【明治大学】理工学部の評判とリアルな就職先


こんにちは!
今回は明治大学「理工学部」の評判について、卒業生の方にインタビューをしてきました。

明治大学「理工学部」の詳しい就職先や学生の雰囲気、学費や奨学金制度についてもっと知りたい方は明治大学のパンフレットを請求してみて下さい。ネット上に掲載されていない貴重な情報が沢山見つけられますよ。

マイナビ進学を使えば、明治大学のパンフレットは簡単に請求できますので、少しでも明治大学「理工学部」への受験を検討している方はパンフレットを取り寄せてみて下さい。

明治大学のパンフレットを請求

それでは、さっそく明治大学「理工学部」の評判について見ていきましょう!
今回インタビューをした方は明治大学「理工学部」建築学科の卒業生です。

明治大学「理工学部」の評判まとめ

明治大学「理工学部」の偏差値と入試難易度

◇理工学部
電気-電気電子工学…偏差値57.5
電気-生命理工学…偏差値57.5
機械工学科…偏差値60
機械情報工学科…偏差値57.5
建築学科…偏差値60
応用化学科…偏差値57.5
情報科学科…偏差値60
数学科…偏差値57.5
物理学科…偏差値60

明治大学理工学部建築学科の難易度は東京理科大学工学部建築学科の少し下、法政大学デザイン工学部建築学科の少し上くらいです。

私も含め周りの友人たちは、明治大学が第一志望ではなく滑り止めとして合格して入学している人が多かったです。早稲田大学の創造理工学部や東京理科大学の工学部を受験して落ちてしまった人が殆どです。

滑り止めに東京理科大学の野田キャンパスの理工学部建築学科を合格したけれど蹴って入学している人も多くいました。

明治大学「理工学部」の志望理由

私が明治大学理工学部建築学科を志望した理由は、高校時代の成績で確実に安全圏に入る大学だったため、滑り止めとして志望しました。都市計画やまちづくりについては様々た観点からアプローチの方法がありますが、建築士の資格を持っていると都市計画関係の仕事に実際に携わったとき、扱える建造物の幅が無資格の場合よりも広くなることを知り、建築を学びたいと考えるようになりました。

建築学科の受験は難関大学となると、英語、数学に加えて理科が2科目(化学と物理)が必須でしたが、高校3年の夏まで苦手な物理がなかなか克服できなかったため、建築学科で理科1科目で入学できる滑り止め候補の大学を探していたところ、明治大学は英語、数学、化学のみで受験できることを知り、受験を決めました。

明治大学「理工学部」に入学してから感じたギャップ

私が明治大学理工学部建築学科に入学してから感じたギャップは、思いのほか周りの志や知識レベルが高かったことです。滑り止めで受験したことと、明治大学はAO入社や指定校推薦入試で入学する人が多い印象だったこともあり、能力の低い人が集まっているという悪い印象がありました。

しかし、実際入学してみると私と同じく他大学を目指していたけれど落ちてしまって一般入試で入学した人も多く、授業やテスト勉強も毎回真面目に取り組む学業熱心な人が多くて驚きました。

明治大学「理工学部」の外からみた評判と、内部生からみた評判

世間からの評判

地元や、高校時代の周りの友人たちは、有名国立大学などに在籍している人が多かったことや、芸能人で卒業生も多いことから「誰でも入れる大学」という印象を持たれていました。

アルバイト先では、高卒、短大卒と色々な境遇の人がいたので、「明治は六大学だからすごいよね」と言ってくれる人が多かったです。また、そのように言ってくれる人の中からは、「MARCHの中でも上のレベルの印象」という言葉を聞くことが多かったです。

内部生からみた評判

理工学部は、授業が詰まっていて大変そうという印象を主に文系学部の学生に持たれていました。

文系と理系はキャンパスが1年次から異なるためあまり交流はありませんが、サークル活動の際に他学部の学生に聞くと、文系では講義において出席を毎回とらなかったり、ゼミは必修ではなかったり、そもそも必修科目自体が少なかったり緩さがある反面、理工学部は1年次の必修科目を落としてしまうと、科目によっては留年して5年間大学に通うことになったしまうなど、自由な環境ではないという評判があるようでした。

そのような評判も事実であるため、理工学部に在籍している学生は、単位を落とさないためにもアルバイトの時間を削って学業を優先させている学祭が多い傾向でした。

明治大学「理工学部」のそれぞれの学科で勉強すること

明治大学理工学部には、機械工学科、電子工学科、物理学科、応用化学科、数学科、建築学科など他にも多くの学科があります。

建築学科と応用化学科は他学科に比べて比較的女子学生が多く、反対に物理学科や数学科や機械工学科は学年に女性が10人いなかったりと環境が全く違い、女性が多いことから建築学科と応用化学科は男子学生には羨ましがられていました。

数学科や物理学科などは、偏差値がほかの学科に比べて低かったこと、逆に機械工学科や建築学科は他の学科に比べて偏差値が高かったことから、それらの学科は無意識に頭が悪い、頭がいいという印象を持たれています。

また、建築学科は他の学科と比較するとデッサンの授業があったり、家の模型を作ったりなど、デザインセンスを問われる特殊な授業が多かったことから、お洒落なひとが多かったです。

明治大学「理工学部」のリアルな就職先について

殆どの人が、民間企業への就職です。理工学部建築学科の優秀層は鹿島建設や大林組、清水建設などスーパーゼネコンに就職するひとがいました。

普通層では、積水ハウスや、大和ハウス工業、住友林業などのハウスメーカーや、個人のデザイン事務所、設計事務所に入社している人が多いです。他には、ニトリや大塚家具などインテリア関係の会社に入社する人も見受けられます。また、地方公務員の技術職として都市計画やまちづくりに携わる人も中にはいます。

残念な層としては、建築とは無関係の会社に入社する人がいます。就職活動がうまくいかずそうなってしまった人もいれば、そもそも4年間学ぶ中で建築に興味がなくなり文系就職する人もいます。そういった人の中ではサービス業が多かったです。ただ、中には就職活動が全くうまくいかず、アルバイト先(飲食店)の正社員になった人もいました。

今回のまとめ

いかがでしたでしょうか。
今回は、明治大学「理工学部」の卒業生の方にインタビューをした内容をご紹介してみました。

明治大学「理工学部」の詳しい就職先や学生の雰囲気、学費や奨学金制度についてもっと知りたい方はぜひマイナビ進学で明治大学のパンフレットを請求してみて下さい。

明治大学のパンフレットを請求

コメントをかく

*