岩手県立大学の評判と偏差値【公務員への王道ルート】


こんにちは!
今回は岩手県立大学の評判について、在校生の方にインタビューをしてきました。

結論から言うと、岩手県立大学は公立大学ということもあり地元の優秀な学生が多いです。また、その性質上岩手県内で公務員を目指す方が沢山います。

また、岩手県立大学のサークル情報や授業カリキュラムを詳しく知りたいかたはスタディサプリ進路というサイトで岩手県立大学の学校パンフレットを取り寄せて下さい。

奨学金情報をはじめとしたネット上にのっていない貴重な情報が沢山ありますよ。
なお、スタディサプリ進路を使えば岩手県立大学のパンフレットは取り寄せることができます。
岩手県立大学のパンフレットを請求
それでは、さっそく岩手県立大学の評判について見ていきましょう!

岩手県立大学の評判まとめ

岩手県立大学の偏差値

看護学部
看護学科…偏差値-

社会福祉学部
社会福祉学科…偏差値-
人間福祉学科…偏差値-

ソフトウェア情報学部
ソフトウェア情報学科…偏差値47.5

総合政策学部
総合政策学科…偏差値-

岩手県立大学の学生の学力レベル

県内トップの公立高校の中間層の生徒が多いです。滑り止めとして受ける人は少ないような感じがしました。倍率もそこそこ高いので、県内トップレベルの中間層に位置していないと入ることは厳しいと思います。

また、編入学にも力を入れているので編入学してくる学生もいますが、編入学の試験は総合問題と英語と面接があります。岩手県立大学に編入したいと思うのならば、短期大学では一生懸命勉強する必要があります。特に英語は力を入れる必要があります。私は実際に編入生ですが、英語を一生懸命勉強しました。通っている短期大学のレベルにもよりますが、英語の授業は全て履修しておいたほうが良いと思います。

どこの大学でも英語を重視する大学は多くなってきていますが、英語を中心に頑張ると良いと思います。編入ではなく最初から入る場合には全ての教科で平均点以上取れないと入れないと思います。

岩手県立大学の学力レベルを他の大学と比較すると、
盛岡大学<岩手県立大学<岩手大学 といった印象。

岩手県立大学の世間からの評判

岩手県内の人にでさえよく岩手大学と間違われます。その度に国立ではなく県立だと言いなおしています。比較的新しくできた大学なので認知度が低いと思います。ただ、岩手県内の就職活動では強いです。認知度は岩手大学より低くても公立大学ということで評判は良いです。

また、真面目な学生が多いので評判が良いです。しかし田舎すぎるので東北地方では認識されていますが、就職活動で関東や関西の方へ行くとあまり優秀に見られることはないどころか少々田舎のあまり賢くない大学というイメージがついてしまうようです。

以前はIPUと省略名称がありましたが、他の大学から同じ省略名称を使っていると言われ、その大学が先に商標登録をしてしまったのでIPUという省略名称は使えなくなってしまいました。先に商標登録をしていなかったということで少々抜けているイメージがついてしまったのではないでしょうか。ただ、緑豊かな自然の多い場所にある大学でのびのびしています。

岩手県立大学の学生の様子

私が入学して気づいたのは真面目な学生が多いです。大学生は人生の夏休みと言われているくらいであり大学生のうちはギリギリに頑張る程度の人が多いと思っていましたが、ここの大学の生徒は真面目な人が多いと思います。

逆に適当にやっていると置いていかれるだけでなく周囲から浮いてしまいます。生半可な気持ちで入ると周りがストイックなだけについていけるかついていけないかに大きく別れます。

中にはついていけなくて落ちこぼれの状態の人もいますが、大体の人はさらにプラスアルファで色々なことに挑戦している人が多いと思います。自分で商品開発を行ったり、地域活動を始めたりと授業以外の活動にも積極的に取り組むほどに真面目です。実習に参加する学生も多く、アルバイトを多くしている学生は少ないと思います。

また、真面目に受けている人が大半だが3分の1は寝ているかスマホをしています。多くの人は先生の話を真剣に聞きレジュメにメモをとっていますが、それ以外の人は寝ていたり携帯をしていることがあります。また大きな教室での授業と小さい教室での授業での授業態度も違います。大きい教室になると席とり合戦が始まり後ろの方に座る学生はほとんど不真面目です。

岩手県立大学の就職先について

岩手県内の企業に就職する人が多いです。一番は公務員が多いと思います。学部は大きく4つの学部があります。看護学部の生徒は国家資格を目指し病院に内定をもらう人が多いです。社会福祉学部の人も社会福祉資格の国家資格を取ることに力を入れ、就職は県内の社会福祉施設や社会福祉協議会、公務員であれば生活保護や児童相談所など幅広くありますがほぼほぼ県内が多いです。また保育士の資格も取れるため、保育園や幼稚園に就職する人も多いです。

ソフトウェア学科は大学院に進む人が多いですが、就職活動では情報系やパソコン関係に着く人が多いです。総合政策学科は主に岩手県の地域活性に力を入れるため岩手県内の企業に就職する人が多いです。

岩手県立大学の良かったところ、悪かったところ

良かったところ

①キャンパス内がきれいです。緑豊かで、自然がとても多いです。建物も新しくまた社会福祉学部があるだけにバリアフリーにとても力を入れており大学内での時間は快適に過ごせています。ただ、キャンパス内がとても広いので移動に少々時間がかかり、部屋を覚えるまでが大変です。

②先生が熱心な人が多いです。毎回の授業が盛りだくさんの先生や課題が盛りだくさんの先生が多く、たくさんのことを学ぶことができます。

③地域活動に力を入れています。周辺の地域と共同で行う活動が多いことも魅力的だと思います。岩手県民と触れ合うことや岩手県のことがよく知れます。

悪かったところ

①やることが多すぎます。

②駅が遠いです。

③就職活動に対し先生方が積極的な感じがしません。

岩手県立大学に4年間通ってみていかがでしたか?

別の大学に進学すれば良かったなと思います。理由は先生方の指導があまり私に合っていなく専攻した科目もやる気が滅入ってしまったからです。

私は編入前、資格を欲しいと意気込んでおりましたが、岩手県立大学の先生は厳しい方やエコヒイキをしている先生が多いと私自身感じました。学生が行き詰まっているときに的確なアドバイスをくれません。大学生なのだから自分で解決するのは当たり前だと思いますが、どうしよう無い時には先生に相談するのもありだと思います。

しかし、「それはあなたの自分のことでしょ」というようにあまり私の問題に向き合って一緒に解決してくれることはありませんでした。私は差別を感じたことに嫌気が差してしまい、もう少し頑張ろうと思えなくなってしまいました。

岩手県立大学の基本情報

岩手県立大学の住所と最寄駅

◇住所
〒020-0693
岩手県滝沢市巣子152-52

◇最寄駅
IGRいわて銀河鉄道「滝沢駅」より徒歩15分。

岩手県立大学の学費(4年間)

岩手県立大学の学費は以下の通りです(入学金含む)

看護学部…学費264万円
社会福祉学部…学費263万円
ソフトウェア情報学部…学費263万円
総合政策学部…学費263万円

奨学金情報や学費免除制度をはじめとした詳しい学費情報は、岩手県立大学の学校パンフレットでご確認下さい。

岩手県立大学のパンフレットを請求

今回のまとめ

いかがでしたでしょうか。
岩手県立大学は公立大学ということもあり地元の優秀な学生が多いです。また、その性質上岩手県内で公務員を目指す方が沢山います。

また、奨学金やサークル情報などといった詳しい事を知りたい方は、岩手県立大学の学校パンフレットをお取り寄せ下さい。

スタディサプリ進路というサイトを使えば岩手県立大学の学校パンフレットを取り寄せる事ができます。

岩手県立大学のパンフレットを請求

コメントをかく

*