに行っていますと言うと近畿大学を知っている外部のひとはそれだけで医学部だとわかるようで、あーかしこいんですねぇと言ってくれますね。医学部だと仕事に関してもわりと優遇されています。

内部生からみた評判

医学部は近畿大学のなかでも一番難しい大学であるので、かしこいと思われていると思います。しかし、キャンパスは他の学部のキャンパスとまったく違う場所にあり、他学部との交流も薬学部以外は一切ないので実際にどう思われているのかは不透明であります。医学部だけほとんど交流がないので、他の学部と違って取り残されたように感じることは多々ありますし、少し寂しく感じることも多かったように感じます。

6年のうちの何日か、薬学部の人と交流があるのですが、薬学部のかたたちからは医学部はかしこいけど進級や勉強が大変なんだろうなという感想を持たれていました。

近畿大学「医学部」のそれぞれの学科で勉強すること

近畿大学医学部は医学科のみです。医学部生のほとんど全員が医師を目指しているので、1年目以外は全部医学について勉強します。座学だけでなく、さまざまな実習も行います。5、6年目になると実際にキャンパスの隣にある病院で実習を行い、実際に患者さんの検査や診察をすることもあります。

卒業してからはその併設している病院に就職していく人も多いです。医学部は医学科のみと言いましたが、隣には近畿大学附属病院の看護専門学校があり、部活は医学部と看護専門学校の学生と共に活動することがあります。病院での実習も、実際に看護の学生さんとともに実習することがあります。何回も言っていますが、頭が一番いいのは医学部医学科であると言われています。

近畿大学「医学部」のリアルな就職先について

近畿大学医学部医学科は、数年前までは留年はよっぽどサボっていたひと以外はほとんど留年しない大学で進級判定も緩くほぼほぼ全員がストレートで卒業できていました。しかし3年ほど前から、卒業判定がかなり厳しくなりました。卒業判定は卒業試験で決まるのですが、その試験で30人近く落ちて留年する年もありました。それで留年が重なっていき放校になる人も複数人見受けられています。

就職先自体は医学部なのでそこまで困らないのですが、他の大学の医学部に比べて留年率が高いので内定してから留年してからお断りするパターンもわりとあります。留年自体は多いのですが、頭のよさは他の医学部と比べても平均的かそれよりも上で、全国の国家試験の模試の成績は全国平均よりもわりといい結果を出しています。それだけ、なぜか卒業判定がとても難しいということをあらわしています。

今回のまとめ

いかがでしたでしょうか。
今回は、近畿大学「医学部」の卒業生の方にインタビューをした内容をご紹介してみました。

近畿大学「医学部」の詳しい就職先や学生の雰囲気、学費や奨学金制度についてもっと知りたい方はぜひマイナビ進学で近畿大学のパンフレットを請求してみて下さい。

近畿大学のパンフレットを請求

関連記事
近畿大学の全体的な評判

コメントをかく

*