東京女子大学の評判と偏差値【レベルは日東駒専とMARCHの間ほど】


こんにちは!
今回は東京女子大学の評判について、卒業生の方にインタビューをしてきました。

結論から言うと、東京女子大学は知名度もありますが、学力ランクも高くちょうど日東駒専とMARCHの間くらいです。

この記事以上に東京女子大学の情報を詳しく知りたいかたはマイナビ進学というサイトで東京女子大学の学校パンフレットを取り寄せて下さい。

奨学金情報をはじめとしたネット上にのっていない貴重な情報が沢山ありますよ。
なお、マイナビ進学を使えば東京女子大学のパンフレットは無料で取り寄せることができます。

それでは、さっそく東京女子大学の評判について見ていきましょう!
今回インタビューをした方は東京女子大学人文学部の卒業生です。

東京女子大学の評判まとめ

東京女子大学の偏差値

◇現代教養学部
国際英語学科…偏差値55
人文-哲学…偏差値55
人文-日本文学…偏差値55
人文-歴史文化…偏差値55
国際-国際関係…偏差値52.5
国際-経済学…偏差値52.5
国際-社会学…偏差値55
国際-コミュニティ構想…偏差値52.5
心理-心理学…偏差値57.5
心理-コミュニケーション…偏差値52.5
数理-数学…偏差値45
数理-情報理学…偏差値50

東京女子大学の学生の学力レベル

日東駒専とMARCHの中間くらいの難易度

東京女子大学の学力レベルを他の大学と比較すると、
東京女子大学<学習院大学 といった印象。



東京女子大学の世間からの評判

一応私立ではありますが、名門校ということで母親は賛成でした。一方で父親の方は私立は反対でしたが東京女子大学ならいいだろうということで許可がおりました。

親戚縁者からはもっと上のランクの大学へ進学すると期待されていた様子で、がっかりされてしまいましたが両親が許可したならということで納得してくれたようです。英語が堪能なので東京女子大学に決めたという言い分なら親戚一同も納得してくれたので大いに助かりました。

日本では一応御三家で通りますが、現代の女子大学に対してのイメージが悪くなってきていますので周囲の反応は打てば響くというようなものではありません。母も学内へ立ち入りましたが、現代は服装もカジュアルすぎたりしており、女子大学と言っても昔のような品格はないとは言われています。また、学習院よりも快活な女性が多く見受けられるということからお嬢様のイメージよりも人生を切り開くというタイプの女性が多く存在しています。

東京女子大学の学生の様子

女子学生のスタンスは真面目、落ち着いている、勤勉、快活、カジュアル、というキーワードが当てはまるような学生たちです。おおっぴらにはしませんが、自分の意見はしっかりと持っているという学友がほとんどかなという印象でした。行儀は決していいとは言えませんが、カジュアルな服装や態度でキャンパスライフを送っています。

また、教室はちょうどいい広さを呈しており、学生は大抵おとなしく授業を受けています。助教授、教授は優しく丁寧に指導してくれます。授業内容は質が高く、研究室も学生が主体的に利用できます。 入寮して学生生活を送る学生たちもおり、友人はできやすく積極的に仲間を作ることもできますが、単独でいる学生もおり、とくに仲が悪いということもなくそれなりに仲良くしていました。

東京女子大学の就職先について

就職には力を入れているという東京女子大学ですが、大手企業にも就職内定は決まります。先輩方にはアナウンサーが多く輩出されており、こうしたOBからも学ぶことはあります。

私の母親は、中途半端な偏差値なら東京女子大学へ進学する方が結婚に際して箔がつくと考えていました。学友と親しくなるとこうした親の意見をちょくちょく耳にすることはありました。同級生の就職率はほとんど決まってしまいました。主に大手企業、中小企業が半々くらいです。企業のレベルは上場企業もあれば、聞いたことがない社名の企業もありました。

本当、いろいろでしたが就職率は高い方と聞いていますし、そのように私自身も思います。落ち着いた環境で学びたいという方には考える時間があるキャンパスです。

東京女子大学の良かったところ、悪かったところ

良かったところ

①英語が好き、得意でこれから上昇させていく気のある学生には充分によい学校です。

②親世代が言う通り、同じ偏差値なら女子大学に進学した方が結婚を考える時はお得かと思われます。

③キャンパスは落ち着いており、緑が豊かで寮も完備されており快適に過ごすことができます。

悪かったところ

①女子大学だからという過剰な期待はかないません。結構言葉使いが悪い学生や髪の毛の色が周囲と違う学生もいました。行儀も決してよい子ばかりではありません。服装もチープな感じが多いです。

②男性と知り合う機会は学内ではないので難しいところです。

③サークルはたくさんありますが、女性ばかりでした。共学のようなウキウキ感や、もてたいという気持ちはかなわないのです。

東京女子大学に4年間通ってみていかがでしたか?

東京女子大学は落ち着いている環境で学ぶことができるよい大学です。学び舎の景観は美しくいい学生生活が送れます。真面目にゆっくりと学びたいという学生には刺激が少ない環境でとても好都合です。

サークル数は多く、自ら選択して入ることができるし大学生活を充実したものにできる要素なのでぜひ参加して欲しいです。合コンでは東京女子大学という名前を言うと、偏差値が高い東大の女子版かと思われるときと、御三家という名前でモテる時がありました。大学生活はかなり地味ですが好きなことを学べて教授も優しいので意味はあります。また真面目に過ごして卒業をすれば、箔が自然とつきやすいために卒業をしてからも大学の恩恵はあると思います。



今回のまとめ

いかがでしたでしょうか。
東京女子大学は知名度もありますが、学力ランクも高くちょうど日東駒専とMARCHの間くらいです。

この記事以上に東京女子大学について詳しく知りたいという方は、東京女子大学の学校パンフレットを是非お取り寄せ下さい。

マイナビ進学というサイトを使えば完全無料で東京女子大学の学校パンフレットを取り寄せる事ができます。

マイナビ進学で東京女子大学のパンフレットを無料請求

コメントをかく

*