【立教大学】社会学部の評判とリアルな就職先


こんにちは!
今回は立教大学「社会学部」の評判について、卒業生の方にインタビューをしてきました。

立教大学「社会学部」の詳しい就職先や学生の雰囲気、学費や奨学金制度についてもっと知りたい方は立教大学のパンフレットを請求してみて下さい。ネット上に掲載されていない貴重な情報が沢山見つけられますよ。

マイナビ進学を使えば、立教大学のパンフレットは簡単に請求できますので、少しでも立教大学「社会学部」への受験を検討している方はパンフレットを取り寄せてみて下さい。

立教大学のパンフレットを請求

それでは、さっそく立教大学「社会学部」の評判について見ていきましょう!
今回インタビューをした方は立教大学「社会学部」社会学科の卒業生です。

関連記事
立教大学の全体的な評判

立教大学「社会学部」の評判まとめ

立教大学「社会学部」の偏差値と入試難易度

◇社会学部
社会学科…偏差値65
現代文化学科…偏差値65
メディア社会学科…偏差値62.5

立教大学社会学部社会学科の難易度は早稲田大学教育学部社会学科の少し下で、明治大学商学部の少し上くらいです。

同じ学部の友人は、明治大学の商学部を蹴って立教大学に入学している人がいました。中には、早稲田大学のスポーツ学部を蹴って立教大学社会学部の進学を決めた人などもいましたし、立教大学社会学部よりも下の大学を受けたのに1つも受からず、結果的に立教大学社会学部だけが合格し、進学を決めたと言う人もいました。

立教大学「社会学部」の志望理由

わたしが立教大学社会学部社会学科を志望した理由は、将来のやりたいことを見つけるために幅広く勉強できると思ったからです。

大学の学部の多くは、専門性の高い学部であったり、替えがなかなか効かないような学部であると感じます。将来やりたいことがこれと言って明確に決まっていなかったわたしは、研究室によって幅広くたくさんのことを学べる立教大学の社会学部に魅力を感じ、受験を決意しました。

実際に立教大学社会学部に入学した先輩のお話を聞き、社会学部とは思えないような自由度の高い内容の卒業論文を執筆されている方や、社会学とは関係のないような企業に就職されていたり、はたまた社会学の教授になるために日々勉強をされていたり、様々な進路を選ばれている先輩方を見て、自分の人生における自由度を高めたいと思いました。

立教大学「社会学部」に入学してから感じたギャップ

私が立教大学社会学部に入学してから感じたギャップは、実際大学に入って自分の勉学を深めるために勉強している人は本当に一握りだと言う事です。勉強しないことはおろか、授業に出ない、友達に出席を頼み自分は家で布団の中と言う人を数多く見てきました。

または、サークルや部活に明け暮れて勉学がままならないというような人も多くいました。結局のところ、卒業さえ出来ればいいやと言ったような感覚で、器用に要領よく授業を「こなす」人が多かったように思います。

立教大学「社会学部」の外からみた評判と、内部生からみた評判

世間からの評判

周りからの立教大学社会学部の印象は、同大学の異文化コミュニケーション学部、経営学部のような看板学部に並ぶくらいの知名度と学力で、とても好印象を持っているようでした。

また、立教大学社会学部はいわゆる「大学生」を、謳歌している人が多いような印象を持つ人が多いように感じました。(毎日飲みに明け暮れる、男女交友が激しい、など。)しかし、一般的には「すごいね、頭いいね!」「受験頑張ったんだね」と言ったようなお褒めの言葉をいただくことが多かったです。

内部生からみた評判

社会学部は、他の学部生から見ても元学部生の私から見ても、とても真面目に授業を受け勉学に励んでいるというような印象ではありませんでした。とある授業中に、その授業の教授の悪口をTwitterなどのSNSツールに投稿して、教授にバレて大スクリーンに自分の投稿を晒されている人もいました。

入るまでは難しく大変なイメージがありますが、立教大学社会学部は、内部生も非常に多く、受験組とそうでない組で勉強に対しての考え方や取り組み方が大きく違っていたように感じていますし、他の学部生にも同じようなことを言われたことがあります。

立教大学「社会学部」のそれぞれの学科で勉強すること

立教大学社会学部には、社会学科、メディア社会学科、現代文化学科の3つの学科があり、特に3つの学部で大きく違うところはありませんでした。多少受けることのできる授業に差がありますが、基本的にはどの学科の授業も受けることのできるような仕組みになっていました。

その中でもメディア社会学科は、名前の通り「メディア」系の学問を学ぶ機会が多く、テレビ業界や広告業界など、そう言った専門的な授業を多く受けることができる印象でした。また、わたしが受験した年度ではメディア社会学科が1番人気で、就職先として人気なテレビ業界、マスコミ業界、広告業界などに強い研究室があると有名だったので、志望する人が非常に多かった印象がありました。

立教大学「社会学部」のリアルな就職先について

立教大学社会学部に在籍していた人の主な就職先は、優秀な層であると、メガバンクやテレ朝・日テレなどのテレビ業界、博報堂などの広告業界、三菱商事や丸紅などの大手商社など、ジャンルは様々ですが様々な職種のトップというような印象があります。

普通の層では、りそな銀行やあいおいニッセイ同和損保などの損害保険会社や生命保険会社、NTTのグループ会社や、素材系のメーカーなどが多かったように思います。印象としては、きらぼし銀行や横浜銀行などの地方銀行が非常に多かったように思います。他にも、アットコスメなど安定しているベンチャー企業に就職している人もいました。

残念な層の人たちは、名前も知らないような中小企業に就職していたり、本来は銀行志望だった人が、メガネスーパーなどの全くやりたい職種とは別の企業で働かざるを得ない状況になってしまった人たちです。

今回のまとめ

いかがでしたでしょうか。
今回は、立教大学「社会学部」の卒業生の方にインタビューをした内容をご紹介してみました。

立教大学「社会学部」の詳しい就職先や学生の雰囲気、学費や奨学金制度についてもっと知りたい方はぜひマイナビ進学で立教大学のパンフレットを請求してみて下さい。

立教大学のパンフレットを請求

関連記事
立教大学の全体的な評判

誹謗中傷と捉えたコメントのIPアドレスは全て記録しています

*
*
* (公開されません)