徳島大学の評判と偏差値【センターボーダーは58%と入学しやすい】


こんにちは!
今回は徳島大学の評判について、卒業生の方にインタビューをしてきました。

結論から言うと、徳島大学は地元徳島ではとても評判が良いです。ただ、理工学部は意外と穴場でセンターボーダー58%で十分合格することができます。

また、徳島大学のサークル情報や授業カリキュラムを詳しく知りたいかたはスタディサプリ進路というサイトで徳島大学の学校パンフレットを取り寄せて下さい。

奨学金情報をはじめとしたネット上にのっていない貴重な情報が沢山ありますよ。
なお、スタディサプリ進路を使えば徳島大学のパンフレットは簡単に取り寄せることができます。
徳島大学のパンフレットを請求
それでは、さっそく徳島大学の評判について見ていきましょう!
今回インタビューをした方は徳島大学工学部の卒業生です。

徳島大学の評判まとめ

徳島大学の偏差値

総合科学部
社会総合科学科…偏差値47.5

医学部
医学科…偏差値65
医科栄養学科…偏差値52.5
保健-看護学…偏差値47.5
保健-放射線技術科学…偏差値52.5
保健-検査技術科学…偏差値50

歯学部
歯学科…偏差値60
口腔保健学科…偏差値50

薬学部
薬学科…偏差値57.5
創製薬科学科…偏差値52.5

理工(昼間)学部
理工学科…偏差値45

理工(夜間主)学部
理工学科…偏差値42.5

生物資源産業学部
生物資源産業学科…偏差値-

徳島大学の学生の学力レベル

岡山大学、神戸大学に行けなかった学生

徳島大学の学力レベルを他の大学と比較すると、
香川大学<徳島大学<岡山大学 といった印象。

徳島大学の世間からの評判

地元徳島には鳴門教育大学と徳島大学の二つの国立大学しか存在せず、鳴門教育大学よりは偏差値は低いが一応国立大学であるため、地元での評判は高いです。県内出身の優秀な人材はほぼ県外に流出しているため、そういった背景があるかと思います。自分は地元の高専から徳島大学に編入しましたが、偏差値の割に就職偏差値は高いという情報は事前に入手することはできていました。

地元での評価はそこそこであるが県外での知名度は非常に低く、偏差値も低いため私立の大学と勘違いされることも多々あります。徳島大学でも医学部は賢いが工学部はあほの集まりだと自分らでも自覚しています。自分は工学部出身であるが企業の方からの評価は高く、大学の偏差値の割に非常に高い就職偏差値を誇っており、大企業に数多くの学生が内定を取り活躍しているというお話をききました。

就職は強いですが、学習意欲の少ない学生が非常に多く感じ、学生のレベルはあまり高いとは言えませんが、地元自体のレベルが低いので相対的に高くなっています。

徳島大学の学生の様子

学習意欲の少ない学生が多いです。サボれる授業は極力さぼる人が多いです。一部優秀な学生もいますが、その子らも授業はさぼりがちです。テストの点だけを取れればいいという学生は多いです。コミュニケーションを取りやすい学生が多いです。全く何もしていない学生も多いです。留年率が高くテスト前は良く勉強しているイメージです。

また、単位を非常に落としやすい科目はみんな集中して良く聞いています。授業を聞かなくても楽に単位を取れる科目や出席が必須でない授業はさぼっている学生が非常に多いです。スマホをいじるか別の科目の課題をしている学生が多いです。前の席で授業を聞いている人に限って成績が良くない人が多いです。全体的に授業自体は静かで落ち着いています。

徳島大学の就職先について

私は大手有名企業からインターンシップ早期選考ルートで二社内定を頂きました。友人も全員大手企業に内定を頂きました。一部就活に少し苦労していた友人もいましたが、推薦等を使い皆有名企業に就職しました。全体的に中小企業と大企業が半々程度のイメージである。中小企業に内定をもらった学生は最初から大企業を目指していた訳ではないことを踏まえると、ほとんどの学生がある程度希望した就職先に就職できているということであると考えられます。

工学部は全体的に大きい企業に楽に入れるイメージですが、他学部の文系の学科などは就職が大変であるという話をよく聞くことがあります。基本的に徳島大学の工学部は偏差値の割に就職先にはある程度恵まれていると感じます。

徳島大学の良かったところ、悪かったところ

良かったところ

①学生が他の有名な国立大学と比較しても、学力のレベルが低いため、真面目に勉強しているだけで成績上位を狙え、表彰や、授業料免除を簡単に貰いやすい点

②地方創生事業やサークルなどで地域活性化と密接に関係した団体が数多く存在し、自分も参加することで、これまで出会うことのなかった学生や、社会人の方々と交流を持つことができたところ

③研究室のレベルによっては研究のレベルも非常に高く、自分は大きい企業と共同研究で非常に有意義な研究活動を行うことが出来た点が非常によかった。

悪かったところ

①学生のレベルがあまり高くないので研究室で少し苦労する

②偏差値の割に難易度の高い授業が存在するところ

③授業があまりおもしろくない

徳島大学に4年間通ってみていかがでしたか?

良かったと思います。学生が他の有名な国立大学と比較しても低いため、真面目に勉強しているだけで成績上位を狙え、表彰や授業料免除を簡単に貰いやすいです。その上に、成績が上位であると研究室配属や就活の推薦で有利になり、その上就職先も悪くないため、入学しやすくて楽で就職もしやすい非常にコスパの良い大学であると感じたからです。

県内唯一の繁華街が近く飲食店も多く、自然もあり、物価も高くないので非常に学生生活を楽しむことができました。偏差値が低いこともあり、気難しい学生も少なくコミュニケーションも取りやすい学生が多く、人脈を最大限ひろげることができました。学業、遊び、地域の活動等バランスよく様々な活動に精力的に取り組めた点が非常に良かったです。

徳島大学の基本情報

徳島大学の住所と最寄駅

◇総合科学部キャンパス
〒770-8502
徳島県徳島市南常三島町1-1
◇最寄駅
・徳島市営バス:
JR徳島駅前より「中央循環(左回り)」行き、「島田石橋」行き、「商業高校」行き 他に乗車、「助任橋(徳島大学前)」または「徳島大学南」より、徒歩約5分

◇理工学部、生物資源産業学部キャンパス
〒770-8506
徳島県徳島市南常三島町2-1
◇最寄駅
上記、総合科学部と同様

医学部、歯学部キャンパス
〒770-8503
徳島県徳島市蔵本町3-18-15
◇最寄駅
JR「蔵本駅」より、徒歩約5分

薬学部キャンパス…上記 医学部・歯学部同様、JR「蔵本駅」より、徒歩約5分

徳島大学の学費(4年間)

徳島大学の学費は以下の通りです(入学金含む)

医学部(医)…学費433万円(6年間)
医学部(医科栄養)…学費418万円
医学部(保健)…学費411万円
歯学部(歯)…学費398万円(6年間)
薬学部(薬)…学費391万円(6年間)
歯学部(口腔保健)…学費389万円
総合科学部…学費274万円
理工学部(昼間)…学費274万円
生物資源産業学部…学費274万円
薬学部(創製薬科学)…学費270万円
理工学部(夜間主)…学費152万円

奨学金情報や学費免除制度をはじめとした詳しい学費情報は、徳島大学の学校パンフレットでご確認下さい。

徳島大学のパンフレットを請求

今回のまとめ

いかがでしたでしょうか。
徳島大学は地元徳島ではとても評判が良いです。ただ、理工学部は意外と穴場でセンターボーダー58%で十分合格することができます。

また、奨学金やサークル情報などといった詳しい事を知りたい方は、徳島大学の学校パンフレットをお取り寄せ下さい。

スタディサプリ進路というサイトを使えば徳島大学の学校パンフレットを取り寄せる事ができます。

徳島大学のパンフレットを請求

コメントをかく

*