駒澤大学の評判と偏差値【世間的にも高学歴の部類】


こんにちは!
今回は駒澤大学の評判について、卒業生の方にインタビューをしてきました。

結論から言うと、駒澤大学は世間的にも高学歴の部類に入るので、都心でのキャンパスライフを送りたい方にはオススメの大学です。

この記事以上に駒澤大学の情報を詳しく知りたいかたはマイナビ進学というサイトで駒澤大学の学校パンフレットを取り寄せて下さい。

奨学金情報をはじめとしたネット上にのっていない貴重な情報が沢山ありますよ。
なお、マイナビ進学を使えば駒澤大学パンフレットは無料で取り寄せることができます。

それでは、さっそく駒澤大学の評判について見ていきましょう!
駒澤大学のパンフレットを無料請求
今回インタビューをした方は駒澤大学法学部卒業生です。

関連記事
駒澤大学仏教学部の評判
駒澤大学文学部の評判
駒澤大学経済学部の評判
駒澤大学法学部の評判
駒澤大学経営学部の評判
駒澤大学医療健康学部の評判
駒澤大学グローバル・メディア・スタディーズ学部の評判

駒澤大学の評判まとめ

駒澤大学の偏差値

◇仏教学部
偏差値42.5

◇文学部
国文学科…偏差値55
英米文学科…偏差値55
地理-地域文化…偏差値55
地理-地域環境…偏差値52.5
歴史-日本史学…偏差値52.5
歴史-外国史学…偏差値55
歴史-考古学…偏差値52.5
社会-社会学…偏差値55
社会-社会福祉学…偏差値52.5
心理学科…偏差値57.5

◇経済学部
経済学科…偏差値55
商学科…偏差値55
現代応用経済学科 …偏差値50

◇法学部
法律学科…偏差値55
政治学科…偏差値52.5

◇経営学部
経営学科…偏差値52.5
市場戦略学科…偏差値55

◇医療健康科学部
診療放射線技術科学科…偏差値50

◇グローバル・メディア・スタディーズ学部
グローバル・メディア学科…偏差値52.5

駒澤大学の学生の学力レベル

MARCHに落ちて滑り止めで駒澤を受けていた学生が多かったです。

駒澤大学の学力レベルを他の大学と比較すると、
専修大学<駒澤大学≦日本大学 といった印象。

駒澤大学の世間からの評判

日東駒専が世間から認められる大学のギリギリのラインだと思います。
駒澤大学の内部はやる気の無い学生が多いですが、就職活動をしていても、地元にいる時でも駒澤大学=頭がそこそこ良いと思われる点はありがたいです。実際に駒澤大学に通っていたことを話しても、「受験勉強を頑張ったんだね」などプラスな印象の言葉をかけられることが多いです。

それに駒澤大学は甲子園や駅伝でも名前が知られていることから、特に地元が田舎だと大学のレベルよりも知名度が重視されるので、実際はそれほどでもないのに褒められることが多い気がします。

大学進学をきっかけに東京に出てきて、駒澤のあまりの学生のレベルの低さに驚き、入学したことを後悔していましたが、駒澤より下の大学はたくさんあるからそんなに後悔する必要は無いと思うということを色々な人に言われました。

ただ、実際は平々凡々な学力レベルで騒ぎたい学生が集まっているだけの大学だと思っています。

駒澤大学の学生の様子

授業を聞かずにスマホをいじっている学生がかなり多いです。仏教系の大学なので、定年退職をした後に大学へ通っている学生も多いですが、そのような人たちの方がやる気に満ち溢れていると思います。

特に1限・2限の朝早めの授業の出席率はかなり低く、テストが行われる日だけ教室が学生でぎゅうぎゅう詰めになっています。

また、前の方には真面目に授業を受けている生徒が10~20名程度、それ以外は後ろの方でスマホをいじったり寝ている人が多いです。ひどい時にはイチャついているカップルを見かけることもありました。

出席がある授業は授業の終わり頃になって教室に入ってくる人が多いです。また、出席が無い講義に関しては今まで出席をしていなかった人が焦って真面目そうな子にひたすら声をかけている姿も良く見かけました。

駒澤大学の就職先について

大手企業はなかなか難しいでしょうが、駒澤大学はネームバリューもそれなりにあるので、中小企業であれば問題なく就職活動が上手くいっている人が多いと思います。

私自身も都内の中小企業を志望して就職活動をしましたが、20社受けたうち落ちたのは3社だけでした。ただ、大手を目指すなら早慶上智やGMARCHよりもレベルが下なので、応募の段階で足切りに遭ってしまうかもしれません。

しかし、大学でイベント運営をするなど目立つ活動をしていた人の中には大手の銀行など有名企業へ就職している人がたくさんいます。

地方への就職に関しては、駒澤大学レベルであれば苦労しないと思います。実際に私の友人の中にも地元の有力企業への就職を希望していた人が数人いましたが、全員就職活動に成功していました。

駒澤大学の良かったところ、悪かったところ

良かったところ

①単位取得の条件が必修以外とても緩く、落としたと思っていた授業でもCを付けてくれた。一切出席をしていなかったのに、課題をしっかり出しさえすればSを貰える授業もあった。

②学食がとにかく安く、広いので空き時間を過ごすのにとても便利。

③数は少ないがとてもわかりやすい授業をする先生もいた。そのような先生の授業は人気が高かった。

悪かったところ

①必修の単位取得の条件が厳しく、3~4年になって必修授業を受けている生徒もいる。

②GMARCHレベルに落ちて滑り止めで入っている人が半数以上なので、学生の意識が低い。それなのに自分は出来ると思っていてプライドが高い人も多い。

③基本的に何を言っているのかわからない(言っていることが聞き取れない)授業が多い。

駒澤大学に4年間通ってみていかがでしたか?

大学自体の中身はそれほどでもありませんでしたが、後悔はしていません。

法学部だったので卒論もありませんでしたし、法律に関連する仕事をするつもりもなかったので、授業の出席は最小限、ゼミには4年間一切参加しないという学生生活でしたが、単位認定がとても緩く、就職のために通っていたプログラミングスクールへ行く時間もアルバイトをする時間も確保しやすかったので良かったと思っています。

おもしろい先生も多く、労働法など社会に出て働くうえで必要な知識も身につけられて、大学時代に学んだことは社会人になってからも役立っています。ただ、エンジニアになるのだったらちゃんとした理系の大学を選んだ方が良かったのかなと思うこともあります。

駒澤大学の基本情報

駒澤大学の住所と最寄駅

◇住所
〒154-8525
東京都世田谷区駒沢1-23-1

◇最寄駅
東急田園都市線「駒沢大学駅」より、徒歩10分

駒澤大学の学費(4年間)

駒澤大学の学費は以下の通りです(入学金含む)

医療健康科学部…学費629万円
グローバル・メディア・スタディーズ学部…学費429万円
文学部(心理)…学費401万円
文学部(歴史(考古学))…学費397万円
文学部(社会(社会学))…学費395万円
文学部(地理)…学費395万円
文学部(史(日本史学、外国史学))…学費391万円
文学部(国文、英米文、社会(社会福祉学))…学費389万円
仏教学部…学費389万円
法学部(フレックスA、政治)…学費389万円
経済学部…学費389万円
経営学部…学費389万円
法学部(フレックスB)…学費264万円

奨学金情報や学費免除制度をはじめとした詳しい学費情報は、駒澤大学の学校パンフレットでご確認下さい。

駒澤大学のパンフレットを無料請求

今回のまとめ

いかがでしたでしょうか。
駒澤大学は世間的にも高学歴の大学という風に認知もされていますし、それなりの学力があって都心でのキャンパスライフを楽しみたい方にはおすすめできる大学です。

この記事以上に駒澤大学について詳しく知りたいという方は、駒澤大学の学校パンフレットを是非お取り寄せ下さい。

マイナビ進学というサイトを使えば完全無料で駒澤大学の学校パンフレットを取り寄せる事ができます。

駒澤大学のパンフレットを無料請求

関連記事
駒澤大学仏教学部の評判
駒澤大学文学部の評判
駒澤大学経済学部の評判
駒澤大学法学部の評判
駒澤大学経営学部の評判
駒澤大学医療健康学部の評判
駒澤大学グローバル・メディア・スタディーズ学部の評判

コメントをかく

*