高知大学の評判と偏差値【高知県の名門大学】


こんにちは!
今回は高知大学の評判について、卒業生の方にインタビューをしてきました。

結論から言うと、高知大学は全国的に見れば平均的な国立大学ですが、高知県内での評価はとても高いです。

この記事以上に高知大学の情報を詳しく知りたいかたはスタディサプリ進路というサイトで高知大学の学校パンフレットを取り寄せて下さい。

奨学金情報をはじめとしたネット上にのっていない貴重な情報が沢山ありますよ。
なお、スタディサプリ進路を使えば高知大学のパンフレットは簡単に取り寄せることができます。

それでは、さっそく高知大学の評判について見ていきましょう!
今回インタビューをした方は高知大学社会経済学科の卒業生です。

高知大学の評判まとめ

高知大学の偏差値

◇人文社会科学部
人文科学…偏差値50

◇教育学部
学校-幼児教育…偏差値50
学校教育教員(幼児教育・科学技術除く)…偏差値50
学校-科学技術教育…偏差値47.5

◇理工学部
数学物理学科…偏差値47.5
情報科学科…偏差値47.5
生物科学科…偏差値52.5
化学生命理工学科…偏差値47.5
グリーンサイエンス人材育成…偏差値47.5
地球環境防災学科…偏差値47.5

◇医学部
医学科…偏差値65

◇農林海洋科学部
海洋-海底資源環境学…偏差値45
海洋-海洋生命科学…偏差値50

高知大学の学生の学力レベル

県内の私立高校、公立のトップ高校、県外の航行からで滑る止めで受けていた子が多いです。

高知大学の学力レベルを他の大学と比較すると、
高知工科大学=高知大学<愛媛大学 といった印象。



高知大学の世間からの評判

高知大学というと国立大学やね~すごいねと言われます。また、高知県内の学生が高知大学へは進学率が少なく、大学自体も7割から8割は県外の学生です。なので高知県内の高校生からすると狭き門になるため、地元の人からは、すごいね、頭いいのね。と言われ、評判がいいです。

しかし、一方で将来への期待が大きく荷が重く感じることもあります。また、県外の人からすると滑り止めとしての高知大学ということが多く、中には県外から比べたら所詮高知大学でしょといわれることもあります。日本国内の大学からするとぜんぜんレベルの低い大学ではあるかなと思います。

高知大学は地域に根付いた活動もしており、過疎化の進む地域での活性化活動やフィールドワークもしており、都会では経験することのできない活動を身近に経験できるのでプラス面は多くあります。そういったところでは県外からの評判はいいのではないかと思います。また、アルバイトをするにも、高知大学というと真面目というイメージがあるらしく面接でも少し有利になるのかなと思いました。

高知大学の学生の様子

お酒のみが多く、アルバイトをしては飲みに行っています。部活やサークルに入っている人はジャージでの学校生活がおおいです。授業は交代で代筆をしたりして休んでいる人が多いです。また、授業の合間に学校内のパラソルに集まり、他学部の友達と団欒しています。また、人の感じとしては、活発な人と荘でない人がはっきりと分かれています。

また、寝ている人や携帯をつついている人が多く、基本授業に集中していないかなと思います。授業のはじめに出席を取る授業では、出席を取ったら家に帰ったり、抜けたりして不真面目な人も居ます。大きい講義室では名前を呼んでの出席確認がないので代筆が可能であり、代筆での出席を確保しています。基本、生徒同士では迷惑を掛けないように静かに自分のしたいことをしています。

高知大学の就職先について

社会経済学科は、地方公務員や教職員、銀行員、商社や一般企業など幅広い就職先があります。就職では、アルバイト先に企業の偉い手さんがいたことで内定をすばやくもらえることもあったりするので、学部の分野を外れていない企業への就職には強いと思います。

また、県外から大学に入学してきた人の中には、高知県での就職を希望する人と、地元に戻る人、その他県外に就職する人とでわかれます。学校内で公務員試験の対策をする講座も開講しており、公務員には力を入れているように思います。警察官や消防士、県庁職員や市職員が主です。高知県では中小企業が多く、給料も安いことがあり、県外の企業で高知県に勤務先がある企業への就職も多いです。

高知大学の良かったところ、悪かったところ

良かったところ

①県外の友達が多く、幅広い付き合いができることです。

②学校の周りには、ご飯を食べるところや飲みに行くところが多くあるため、教授とゼミの飲み会をしたり、友達同士と朝まで遊んだりすることができます。

③学校生活や授業、アルバイト、就職についての相談室があるため、困ったことやわからないことがあった場合にバックアップしてくれる人が居ます。

悪かったところ

①学校自体が古く、校舎の中で汚い校舎がある。

②学校の学際は実行委員会とサークルなど一部の人しか出店したり参加しないことです。

③大学の学部によってすごく飲む学部もあり新入生は1回はありえないと引くことがあり風が悪いと思われることがあります。

高知大学に4年間通ってみていかがでしたか?

良かったと思います。理由は、県内、県内外から多くの学生が入学することから、さまざまな友達を作ることができ、毎日楽しいです。ほとんどの学生が一人暮らしをしているということもあり、朝から晩まで一緒に居ることや何かあればすぐに駆けつけることができるので心強いです。

都会と違って田舎で遊ぶところもないので友達と居ることが多いです。テスト期間になると大学の中でオールをして勉強したりお互いに教えあったりしています。卒論ともなると後輩まで先輩の卒論の手伝いをして学年を超えての交流も多くあります。高知大学に進学することで、高知のよさも知ることができ、高知の雰囲気や友達とのお酒の付き合い、おいしいご飯を食べることができました。将来のサポートもしてくれるので楽しい学校生活を送ることができます。



今回のまとめ

いかがでしたでしょうか。
高知大学は全国的に見れば平均的な国立大学ですが、高知県内での評価はとても高いです。

この記事以上に高知大学について詳しく知りたいという方は、高知大学の学校パンフレットを是非お取り寄せ下さい。

スタディサプリ進路というサイトを使えば簡単に高知大学の学校パンフレットを取り寄せる事ができます。

スタディサプリ進路で高知大学のパンフレットを請求

コメントをかく

*