共立女子大学の評判と偏差値【少々遊んでいる印象のお嬢様大学】


こんにちは!
今回は共立女子大学の評判について、卒業生の方にインタビューをしてきました。

結論から言うと、共立女子大学は日本女子大学などの他の女子大と比べるとやや遊んでいるイメージがを持たれますが、お嬢様大学として世間からの評判は十分良いです。

この記事以上に共立女子大学の情報を詳しく知りたいかたはマイナビ進学というサイトで共立女子大学の学校パンフレットを取り寄せて下さい。

奨学金情報をはじめとしたネット上にのっていない貴重な情報が沢山ありますよ。
なお、マイナビ進学を使えば共立女子大学のパンフレットは無料で取り寄せることができます。

それでは、さっそく共立女子大学の評判について見ていきましょう!

共立女子大学の評判まとめ

共立女子大学の偏差値

◇家政学部
被服学科…偏差値45
食物-食物学…偏差値47.5
食物-管理栄養士…偏差値52.5
建築・デザイン学科…偏差値50
児童学科…偏差値47.5

◇文芸学部
文芸学科…偏差値45

◇国際学部
国際学科…偏差値47.5

◇看護学部
看護学科…偏差値42.5

共立女子大学の学生の学力レベル

MARCHや日東駒専に落ちた人が多かったです。また、付属の中高から進学してくる学生もいました。

共立女子大学の学力レベルを他の大学と比較すると、
和洋女子大学<共立女子大学<日本女子大学 といった印象。



共立女子大学の世間からの評判

そもそも、女子大というだけで周りの評判はいいです。しかし、日本女子大学、東京女子大学と比べると少し遊んでいるイメージがつきやすいです。

インカレサークルの勧誘も多く、はしゃいでる子が多いイメージも、持たれています。偏差値自体はさほど高くないですが、140年と歴史の長い大学であるため、企業からはよく知られています。昔のイメージからも良妻賢母系のイメージも持たれていました。年配の方からは、歴史の浅い国立よりも共立女子の方が評判がいいです。

ただ、地方出身者、大学に行ってない若者からはあまり知られておらず、少しバカにされたこともありました。家政学部の栄養、国際学部などは、偏差値が高く、それに便乗することも出来ました。キャンパスが神田にありますが、周りには明治大学や中央大学など優秀な学生がとても多くバカにされてしまいます。地方の大学に通っている友人からは、好立地というだけで羨ましがられました。空き時間や放課後に遊べるのは、大学生活を充実させる上で重要です。

共立女子大学の学生の様子

学部によって学生の意欲、雰囲気は異なります。家政学部の栄養関係の学生は、栄養士の資格取得のために、必死に勉強しており授業も手を抜けないです。国際学部も同様です。文芸学部は、出席をしていれば単位を得られるような授業も多く、研究自体も容易なためゆるい学生が多いです。文芸学部でも、真面目に授業に取り組む学生もいるため、授業中は静かです。不真面目な学生は、学生証にて出席登録後、逃げるかスマホをいじっている学生が多いです。

また、授業自体は静かであることが多いです。授業がつまんなくて、ほかのことをしていてもいいが私語を慎み周りに迷惑をかけるなというスタンスの先生が多いです。騒がしくしたり、派手な学生も先生に注意されたら素直に従っているため、反抗したり感じの悪い学生はいないです。全ての授業で学生証をカードリーダーにかざすことによる、出席確認があります。参加者母数の多い授業では登録して帰ってしまう人が3割ほどいました。

共立女子大学の就職先について

国際学部や文芸学部の外国語を専攻している学生で、毎年数人、航空会社の客室乗務員になる人がいます。また、大手企業の総合職も毎年数人です。

資格を得られる家政学部の栄養関係を専攻している学生でも、金融や営業など全く別の道に進む学生もいます。児童学科の学生は、ほとんど保育士。看護学部の学生は、ほとんど看護師になっています。文芸学部は、職種も職業も様々です。国家資格を得られないため、大学で学んだことを生かせないことが残念です。

就職進路課は大手企業やメガバンクの内定実績を売りにしていますが、銀行の一般職はAIの普及などから、仕事内容が減っていくため、今後どうなるか不安です。早慶やMARCHのように、学歴だけで自分をアピールすることは難しいです。ただ、大手企業に就職する人も多いので、本人次第であるように感じます。

共立女子大学の良かったところ、悪かったところ

良かったところ

①立地が良いところ。神田にあり、大学生が遊ぶような渋谷、原宿ほかにも、スカイツリーや日比谷、銀座などのデートスポットまで20分以内で行けます。放課後はもちろん、授業の空き時間も有効的に活用ができとても楽しかったです。

②多彩な内容の授業が受けられることです。学部内でコースをまたがって授業を受けることはもちろん、学部開放授業というのがあり、文芸学部の学生が国際学部の授業、国際学部の学生が文芸学部の授業など様々授業を受けました。

③出席していればなんとかなる。文芸学部に限りますが、 どんなにテストの点が悪くても、授業の出席率が高かったら、大目に見てもらえることが多いです。全体的にレベルは低いので留年者を出したくないのかと思いました。

悪かったところ

①研究を頑張りたい人にとっては、少し、物足りないかもしれません。

②教授によって、評価方法が異なるのでよくシラバスや先輩からの情報を得ておくべきだと思います。

③キャンパスがビル3棟のみなので、大学のキャンパスという印象はわきませんでした。

共立女子大学に4年間通ってみていかがでしたか?

良かったと思います。大学は人生の夏休みというふうによく聞きますが、本当に人生の夏休みでした。

レポートや宿題に追われることがない、学生生活であったため、好立地や学生定期を生かして様々な友人遊んだり、様々な体験をしました。演劇や映画で学割チケットを使えたこと、平日の閑散時間にショッピングができたことは学生の特権です。勉強の内容は、正直あまり、覚えていませんし、現在、役に立っていることは、あまりないのです。

しかし、比較分析力やコミュニケーション能力など、その力自体をつける授業ではないが、実習などで自然と身に付いた人間力は非常に重要でした。この大学ならではの良さと言ったら、文芸学部の様々な授業でした。あまり、興味のない事柄にも目を向けられ、貴重な経験でした。



今回のまとめ

いかがでしたでしょうか。
共立女子大学は日本女子大学などの他の女子大と比べるとやや遊んでいるイメージがを持たれますが、お嬢様大学として世間からの評判は十分良いです。

この記事以上に共立女子大学について詳しく知りたいという方は、共立女子大学の学校パンフレットを是非お取り寄せ下さい。

マイナビ進学というサイトを使えば完全無料で共立女子大学の学校パンフレットを取り寄せる事ができます。

マイナビ進学で共立女子大学のパンフレットを無料請求

コメントをかく

*
*
* (公開されません)