神戸親和女子大学の評判と偏差値【教員を目指せるお嬢様大学】


こんにちは!
今回は神戸親和女子大学の評判について、卒業生の方にインタビューをしてきました。

結論から言うと、神戸親和女子大学は女優の藤原紀香さんの母校ということもありお嬢様大学として有名です。また、教員を目指せるプログラムが整っているので、将来教師になりたい方にはおすすめな大学です。

また、神戸親和女子大学のサークル情報や授業カリキュラムを詳しく知りたいかたはマイナビ進学というサイトで神戸親和女子大学の学校パンフレットを取り寄せて下さい。

奨学金情報をはじめとしたネット上にのっていない貴重な情報が沢山ありますよ。
なお、マイナビ進学を使えば神戸親和女子大学のパンフレットは完全無料で取り寄せることができます。

それでは、さっそく神戸親和女子大学の評判について見ていきましょう!
神戸親和女子大学のパンフレットを無料請求
今回インタビューをした方は神戸親和女子大学児童教育学部の卒業生です。

神戸親和女子大学の評判まとめ

神戸親和女子大学の偏差値

文学部
総合文化学科…偏差値35

発達教育学部
児童教育学科…偏差値40
心理学科…偏差値37.5
ジュニアスポーツ教育学科…偏差値37.5

神戸親和女子大学の学生の学力レベル

かなり振れ幅はありますが、各学校の上の下〜中の下ぐらいまでの人だと思います。

神戸親和女子大学の学力レベルを他の大学と比較すると、
神戸女子大学<神戸親和女子大学<武庫川女子大学<兵庫教育大学 といった印象。

神戸親和女子大学の世間からの評判

神戸では電車内や建物に「先生になるなら親和!」というポスターが結構たくさん張ってあります。それもあって、親和=先生になるという情報は浸透しているため、親和に通っているというとだいたい真面目だと思われます。

また、女優の藤原紀香さんが卒業生だということ、また私学で中高大と一貫校でもある為、お嬢様校と言われることも多々あります。基本的に周りに話をしても恥ずかしいということは無い学校だと思います。

私は企業に就職しましたが、卒業後に幼稚園・保育園・小学校・中学校へ教師として就職する率は80%以上の為、配置された先にも卒業生がたくさんおり、可愛がってくれるというのもメリットがあります。

大学の近隣にも学校が多いので、地域の行事へボランティアとして参加したり、大学側の企画でイベントを行い地元の小学生や子どもたち、父兄の方とのとの交流も多く、一般企業への就職も比較的優遇されているとの話を聞いたことがあります。

神戸親和女子大学の学生の様子

親和の卒業条件として「教員免許の取得」が必須になります。そのため、必然的に教師を目指す人が集まってくるので、まじめで積極的な人が多いです。行事ごとがあると基本的にすごく盛り上がりますし、妥協を許さないメンバーが多かったように思います。自主的にボランティア活動をしたり、地域行事に参加するメンバーも多く、そうでないメンバーも引き込まれていく感じがあります。

また、基本的に真面目な人が多いので、授業中も静かですし、寝ているのは運動部ぐらいなイメージです。主に幼稚園から小学校までの先生になりたい人が多く、授業のプログラムに先生役・生徒役に分かれて模擬授業を行ったりしますが、その際も全力で子ども役は子どもになりますし、先生も本気で怒ったりもします。なので基本的には楽しんで受けていることが多かったです。

神戸親和女子大学の就職先について

ほとんどは幼稚園・保育園・小学校の先生になる為に、就職活動は行わず教員採用試験の為に勉強します。しかし採用試験に新卒で受かる人は1割にも満たないのが現状です。受かった人は当たり前ですが公務員として教師となります。採用試験に落ちた人は臨時教員として働くのでこの人たちも就職活動はしないです。

企業就職を考えてる人は採用課で就職先を相談しますが、主には自分で探して受けるので就職先はバラバラです。地元の農協に就職する人もいましたし、飲食店の社員になった人、私は派遣会社へ就職しました。基本的にはあまり大手と言われる企業よりは中小企業へ就職する人が多いです。地元では就職が比較的しやすいので、大学のある神戸付近の就職が多いです。

神戸親和女子大学の良かったところ、悪かったところ

良かったところ

①児童教育学部に入って子どもの事を理論的に勉強することができた。将来的には自分も結婚して親になりたいので、子どものことが勉強できたのは良かったと思います。

②まじめで積極的な友達に出会えたこと。大人になってもばか話ができて、乗りのいいメンバーに出会えたことはすごく良かった。

③講師の先生方がとても熱心だということ。元々教員をされていた方ばかりなので、授業だけでなく進路や将来のことなどプライベートな相談も親身にのってくれました。

悪かったところ

①交通の便が悪いことです。三宮からスクールバスが出てますが、電車で行くと駅から20分ほど坂道を登り続けます。

②大学内の施設が乏しいです。コンビニは無く生協しかないです。

③進路変更後の就職先。先生になる人ばかりなので、過去のデータが少ないです。

神戸親和女子大学に4年間通ってみていかがでしたか?

親和に進学したことはとてもよかったと思っています。上記でも書いたように、子どものことが学べたし、良い仲間先生方に出会えたことは自分にとって財産になりました。将来の目標に「先生になる!」と強い思いをもった人ばかりだったので、教員にはなりませんでしたが、自分の将来をしっかり考えるきっかけや考え方を学ぶことができた、有意義な4年間を過ごすことができました。

過去に戻ってもし別の大学にはいるとするならば、共学に行きたいなとは思います。女子大だったので、ある意味、気を付かわずのびのびはできましたが、男性がいることでしかうまれない活気みたいなものもあるような気はしますし、学園祭などももっと盛り上がってたのかなと思うことはあります。

神戸親和女子大学の基本情報

神戸親和女子大学の住所と最寄駅

◇住所
〒651-1111
兵庫県神戸市北区鈴蘭台北町7-13-1

◇最寄駅
神戸電鉄「鈴蘭台」駅より徒歩約10分またはバス約3分
※スクールバスも運行
「三宮」より約20分・「三田」より約45分、「小野」より約50分

神戸親和女子大学の学費(4年間)

神戸親和女子大学の学費は以下の通りです(入学金含む)

発達教育学部(ジュニアスポーツ教育)…学費515万円
発達教育学部(児童教育、福祉臨床)…学費475万円
文学部…学費463万円
発達教育学部(心理)…学費463万円

奨学金情報や学費免除制度をはじめとした詳しい学費情報は、神戸親和女子大学の学校パンフレットでご確認下さい。

神戸親和女子大学のパンフレットを無料請求

今回のまとめ

いかがでしたでしょうか。
神戸親和女子大学は女優の藤原紀香さんの母校ということもありお嬢様大学として有名です。また、教員を目指せるプログラムが整っているので、将来教師になりたい方にはおすすめな大学です。

また、奨学金やサークル情報などといった詳しい事を知りたい方は、神戸親和女子大学の学校パンフレットをお取り寄せ下さい。

マイナビ進学というサイトを使えば完全無料で神戸親和女子大学の学校パンフレットを取り寄せる事ができます。

神戸親和女子大学のパンフレットを無料請求

コメントをかく

*