京都外国語大学の評判と偏差値【関関同立の滑り止めが多い】


こんにちは!
今回は京都外国語大学の評判について、卒業生の方にインタビューをしてきました。

結論から言うと、京都外国語大学は関関同立の滑り止めとして入学する学生が多いですが、関西圏ではそれなりの知名度を誇ります。

この記事以上に京都外国語大学の情報を詳しく知りたいかたはマイナビ進学というサイトで京都外国語大学の学校パンフレットを取り寄せて下さい。

奨学金情報をはじめとしたネット上にのっていない貴重な情報が沢山ありますよ。
なお、マイナビ進学を使えば京都外国語大学のパンフレットは無料で取り寄せることができます。

それでは、さっそく京都外国語大学の評判について見ていきましょう!
今回インタビューをした方は京都外国語大学外国語学部英米語学科の卒業生です。

京都外国語大学の評判まとめ

京都外国語大学の偏差値

◇外国語学部
英米語学科…偏差値47.5
スペイン語学科…偏差値45
フランス語学科…偏差値45
ドイツ語学科…偏差値45
ブラジルポルトガル語学科…偏差値45
中国語学科…偏差値47.5
日本語学科…偏差値45
イタリア語学科…偏差値45

◇国際貢献学部
グローバルスタディーズ学科…偏差値47.5
グローバル観光学科…偏差値47.5

京都外国語大学の学生の学力レベル

関関同立の滑り止めで受けている学生が多い印象

京都外国語大学の学力レベルを他の大学と比較すると、
産近甲龍<京都外国語大学<関西外国語大学 といった印象。

京都外国語大学の世間からの評判

関西圏ではだいたい通じるブランド力。しかし関東圏ではありそうな名前という事で認識はしてもらえるものの、実態を知る人は少ないと思います。

同じ外国語大学で大阪にある関西外国語大学とよく比較されます。実際に関西外国語大学と併願で受けている人は沢山いました。そして京都外国語大学に入学した生徒のほとんどは関西外国語大学落ちです。 学部によって偏差値にばらつきがある為、人によってはバカにする人もいるし尊敬する人もいます。

京都には京都大学をはじめとした有名大学がいくつかあるため、学歴としては少し肩身が狭いです。 大学名を名乗ると必ずといっていい程外国語ぺらぺらと決めつけられますが、大半は一般大学生並の語学力しか持ち合わせていません。その一方で帰国子女や留学経験ありの生徒も一定数おりレベルの高い一面もあります。 外国語というイメージのせいか、お金持ちや女子生徒が多いという事をよく言われますがあながち間違っていないと思います。

京都外国語大学の学生の様子

10%は優秀で意識が高く、その他はただ単位の為だけに通っているように感じます。 選択する授業によって生徒の質は大きく違い、大人数の簡単に単位の取れる授業では動物園状態です。 一方で少人数の専門的な授業は、本当にその分野を学びたい生徒が集まり、授業としての質はとても高いです。 実家が裕福でアルバイトをする必要のない学生もたくさんいます。 海外志向の強い学生が多く、服装や仕草からも垣間みえます。 基本的には真面目な生徒が多く、派手な学生は入学式以降どんどん見なくなります。

また、単位を簡単にとれる授業はだいたい履修登録者数が多いです。そういった授業では常に騒音がします。 1番ひどい授業では授業中にトランプをする学生がいました。 少人数のクラスは熱心に取り組む生徒が多く、中途半端に入ってきた生徒は耐えられず途中で姿を消します。 教授が外国人の場合は積極的に授業に参加することが求められ、発言などが評価基準になります。

京都外国語大学の就職先について

就職実績を見る限り、偏りがあるように思えます。

最も人気なのは航空系で毎年多くのCA志望の女子生徒がいます。しかしその中でも内定が出るのは数名のみで落ちた学生は旅行関係かホテル関係に就職します。またウェディング業界への就職実績も多くあり、ホスピタリティ業界が人気であると思います。 外国語大学ですが、外資系に内定するような生徒はほぼいません。

過去の就職実績をいる限り、一年に一人業界のトップティアに内定する程度です。しかし世界的にも有名な企業への内定者も居ることからごく稀に例外もいるようです。 もう一つの特徴は、地元に帰り実家を継ぐ学生が多いことです。親が社長といった生徒が多いため、就職はせず家業を継ぐ生徒が多いのも特徴です。

京都外国語大学の良かったところ、悪かったところ

良かったところ

①小規模な大学のため、教授の対応が細やかでした。わからない事はその場で質問できるし、授業後も時間を取って対応してくれました。

②海外への意識が高まる。帰国子女や留学経験者が多いため、自分も負けていられないという気持ちになります。

③教授の質が高い。外部などから凄い人を招いています。その分野で権威のある方に授業をしてもらえるので、本気で学びたい学生にはとても良い環境があります。

悪かったところ

①学歴が低い。世間一般では低学歴とみなされるので就職活動では不利です。学歴フィルターに引っかかることもあります。

②留学制度が不十分。外国語大学なので留学制度が整っていると思いきや、そんなに良くはありません。海外の提携校には有名大学はありません。また休学する場合はしっかりと在籍料を取られます。

③学生の意識が低い。ごく稀に意識の高い生徒もいますが、基本的には低いです。授業も遊びも適当にこなす程度なのでぬるま湯にいる気分でした。

京都外国語大学に4年間通ってみていかがでしたか?

この大学に通って良かったと思う点は、海外留学の後押しになった事です。

私は入学時には海外留学に行く予定はありませんでした。しかし、適当に過ごす学生達の中にいる事に嫌気が差したのと、出会った帰国子女たちに触発された事で海外留学を決意しました。帰国後は以前と違った物の見方ができるようになり、意欲的に残りの学生生活を過ごす事が出来ました。周囲を見渡し、ただぼーっと学生生活を送っている学生を見ると、行動を起こし大きな変化を遂げられて良かったと思います。

そのためこの大学の環境には感謝しています。 一方で違う大学に行けばよかったという後悔もあります。やはり学歴は社会の中では一つの判断材料なのでもっと上を目指すべきでした。大学名だけでチャンスを逃す事は実際多くあるので、その点では後悔しています。

今回のまとめ

いかがでしたでしょうか。
京都外国語大学は関関同立の滑り止めとして入学する学生が多いですが、関西圏ではそれなりの知名度を誇ります。

この記事以上に京都外国語大学について詳しく知りたいという方は、京都外国語大学の学校パンフレットを是非お取り寄せ下さい。

マイナビ進学というサイトを使えば完全無料で京都外国語大学の学校パンフレットを取り寄せる事ができます。

マイナビ進学で京都外国語大学のパンフレットを無料請求

コメントをかく

*