神戸学院大学の評判と偏差値【ネットではfランと揶揄されているが…】


こんにちは!
今回は神戸学院大学の評判について、卒業生の方にインタビューをしてきました。

結論から言うと、神戸学院大学はネット上ではfランク大学と揶揄されていますが、実際は関関同立の滑り止めとして入学する学生が多いようです。

この記事以上に神戸学院大学の情報を詳しく知りたいかたはマイナビ進学というサイトで神戸学院大学の学校パンフレットを取り寄せて下さい。

奨学金情報をはじめとしたネット上にのっていない貴重な情報が沢山ありますよ。
なお、マイナビ進学を使えば神戸学院大学のパンフレットは無料で取り寄せることができます。

それでは、さっそく神戸学院大学の評判について見ていきましょう!
今回インタビューをした方は神戸学院大学法学部の卒業生です。

神戸学院大学の評判まとめ

神戸学院大学の偏差値

◇法学部
法律学科…偏差値42.5

◇経済学部
経済学科…偏差値40

◇経営学部
経営学科…偏差値42.5

◇人文学部
人文学科…偏差値40

◇心理学部
心理学科…偏差値47.5

◇現代社会学部
現代社会学科…偏差値45
社会防災学科…偏差値37.5

◇グローバル・コミュニケーション学部
英語…偏差値40
中国語…偏差値40

◇総合リハビリテーション学部
社会リハビリテーション学科…偏差値35

◇薬学部
薬学科…偏差値42.5

神戸学院大学の学生の学力レベル

関関同立が本命校だったが不合格で、滑り止めとしてこの大学に合格していた生徒が多かったです。

神戸学院大学の学力レベルを他の大学と比較すると、
桃山学院大学<神戸学院大学<京都産業大学 といった印象。



神戸学院大学の世間からの評判

神戸学院大学の学生ですとバイト先のお客様に言ったら、高い金を出して通うような大学ではないと馬鹿にされました。確かに、偏差値50以下の学部ばかりだったので、大学自体のブランド価値はなかったと思います。

しかし、大学近辺の治安も良かったですし、神戸学院大学の学生はバイトを頑張ってくれる子が多いとよく聞きました。大学のキャンパス周辺には、スーパーや飲食店がたくさんあり、地元の方に話を聞くと、学生が多いおかげで田舎だったこの街にお店がたくさんできたと感謝している方もいました。また、電車に大学の広告が貼りだされていることから、地元の方の知名度は高かったと思います。

ただし、他県の人からは、神戸大学と名前が似ているからか優秀な大学と勘違いされることもありました。大学自体の学力レベルは低いため、その点は馬鹿にされることもありましたが、神戸学院大学の生徒であるからと言ってやっかみを受けることもなく、平穏に学生生活を送ることができました。

神戸学院大学の学生の様子

勉強は二の次で講義をサボったり、大学近くのパチンコ店に遊びに行く学生もいました。しかし、勉強とバイトのメリハリをきちんとつけている学生も多く、勉強熱心な学生も少数派ですがいました。無気力な学生は少なく、程よく都会の立地だったので何かに熱中している学生が多かったです。サークル活動も盛んに行われ、大学祭は盛り上がりました。

また、講義室の後方では、私語やスマホいじりは当たり前でした。前方でまじめに講義を受ける生徒との差が激しかったです。しかし、私語を注意してくれる教授の講義や必修科目の講義はみんな静かに受けていました。出席を取らない講義は、数人しか生徒が来ない日もありました。試験間近になると、一気に学生が増えるので、驚くことも多々ありました。

神戸学院大学の就職先について

公務員試験講座が講義にあったので、警察官や消防士など公務員を目指す学生も多かったです。地元の中小企業のインターンシップも多く募集がありましたし、大学に県外からの進学者が一定数いたことから、中四国の企業に採用されている学生もいました。

大手企業に就職する学生は、数えるぐらいしかいなかったです。そういった学生は、そもそもなぜこの大学に通っているのかと疑問に思うほどもともと優秀な人たちでした。大学の偏差値は低いですが、優秀な学生であれば、大学名関係なく採用されているようでした。

また、薬学部の学生は内定を貰えていました。他の学部の学生は、内定が貰えないまま卒業になる学生もいて、フリーターや非正規雇用で働くと決めて卒業していく学生も何人かいました。

神戸学院大学の良かったところ、悪かったところ

良かったところ

①大学のキャンパスがきれいなところです。明石市にある有瀬キャンパスも昔からある割には清潔感があり、神戸市にあるポートアイランドキャンパスはレンガ造りで、大学からは神戸の港の景色が見えます。

②教授のレベルが高いところ。偏差値が50切るにも関わらず、講義の内容は濃かったです。

③就職サポートがしっかりしていたところ。大学三年生になると、キャリアサポートという就職支援室のセミナーが多数開催され、就職相談にものってくれました。

悪かったところ

①電車とバスを乗り継がないと通学できない学生も多い立地でした。

②強い意志がないと勉強がおろそかになるところ。勉強しない学生もいたので、そちらに引っ張られそうになることもありました。

③大学名を言うと馬鹿にされることもあったところ。

神戸学院大学に4年間通ってみていかがでしたか?

良かったと思います。幸い、友人にも恵まれ、大学の偏差値関係なく勉強に集中することができました。ゼミの教授もレベルが高く、他大学との合同講義を行ってくれたりと刺激になることも多かったです。

文系の学部だったのでがつがつ勉強しすぎず、遊びと勉強のメリハリをつけることができて、充実した4年間でした。大学周辺には、日常生活に不便ない店が揃っていますし、バスと電車を乗り継げばすぐに繁華街にも行けました。

大学名に負けることなく、手堅い就職サポートもしてくれる大学だったので、見事に行きたい企業にも内定を貰えました。ただし、どの大学にも言えますが、大学という環境は自主性を求められます。きちんと行動を起こす学生にとってはこの上ない快適な環境でした。



今回のまとめ

いかがでしたでしょうか。
神戸学院大学はネット上ではfランク大学と揶揄されていますが、実際は関関同立の滑り止めとして入学する学生が多いようです。

この記事以上に神戸学院大学について詳しく知りたいという方は、神戸学院大学の学校パンフレットを是非お取り寄せ下さい。

マイナビ進学というサイトを使えば完全無料で神戸学院大学の学校パンフレットを取り寄せる事ができます。

マイナビ進学で神戸学院大学のパンフレットを無料請求

コメントをかく

*