宮城大学の評判と偏差値【公立大学なので学費は安い】


こんにちは!
今回は宮城大学の評判について、卒業生の方にインタビューをしてきました。

結論から言うと、宮城大学は東北地方では数少ない公立大学です。そのため、東北大学は難しいけれど学費は安く抑えたいという方にはおすすめの大学です。

また、宮城大学のサークル情報や授業カリキュラムを詳しく知りたいかたはマイナビ進学というサイトで宮城大学の学校パンフレットを取り寄せて下さい。

奨学金情報をはじめとしたネット上にのっていない貴重な情報が沢山ありますよ。
なお、マイナビ進学を使えば宮城大学のパンフレットは簡単に取り寄せることができます。

それでは、さっそく宮城大学の評判について見ていきましょう!
宮城大学のパンフレットを請求

宮城大学の評判まとめ

宮城大学の偏差値

看護学群
看護学類…偏差値50

事業構想学群
…偏差値50

食産業学群
…偏差値47.5

宮城大学の学生の学力レベル

東北大学にギリギリで入れなかったような生徒が多かった

宮城大学の学力レベルを他の大学と比較すると、
宮城教育大学<宮城大学<東北大学 といった印象。

宮城大学の世間からの評判

公立大学のため、宮城大学出身というと頭いいんだねとよく言われます。就職率もよく、設立年は浅いため県外ではあまり有名ではありませんが、公立大学ですというと重宝してもらえます。県外出身の人には国立大学と間違えられることもよくあります。就職に関しては地元では評判が高く、県内で人気の地銀への就職者はかなり多く、宮城大学出身というと中小企業からはぜひきてくれと言われたこともありました。

県外の企業でも大企業を受けた時に実際は4回ある面接を3回で内定をいただいたこともありました。(後に3回面接だったという内定者に話を聴くとみな有名私立か国公立大学生でした。)東北大学の次に優秀な大学だと言われています。

公立大学なので、自治体と一緒にゼミ活動をすることも多く、色々な自治体の方からご依頼も多かったです。宮城大学の生徒はみんなしっかりしていて真面目なので安心して一緒に活動ができると言われたこともありました。真面目・信頼・頭がいいという言葉は宮城大学出身というとよく言われました。

宮城大学の学生の様子

他の大学と比べて(友達から聞いた情報との比較ですが)真面目な生徒がとても多いと思います。サボる生徒はごく一部で、基本的には出席してる学生が多かったです。また、サークル活動を行う学生も多く、なんとなく高校生活の延長?のような感じで授業を真面目に受けて、終わったらサークル活動やゼミ活動という学生が多い気がしました。

また、授業中は真面目に受講している生徒が多かったです。人数が多くないため、サボっているとバレたり、参加型の授業、真面目に聞いていないと単位が取れない授業などがあったためだと思います。それでもゆるい授業では後ろでゲームをしている生徒もいました。大声で話すなど他の生徒や先生に迷惑がかかるようなことをする生徒は見かけませんでした。

宮城大学の就職先について

事業計画学科では地元では有名な地銀に就職する人が多くいました。真面目な性格が多いからか、安定を求めて金融系への就職希望者が多かった気がします。また仙台市に残りたいという希望する人も多く、大手でも仙台勤務のある会社や、地方テレビ局、公務員などが多くおりました。就職活動は早々決まる人と最後までなかなか決まらない人もいた気がします。県外で就職した人に関しては大企業に就職した人がほとんどだったと思います。

デザイン情報科はシステム系の学生はすぐに決まる人が多かったような気がしますが、建築系の人は大学院へ進学、デザイン系の人は就職活動が難航していたように感じます。看護学部生はすぐに就職が決まる人がほとんどでした。

宮城大学の良かったところ、悪かったところ

良かったところ

①公立大学卒業という肩書きを得られたことです。社会にでてからもやはり最終学歴の話はよく聞かれるため、宮城大学出身ですというだけで反応が違います。

②学費が安いことです。やはり公立大学なので、授業料が私立の半額以下で通うことができました。

③様々な経験ができることです。先生方が民間企業出身者が多く、通常の大学で受けられないような講義を受講できたり、先生のツテで特別講師に活躍されている著名な方を呼んでいただいたりと、とても有意義な時間を過ごすことができました。

悪かったところ

①人数が少ないので大学らしさに欠ける

②歴史が浅いため、就職のコネクションは地元以外ではあまりない

③場所が仙台市の外れにあるため通学が不便

宮城大学に4年間通ってみていかがでしたか?

良かったと思います。大学卒業してからも公立大学出身ということだけで、少しよく見てもらえますし、転職活動にも最終学歴で乗るので公立大学出身という肩書きをもらえただけで十分通った意義はあったかなと感じるくらいです。また授業料が安かったので、金銭的に余裕がなかった我が家でも通うことができました。

大学の教授友人達は活躍している人も多く、ゼミの先生も著名な方なので、コネクションもつくれてよかったと思います。大学で受けた授業も社会で役立つこともあり、大学に行かず高卒で働いていたら視野が狭い世界で過ごしたのではないかと思います。大学を卒業したおかげで大企業と言われる会社にも就職できましたし、宮城大学に通ってよかったと思います。

宮城大学の基本情報

宮城大学の住所と最寄駅

◇大和キャンパス(看護学群・事業構想学群)
〒981-3298
宮城県黒川郡大和町学苑1-1
◇最寄駅
地下鉄南北線「泉中央駅」よりバス乗車(約30~35分)、「宮城大学・仙台保健福祉専門学校前」停留所下車。

太白キャンパス (食産業学群)
〒982-0215
宮城県仙台市太白区旗立2-2-1
◇最寄駅
地下鉄南北線「長町南駅」よりバス乗車(約20分)、「宮城大学食産業学部前」停留所下車。

宮城大学の学費(4年間)

宮城大学の学費は以下の通りです(入学金含む)

看護学群…学費260万円
事業構想学群…学費252万円
食産業学群…学費252万円

奨学金情報や学費免除制度をはじめとした詳しい学費情報は、宮城大学の学校パンフレットでご確認下さい。

宮城大学のパンフレットを請求

今回のまとめ

いかがでしたでしょうか。
宮城大学は東北地方では数少ない公立大学です。そのため、東北大学は難しいけれど学費は安く抑えたいという方にはおすすめの大学です。

また、奨学金やサークル情報などといった詳しい事を知りたい方は、宮城大学の学校パンフレットをお取り寄せ下さい。

マイナビ進学というサイトを使えば宮城大学の学校パンフレットを取り寄せる事ができます。

宮城大学のパンフレットを請求

コメントをかく

*