目白大学の評判と偏差値【日東駒専の滑り止めといったランク】


こんにちは!
今回は目白大学の評判について、卒業生の方にインタビューをしてきました。

結論から言うと、目白大学のランクは日東駒専の滑り止めといったところですが、キャンパスが新宿にあるので自由な学生生活を送ることができます。

この記事以上に目白大学の情報を詳しく知りたいかたはマイナビ進学というサイトで目白大学の学校パンフレットを取り寄せて下さい。

奨学金情報をはじめとしたネット上にのっていない貴重な情報が沢山ありますよ。
なお、マイナビ進学を使えば目白大学のパンフレットは無料で取り寄せることができます。

それでは、さっそく目白大学の評判について見ていきましょう!
今回インタビューをした方は目白大学人間学部の卒業生です。

目白大学の評判まとめ

目白大学の偏差値

◇人間学部
心理カウンセリング学科…偏差値40
人間福祉学科…偏差値37.5
子ども学科…偏差値37.5
児童教育学科…偏差値40

◇社会学部
社会情報学科…偏差値42.5
地域社会学科…偏差値40

◇メディア学部
メディア学科…偏差値37.5

◇経営学部
経営学科…偏差値42.5

◇外国語学部
英米語学科…偏差値37.5
中国語学科…偏差値35
韓国語学科…偏差値45
日本語・日本語教育学科…偏差値42.5

◇保健医療学部
理学療法学科…偏差値40
作業療法学科…偏差値35
言語聴覚学科…偏差値37.5

◇看護学部
看護学科…偏差値40

目白大学の学生の学力レベル

正直三流大学で、元々女子大学を共学し始めて歴史も浅く、偏差値は下の中くらいの学生ばかりでした。

目白大学の学力レベルを他の大学と比較すると、
東京家政大学<目白大学<関東学院大学 といった印象。



目白大学の世間からの評判

元々女子大だった学校を共学に変えて、歴史も浅いし、日東駒専あたりから漏れた滑り止めにきた学生たちのあつまりだと聞いたことがあります。

私はそもそも編入学生なので、三年生からの入学でしたが、同じ編入学試験に来ていた学生の話をしている声が聞こえてきました。実際に、目標が確立していたので、私はそれを聞いて何を思うこともありませんでしたが、評判がよいというのは聞いたことがありません。それに、学校の校門前には、頻繁に女子学生に声をかける不良がいたりと、学校のランクが落ちるようなエピソードも目の当たりにしました。

大学ランキングや口コミでも、目白大学は学力でいい話はありませんでしたし、何か取り柄があるかというと、とくに校風も変わっておらずというのが、逆に引証に残っています。また、香椎由宇が在校していたという話もあり、彼女自身、よくたばこを校内でふかしていたようで、そういったような噺しかないのも何か残念に感じました。

目白大学の学生の様子

授業は単位がとれればよいという学生は多かったです。いわゆる、出席のためにタイムカードのみをかざして、帰宅する生徒は実際に見受けられました。また、サークル活動もあまり活発ではなく、新宿という土地柄、アルバイトをしている学生は非常に多いように感じました。あとは、遅刻する生徒も頻繁にいたのが気になりました。

また、大講堂では、基本的に半分から後の生徒は授業を受ける気がありません。講義中も携帯をいじったり、友達と話をしたり、何をしに来ているのかわからないような生徒ばかりでした。授業開始直前には、タイムカードをかざして逃げる学生や、携帯電話で授業を撮影をしたまま寝てしまっている学生も多くいましたのは今でも覚えています。

目白大学の就職先について

私の属していた人間学部は、介護福祉士や社会福祉士を養成する学部でしたが、実習にいったあとは、福祉業界ではなく一般企業を目指す学生が多かったです。

実際に、私のゼミの学生は全部で10人いましたが、5人は一般企業へ就職しました。ただ、ゼミ仲間の知る限りでは、一般企業といっても聞いたことがない企業ばかりでしたから、大学のレベルが就職先にも反映されているようでした。福祉業界にすすんだ学生は、老人ホームや老人ホーム紹介業者、病院など様々でした。

また、就職が決まらない学生も少なくなく、ゼミの学生の一人は、結局就職せずに、アルバイトをして今後も就活をしていくと話をしていました。学力とどこまで関係があるかわかりませんが、周りで有名企業に就職した話は聞いていません。

目白大学の良かったところ、悪かったところ

良かったところ

①立地がいいところにあるため、アルバイトや買い物など、非常に便利でした。それだけに、校内にとどまって勉強したりする学生は少なかったです。私は良かったですが、学校側からすると複雑だったかもしれません。

②自宅から通いやすかったところです。これも新宿という立地のおかげです。

③テストや授業をがゆるいこと。出席確認も緩く、最低限の勉強をしていれば卒業はできていました。

悪かったところ

①卒業生の柄が悪く、校内や校門近くでいつもたむろしていました。

②ゼミ指導などは教師によってムラが強すぎていました。完成度合いも全く異なり、講師次第で学生への指導も全く別物でした。

③駅から坂道が多かったです。夏場はかなりきつかった記憶があります。

目白大学に4年間通ってみていかがでしたか?

この大学でよかったと思います。なぜなら、私は社会福祉士を取得するために編入してきました。人間学部自体は、きちんと福祉学生の養成の目的が明確で、私が求めていた実習や指導は受けることができました。

もちろん、他の学生の評判はよくありませんが、そのなかでも目的をもった生徒も多くいましたから、在校していた二年間は非常に充実していました。それに、福祉業界へすすまなかった生徒の気持ちなどもとてもよくわかったため、どういった気持ちで福祉業界の方々が職務についているのかも、客観的に理解ができました。この大学だからこそ学べたこともあると思うので、理想的な大学ではありませんでしたが、後悔は1つもありませんし、いまある自分もそのお陰だと信じています。



今回のまとめ

いかがでしたでしょうか。
目白大学のランクは日東駒専の滑り止めといったところですが、キャンパスが新宿にあるので自由な学生生活を送ることができます。

この記事以上に目白大学について詳しく知りたいという方は、目白大学の学校パンフレットを是非お取り寄せ下さい。

マイナビ進学というサイトを使えば完全無料で目白大学の学校パンフレットを取り寄せる事ができます。

マイナビ進学で目白大学のパンフレットを無料請求

コメントをかく

*