【名古屋外国語大学】外国語学部の評判とリアルな就職先


こんにちは!
今回は名古屋外国語大学「外国語学部」の評判について、卒業生の方にインタビューをしてきました。

名古屋外国語大学「外国語学部」の詳しい就職先や学生の雰囲気、学費や奨学金制度についてもっと知りたい方は名古屋外国語大学のパンフレットを請求してみて下さい。ネット上に掲載されていない貴重な情報が沢山見つけられますよ。

マイナビ進学を使えば、名古屋外国語大学のパンフレットは簡単に請求できますので、少しでも名古屋外国語大学「外国語学部」への受験を検討している方はパンフレットを取り寄せてみて下さい。

名古屋外国語大学のパンフレットを請求

それでは、さっそく名古屋外国語大学「外国語学部」の評判について見ていきましょう!
今回インタビューをした方は名古屋外国語大学「外国語学部」英米語学科の卒業生です。

名古屋外国語大学「外国語学部」の評判まとめ

名古屋外国語大学「外国語学部」の偏差値と入試難易度

◇外国語学部
英米-英米語専攻…偏差値55
英米-英語コミュニケーション専攻…偏差値55
英米-英語教育専攻…偏差値52.5
フランス語学科…偏差値52.5
中国語学科…偏差値50

名古屋外国語大学 外国語学部英米語学科の難易度は愛知淑徳大学英文学科の少し上、南山大学英米語学科の下くらいです。

実際に同じ学部の友人は私立大学でいうと南山大学英米語学科やフランス語学科に落ちてしまい、国公立大学では愛知県立大学、名古屋市立大学に落ちて、滑り止めとして当大学を受けていてこの大学に来ていました。

友人の一部は金城大学 外国語学部英米語学科、愛知淑徳大学英文学科、愛知大学国際コミュニケーション学部に合格していました。

名古屋外国語大学「外国語学部」の志望理由

私が名古屋外国語大学外国語学部を志望した理由は、高校一年生の夏休みに2週間のニュージランドへの語学研修がきっかけです。そこで、英語を全然喋ることが出来ないことに悔しさを覚えたと同時にもっと自分の英語力をレベルアップさせたいという思いが芽生えました。

そこで、大学生になったら長期留学をしてみたいと思い、名古屋外国語大学は長期留学に対する制度が非常に整っていることをホームページや口コミ、オープンキャンパスで知りました。また、制度が整っているというのは費用補助が充実しているということです。生活費や教科書代、航空代など100万以上も大学側が負担してくれることに驚き、この制度を使うことができたならば両親にもあまり迷惑をかけずに夢を叶えることが出来ると思い志望しました。

名古屋外国語大学「外国語学部」に入学してから感じたギャップ

もっと論述的な英語の書き方を学びたいと思って英米語学科に入学しましたが、最初の方は高校生の延長線上のような文法クラスでそこには少し驚きを感じました。そして、授業の簡単さです。大学の授業はこんなに簡単なのか、と拍子抜けしたようでした。
他の大学と比べるとしっかりと毎回授業に出ていれば単位も取りやすかったです。

また、外国語学部英米語学科という私のイメージは優秀な子が多そうなイメージでしたが、そうでもありませんでした。遊んでそうな子が半分くらいで自分の力を伸ばすことが出来るのはやはり自分次第だと強く感じました。

名古屋外国語大学「外国語学部」の外からみた評判と、内部生からみた評判

世間からの評判

愛知県だけで見ればエアラインなどの就職率は高く、割と悪くは無い印象だったように思えます。しかし、ワンランク上の南山大学と比べてしまうとあまり優秀だというイメージは抱かれることはありませんでした。

そして、一番よく言われたことは学費が高いことです。そのせいか、お金持ちだと勘違いされやすい気がします。また、エアライン業界への就職率が高いせいか、綺麗な子が多いそうだね、とよく言われることがありました。愛知ではそこそこの評判だったと思います。

内部生からみた評判

外国語学部は、名古屋外国語大学から見たらわりと花形の立ち位置だと思います。その理由は、よく大学サイトに表記される偏差値が、他の学部と比べると高い位置にあったからです。また、英米語学科に在籍している学生は派手な子が多く、大学の食堂の真ん中を堂々と占領する傾向がありました。

しかし、日本語学科は服装も見た目も地味な子が多かったです。学部は同じでも学ぶ言語が違う、学科が違うというだけで学生の傾向に大きく差があったように思われます。そして外国語学部英米語学科に在籍している学生はなんといっても洋楽好きで外国人が好きな傾向がありました。

名古屋外国語大学「外国語学部」のそれぞれの学科で勉強すること

名古屋外国語大学外国語学部には、英米語学科、日本語学科、中国語学科、フランス語学科、世界教養学科があります。しかし、近年様々な学部編成変更があり私が卒業した時とだいぶ変わっています。

日本語学科では、国語のような勉強、人々が話す言葉、つまり現代文のような勉強をし、そのせいか地味であまり垢抜けていない子が多いです。フランス語学科は、その名の通りフランス語のスピーキングやライティング、リスニングを学んだり、文化を勉強しています。フランス語は非常に人数が少ないので仲間意識が強い子が多かったです。

中国語学科は中国語のスピーキングやライティング、中国の文化を勉強しています。なぜか気が強いツンツンとした子が多いです。世界教養学科は、世界の様々な国の文化や英文法を勉強しています。新しい学科だったせいか、個性的な自分を全面に出したがる人が多かったです。また、外国語学部は学内で人気が高い位置でした。

名古屋外国語大学「外国語学部」のリアルな就職先について

外国語学部の優秀層は、大手のエアライン業界への就職率が高かったです。エミレーツ航空、JTB、HIS、キャセイパシフィック航空、ピーチエアライン、エアアジアジャパン、ANA中部国際空港、ANA関西国際空港、日本航空、ANA羽田空港、ANAエアポートサービス、ヒルトンホテル、フジドリームエアラインズ、ANAクラウンプラザホテル、プリンスホテル、マリオットホテル、トヨタ自動車、アイシン精機、アイシンAW、三菱東京銀行、瀧定名古屋、ヤマザキマザック、ノリタケカンパニーリミテド、DMG森精機、高校教師(国語、英語)、中学校教師(国語、英語)、東京海上日動といった企業でした。

普通層は岡崎信用金庫、碧海信用金庫、西尾信用金庫、瀬戸信用金庫、地方の中小企業メーカーでした。残念層はフリーターの子もいます。または、アパレル業界や飲食業界もいました。

今回のまとめ

いかがでしたでしょうか。
今回は、名古屋外国語大学「外国語学部」の卒業生の方にインタビューをした内容をご紹介してみました。

名古屋外国語大学「外国語学部」の詳しい就職先や学生の雰囲気、学費や奨学金制度についてもっと知りたい方はぜひマイナビ進学で名古屋外国語大学のパンフレットを請求してみて下さい。

名古屋外国語大学のパンフレットを請求

誹謗中傷と捉えたコメントのIPアドレスは全て記録しています

*
*
* (公開されません)