日本工業大学の評判と偏差値【fランと言われているが工学には強い】


こんにちは!
今回は日本工業大学の評判について、卒業生の方にインタビューをしてきました。

結論から言うと、日本工業大学はネット上ではfラン大学と言われてはいますが、工学に特化しているため、機械工学などを勉強したい方にはとても良い大学だと思います。

この記事以上に日本工業大学の情報を詳しく知りたいかたはマイナビ進学というサイトで日本工業大学の学校パンフレットを取り寄せて下さい。

奨学金情報をはじめとしたネット上にのっていない貴重な情報が沢山ありますよ。
なお、マイナビ進学を使えば日本工業大学のパンフレットは無料で取り寄せることができます。

それでは、さっそく日本工業大学の評判について見ていきましょう!
日本工業大学のパンフレットを無料請求
今回インタビューをした方は日本工業大学先進工学部の卒業生です。

日本工業大学の評判まとめ

日本工業大学の偏差値

◇基幹工学部
機械工学科…偏差値37.5
電気電子通信工学科…偏差値35
応用化学科…偏差値37.5

◇先進工学部
ロボティクス学科…偏差値37.5
情報メディア工学科…偏差値35

◇建築学部
建築…偏差値37.5
生活環境デザイン…偏差値37.5

日本工業大学の学生の学力レベル

工業高校の卒業生が多かったです。

日本工業大学の学力レベルを他の大学と比較すると、
文京大学<日本工業大学 といった印象。

日本工業大学の世間からの評判

機械工学を学ぶために選んだ学校でしたが、第一希望の東京工学を断念し、入学を決めました。偏差値でいうとコンプレックスはありますが、考えないようには努めていました。

両親の学歴も世間では高い評価を得ているわけではありませんでしたので、愚痴や反対、不満の声は聞いていません。その点ではとてもありがたいとは感じています。ただ周囲の人間に日本工業大学進学と言っても、工業大学というポイントに反応されるだけで大学名、偏差値においては関心は持たれていません。

学校自体の風紀の評判もさほど世間に周知されておらず、よくも悪くも評価を得たことは少なかったです。工業という分野自体の地味さがあるので仕方ないかというところでした。両親、親戚は進学よりも就職と就職先の生活の方へすでに考えているようでした。工業高校出身だったので友達からの理解はありました。その点は決して孤独ではありませんでしたので、卒業まで過ごしやすかったです。

日本工業大学の学生の様子

多くの進学者は工業系高校から来ていました。学生のノリは普通から地味系まで色々でした。授業風景は真面目に受けている学生が多く、学生の意欲もそこそこありました。友人の中にはアルバイトばかりして学校に来ない人もいれば、家が商売をしていてお金持ちだからと言う理由から、アルバイトはしないという人までいました。

また、授業中はいたって真面目で意欲も高く、授業妨害を受けることもありませんでした。先生との距離感もちょうどよく、いい学校だと思います。工業系でもさらに専門的に学べる分野が明確に分かれている点が良いかと思います。その分、友人の中にはやめていく人もいましたが、誰も周囲はとめることなく見送りました。学生のタイプは真面目な人が多かったです。

日本工業大学の就職先について

大学からの就職は中小企業、小規模企業への就職率が多い様子でした。大企業への就職はほとんどないのではないでしょうか。友人の中には実家に就職するという人も見受けられ、羨ましいなとも思いました。

就職活動は、めちゃくちゃハードというわけではなく、文系よりも行いやすいという点はあると感じました。一方で、専門分野ゆえに方向転換が就活では難しいということが多く、文系の選択肢よりも幅は狭いという認識はありました。

活動期間も四年大学の文系よりも短いと思います。活動が終われば、普通に遊んだりする学生が多く、中にはたびに出たりしている学生もいました。全体的にキリキリした校風ではないので、校風が合うと過ごしやすい学生生活になります。

日本工業大学の良かったところ、悪かったところ

良かったところ

①工業高校卒の学生が多くて友人が作りやすかったこと。話しかけやすいこと。

②校風がさほどキリキリしておらず、授業や課題もきつくはないのでアルバイトの掛け持ちができたり、自分のペースで学業できるところ

③立地が田舎にあるのですが、自分には合っていたこと。

悪かったところ

①飲食店が周囲に少ない、遊べる場所がないこと

②世間体はあまり良くないこと、聞き映えする大学名でもないのでバイト先では相手にされないこと

日本工業大学に4年間通ってみていかがでしたか?

進学して良かったと思います。大学で国際規格のISO 14001を取得されていること。 学内には博物館もあり、興味深い大学でした。在学中に友人と他大学の工学部へも偵察に伺いましたが、授業も忍びこんだりして聞いたりしましたが、雰囲気も授業も日本工業大学の方が自分には利用しやすかったです。

この大学は、教員の輩出数も多くて知られているので、一時目指そうかとも考えたことがありました。すごく田舎の土地にある大学ですが、みんな真面目にそこまで通っていました。卒業してみると良い大学だと思いますし、学生時代は充実していました。学業とバイトや遊び、他の勉強の両立も可能だとおもいます。

日本工業大学の基本情報

日本工業大学の住所と最寄駅

◇住所
〒345-8501
埼玉県南埼玉郡宮代町学園台4-1

◇最寄駅
東武スカイツリーライン(伊勢崎線)、東京メトロ半蔵門線・日比谷線「東武動物公園駅」西口より徒歩14分、スクールバス5分。

日本工業大学の学費(4年間)

日本工業大学の学費は以下の通りです(入学金含む)

基幹工学部…学費578万円
先進工学部…学費578万円
建築学部…学費578万円

奨学金情報や学費免除制度をはじめとした詳しい学費情報は、日本工業大学の学校パンフレットでご確認下さい。

日本工業大学のパンフレットを無料請求

今回のまとめ

いかがでしたでしょうか。
日本工業大学はネット上ではfラン大学と言われてはいますが、工学に特化しているため、機械工学などを勉強したい方にはとても良い大学だと思います。

この記事以上に日本工業大学について詳しく知りたいという方は、日本工業大学の学校パンフレットを是非お取り寄せ下さい。

マイナビ進学というサイトを使えば完全無料で日本工業大学の学校パンフレットを取り寄せる事ができます。

日本工業大学のパンフレットを無料請求

コメントをかく

*