【岩手医科大学】医学部の評判とリアルな就職先


こんにちは!
今回は岩手医科大学「医学部」の評判について、卒業生の方にインタビューをしてきました。

岩手医科大学「医学部」の詳しい就職先や学生の雰囲気、学費や奨学金制度についてもっと知りたい方は岩手医科大学のパンフレットを請求してみて下さい。ネット上に掲載されていない貴重な情報が沢山見つけられますよ。

マイナビ進学を使えば、岩手医科大学のパンフレットは簡単に請求できますので、少しでも岩手医科大学「医学部」への受験を検討している方はパンフレットを取り寄せてみて下さい。

岩手医科大学のパンフレットを請求

それでは、さっそく岩手医科大学「医学部」の評判について見ていきましょう!
今回インタビューをした方は岩手医科大学「医学部」医学科の卒業生です。

関連記事
岩手医科大学の全体的な評判

岩手医科大学「医学部」の評判まとめ

岩手医科大学「医学部」の偏差値と入試難易度

◇医学部
医学科…偏差値65

岩手医科大学の難易度は川崎医科大学医学部の少し下、杏林大学医学部の少し上くらいです。

ほとんどの人が滑り止めで受けており、国公立の医学部に落ちてしまった人が在籍していることが多いです。私は推薦で入ったため落ちた大学はありませんが、東京医科歯科大学や弘前大学、東北大学医学部などに落ちている人がいました。

東北大学の理学部を蹴って入学している人もいました。私立医学部の中でもかなり難易度は低い方であると思われます。

岩手医科大学「医学部」の志望理由

私が岩手医科大学医学部を志望した理由は、父親がサラリーマンであり母親が看護師で、そんな両親を見て育っていくうちにサラリーマンになって毎日デスクに向かうよりも、医療系の職業について働きたいと漠然と思うようになりました。

高校で進学校に進んだ私は医療職の中で何になろうかと迷い始めました。そんな折に母から、医師にしかできないことが医療現場ではたくさんあると言われました。また、高校の担任にも、上を目指して勉強していけば後でいくらでも潰しがきくようになる、と言われました。

そのため、医師を目指して勉強するようになり、医師について調べていくうちにどんどんと興味がわき、自分のなりたい職業として確立していきました。

岩手医科大学「医学部」に入学してから感じたギャップ

私が岩手医科大学医学部に入学してから感じたギャップは不真面目な人間が多いということでした。

医学部と言うと真面目で勉強ばかりしてきた人たちばかりなのだと思って入学したのですが、実際には何回も浪人して入ってきた人や、浪人中に相当遊んできた人など様々な不真面目人たちがおり、普段の授業にも全く出なかったり、テスト前3日しか勉強しない勉強嫌いな人がいたりと、入学前のイメージとはかけ離れた人がたくさんいました。

岩手医科大学「医学部」の外からみた評判と、内部生からみた評判

世間からの評判

バイト先では頭がいいんだねーとかチャラいですよねーとか言われることが多かったです。彼女の親からは頭が良く真面目であるという印象を持たれています。

地元では岩手医科大学医学部の学生たちがすごく派手な飲み方をするために、とてもチャラいと思われていたり、飲み方が汚いと思われていることが多かったです。また、お金の使い方がすごい人たちも多かったので、そこそこいい店の人たちからはいい常連さんであると思われていることも多いです。

内部生からみた評判

医学部は岩手医科大学の中では人数が最も多く最も優秀であるという立ち位置でした。他にある学部は薬学部と歯学部と看護学部であり、他学部から恋愛のターゲットとして見られたりすることも多く、またとりつきづらい人たちであると思われてもいたと思います。

基本的には大学行事などを動かしたり、部活やクラブ活動でイニシアチブを取るのも医学部であったため中心的な役割を果たしていました。医学部に在籍している学生の傾向としてはお金持ちで羽振りがよく、気分屋で変わり者が多いと思います。あとはいい車に乗っていることも多いです。

岩手医科大学「医学部」のそれぞれの学科で勉強すること

岩手医科大学医学部には医学科しかありません。医学科では一年目では他の学部と同じように教養を学びますが、それ以降は主に医学や薬理学、法学などを学んでいます。

医学では解剖の授業もあり、献体を5人ペアくらいで解剖させていただきます。内科・外科の各科の疾患についてその病態生理から症状、検査、治療に至るまで全てを学ぶことはもちろん、法医学やリハビリ、薬理学、放射線についてまでも詳しく学びます。

医療系の学校にありがちなことですが、座学が一通り終わるとそこからは実習の毎日が始まり、実際に病院に出て上級医の後ろをくっついてまわり、臨床について様々学ぶとともに様々な手技を覚えていきます。学部内に学科が一つしかないため、ヒエラルキーは存在しません。

岩手医科大学「医学部」のリアルな就職先について

岩手医科大学は進級については優しい学校であるとされていましたが、昨今の国家試験の成績の悪さから近年はかなり留年率が上がってきているようです。特に偶数学年で落とされることが多く、進級試験の難易度が上がっているようです。

また、再試験などの救済措置がなかったり、少なかったりするようで平均的な留年率は10?15%ぐらいのようです。さらに、一度留年した人はその後も留年を繰り返す傾向にあり、留年者が3回ほど留年することはザラにあります。

岩手医科大学での留年者の多くは、男性・喫煙者・多浪生が多いようで、また部活によってもゴルフ部・軽音部が多いなどの傾向がありました。

また卒業できたとしてもやはり国家試験の成績が悪いので、ストレートで卒業し医師になれるのは60%切るくらいなのではないでしょうか。毎年多くの留年者を出し、生徒が溜まっていく一方なので今後も進級判定は厳しい状態が続くことが予想されます。

今回のまとめ

いかがでしたでしょうか。
今回は、岩手医科大学「医学部」の卒業生の方にインタビューをした内容をご紹介してみました。

岩手医科大学「医学部」の詳しい就職先や学生の雰囲気、学費や奨学金制度についてもっと知りたい方はぜひマイナビ進学で岩手医科大学のパンフレットを請求してみて下さい。

岩手医科大学のパンフレットを請求

関連記事
岩手医科大学の全体的な評判

誹謗中傷と捉えたコメントのIPアドレスは全て記録しています

*