大阪芸術大学の評判について【ヤバイTシャツ屋さんの母校です!】


こんにちは!
今回は大阪芸術大学の評判について、卒業生の方にインタビューをしてきました。

結論から言うと、大阪芸術大学には専門分野に特化した優秀な学生が多く、芸能界に数多くの卒業生を排出しています。人気バンド、ヤバイTシャツ屋さんのメンバー3人の母校でもありますね。

この記事以上に大阪芸術大学の情報を詳しく知りたいかたはマイナビ進学というサイトで大阪芸術大学の学校パンフレットを取り寄せて下さい。

奨学金情報をはじめとしたネット上にのっていない貴重な情報が沢山ありますよ。
なお、マイナビ進学を使えば大阪芸術大学のパンフレットは無料で取り寄せることができます。

それでは、さっそく大阪芸術大学の評判について見ていきましょう!
今回インタビューをした方は大阪芸術大学文学部の卒業生です。

大阪芸術大学の評判まとめ

大阪芸術大学の学生の学力レベル

あまり全体的に学力は高く無かったと思います。専門分野に力を入れている学生が多かったです。

大阪芸術大学の学力レベルを他の大学と比較すると、
精華大学<大阪芸術大学<京都造形芸術大学 といった印象。

大阪芸術大学の世間からの評判

私の大学でグラフィックデザインを学んだ方や、放送学科、建築学科、舞台芸術学科など卒業後、プロとして働いてる人がいます。実際に、大阪芸術大学出身だと伝えると、周りからは凄い!といつも褒められていました。

ですが、大学近辺の方や大阪の方はあまり頭の良い大学ではなく、一風変わった人たちがいる大学でしょう?と笑われたりしました。実際にも竹中直人や庵野監督、イラストレーターの中村さんなどかなりの大物俳優や監督などを排出しています。あと、取材なども多く、芸人さんなどが遊びに来たり、大物建築学科などが講演にきて、大学まで講演聞きに行ったよ!と連絡があったりしました。

学祭もコスプレのクオリティが高く、他大学の友達や知り合いもよく学祭に遊びに来ていました。バイト先のオーナーにも、大阪芸術大学の子は皆、元気で心が綺麗だと褒められたこともあります。全体の成績について、やはりあまり頭が良いとは思われていないのは確かでした。

大阪芸術大学の学生の様子

マニアックな人が多く、真面目だけど不真面目な性格が多かったです。それぞれ夢や目標があるので、共に目標に向かって目指す気持ちは前向きに考えられたと思います。実習や他の科目の授業はサボっていたり、遅刻している生徒が多かったです。課題などで遅くまで実習室にこもって、真面目に時には遊びながら課題に取り組みました。

また、単位を落としては留年してしまう授業は出席率が高かったです。実習は様々なデザインについて学び、実践できたので、周りの友達も楽しみながら授業に打ち込んでいました。隔週の授業や、出席がない授業など楽して、単位を取ろうと考えている生徒が多かったです。出入りも自由なので、出席をとる時間になったら教室に入ってきたり、出席カードを貯めていて、遅刻してもそのカードに名前を書いて出席をとっていました、

大阪芸術大学の就職先について

私のようなグラフィックデザインコースでは、デザイナーやWebデザイン、広告代理店など大半の友達はデザイン関係の会社に就職しました。

舞台芸術学科では、ホール運営の音響だったり、役者、俳優など、放送学科では、テレビアナウンサーやテレビ編集者など、プロダクトデザインコースは、大手メーカーのデザイナー、独立したフリーランスデザイナー、建築学科なら建築士やハウスメーカーでの設計士など、キャラクター造形学科はイラストレーターだったり、漫画家の卵として奮闘してたりしています。大半は自分の学科のスキルを生かした就職先にいっていました。途中で、自分には向いていないかなと感じた人は全く違う職種、例えば看護師や事務員、会計士などもいました。

大阪芸術大学の良かったところ、悪かったところ

良かったところ

①自分の学びたい分野やスキルアップ、そしてデザイナーとして企画運営、広報、ポスターやフライヤーデザインなどを学生同士で行い、一つのイベントを成功させたことです。

②同じ夢や考えを持った友達と沢山出会えたことです。やはり同じ趣味や志しを持っている仲間は、考え方が似ていたり、一緒にいて居心地が良かったりしたことです。

③実習以外にもサークルに属して、他の学科の友達が沢山できたことです。自分のコース以外の知識や話題など沢山教えてくれたので、楽しかったです。

悪かったところ

①学費が全体的に高いところです。

②大学の周りがとても田舎なので遊びに行くのも電車で30分ぐらいかかったので不便でした。

③学食が高くて美味しくなかったことです。

大阪芸術大学に4年間通ってみていかがでしたか?

まず第一に良かったと思う理由は、学びたいことをトコトン掘り下げて、スキルアップ出来たことです。

そして、大切な仲間が沢山できたことです。私は県外からこの大学を受けたので、一人暮らしでしたが毎日友達とたわいも無い会話で盛り上がって本当に楽しい四年間でした。そして、高校卒業してすぐ就職している人よりも、4年分自由で自分自身と向き合えるゆとりのある時間が沢山あることです。

親に大変感謝しています。学びも大事ですが、遊びや色々な挑戦は時間がないと出来ないことも多いです。この4年間の時間があって本当に良かったです。そして、今現にデザイナーとして働いて、生活できていることに繋がったことです。高校の頃からの漠然とした夢が叶い、毎日自分の好きな仕事をしていて誇りに思います。

今回のまとめ

いかがでしたでしょうか。
大阪芸術大学には専門分野に特化した優秀な学生が多く、芸能界に数多くの卒業生を排出しています。

この記事以上に大阪芸術大学について詳しく知りたいという方は、大阪芸術大学の学校パンフレットを是非お取り寄せ下さい。

マイナビ進学というサイトを使えば完全無料で大阪芸術大学の学校パンフレットを取り寄せる事ができます。

マイナビ進学で大阪芸術大学のパンフレットを無料請求

コメントをかく

*