沖縄国際大学の評判と偏差値【地元沖縄では一番メジャーな私立大学】


こんにちは!
今回は沖縄国際大学の評判について、卒業生の方にインタビューをしてきました。

結論から言うと、沖縄国際大学は琉球大学ほど評判は高くありませんが、沖縄では一番メジャーな私立大学です。

この記事以上に沖縄国際大学の情報を詳しく知りたいかたはマイナビ進学というサイトで沖縄国際大学の学校パンフレットを取り寄せて下さい。

奨学金情報をはじめとしたネット上にのっていない貴重な情報が沢山ありますよ。
なお、マイナビ進学を使えば沖縄国際大学のパンフレットは無料で取り寄せることができます。

それでは、さっそく沖縄国際大学の評判について見ていきましょう!
沖縄国際大学のパンフレットを無料請求
今回インタビューをした方は沖縄国際大学総合文化学部日本文化学科の卒業生です。

沖縄国際大学の評判まとめ

沖縄国際大学の偏差値

◇法学部
法律学科…偏差値35
地域行政学科…偏差値35

◇経済学部…偏差値
経済学科…偏差値35

◇産業情報学部…偏差値
企業システム学科…偏差値37.5
産業情報学科…偏差値35

◇総合文化学部…偏差値
英米言語文化学科…偏差値40
人福-心理カウンセリング…偏差値40

沖縄国際大学の学生の学力レベル

進学校から国公立大学を受験したが落ちてしまった人や、普通校で特に勉強をしてこなかった人もいて、ある意味地元の大学、という感じでピンキリでした。

沖縄国際大学の学力レベルを他の大学と比較すると、
沖縄大学<沖縄国際大学<名桜大学 といった印象。

沖縄国際大学の世間からの評判

地元沖縄ではおそらく一番メジャーな私立大学で、社会人には沖縄国際大学出身者も多いため、評判はそこまで悪くありませんが、加もなく不可もなく、といった感じだと思います。

バイトや就活の面接の際には、「沖縄国際大学出身です。」と話すと、面接官も沖縄国際大学の卒業生で話が盛り上がるか、「へぇー」といった感じで特になにも言われないことが多いです。実際、就活の際には地元の国公立大学である琉球大学出身者が重宝されている印象を受けました。

婚約者の両親とあった時に、大学を聞かれ、沖縄国際大学だと話してもとくにリアクションはありませんでしたが、否定的な印象も持っていない様子でした。 同年代同士では、自分たちのことを「Fラン」、すなわち全国での偏差値ランキングがFであることを揶揄して冗談で使ったりしていました。高校時代には、普通に高校生活を過ごしていたらAOや推薦ならほとんど誰でも通ると言われていました。普通高校の中では一番進学率の高い大学でした。

沖縄国際大学の学生の様子

勉強したい、という意欲をもって講義を受けに来た学生よりも、出席のために来た、友だちに会いたくて来た、私服でのおしゃれを楽しんでいる、といった印象を受ける学生がほとんどでした。無気力な学生や、大人しい学生、騒がしい学生などが入り乱れ、まるで普通高校の延長線のような感じでした。全体的には明るい雰囲気でした。

また、共通科目の講義では、講義を聞かずに出席だけしている学生が多く、出席を取らない講義では登録の10分の1の数の学生しか出席していないこともありました。専門科目やゼミとなると、出席しないと資格取得や単位取得に影響がでることがあるので、出席率は高く、また全体的に真面目に講義を受けている印象を持ちました。時おり、講義に参加することが苦痛で来られず退学していく学生もいました。

沖縄国際大学の就職先について

沖縄県内の一般企業への就職が多いと思います。学科によっては公務員が多かったり、クリエイティブな職だったり、福祉関係が多いと思います。

私の学科は日本文化学科だったので、国語科の教員免許を取った人が多く、そのほとんどが教員志望で毎年採用試験を受けています。合格率は国公立大学よりも高く、評価されています。しかし、教職課程を履修していない学生は、図書館司書や、日本語教師、一般企業への就職など、様々です。学生が多いため、卒業後の方向性も本当に多種多様です。

フリーターになる人もいれば、院生になったり、政治家を目指す人もいます。自分でやりたいことを見つけて自分なりに取り組む人が多い感じがします。実現できるかどうかは本人次第だと思います。

沖縄国際大学の良かったところ、悪かったところ

良かったところ

①学生数がとても多く、県内出身の友だちがたくさんできたこと。また、その中で様々な経験をすることができたので、とても、感謝しています。

②施設が充実しており、特に図書館が有名なことです。とても便利でした。

③全体的に新しく常に清潔なところは快適で嬉しかったです。

悪かったところ

①学費がとても高く、支払えずに辞める人もいたことが残念でした。

②駐車場が足りていないので、車が停められずに出席できない時もあったこと。講義を受けに大学に来ても、駐車できずに出席を諦めて帰ってしまう学生も時折みられました。

③講義のつまらない教員が多かったこと。面白い、聞きたい!知りたい!と思わせるような魅力的な講義を展開しようと意識していない教員が多く、時には声が小さすぎて何を言っているのかわからない、講義で「伝えたい」という思いを放棄しているようにみえる教員もいました。

沖縄国際大学に4年間通ってみていかがでしたか?

結果的には良かったと思っています。ひとつの理由として、4年間の大学生活を通して数え切れないほどの出会いがあったからです。その縁は今でも続いており、実生活を豊かにしています。

ふたつめに、目標としていたことが達成できたからです。元々、教員免許が取りたくて入った大学だったので、それを達成できたことは意義があると思っています。また、入学してからさらに資格取得の選択肢が増え、日本語教員免許などが取れたことも嬉しかったです。最後は、大学の立地が良く通学がしやすかったことと、施設が整えられていたことです。新しい校舎が毎日清潔に保たれていて、とても快適で過ごしやすい大学でした。特に、図書館は全国でもトップクラスの所蔵量と規模らしく、とても有難かったです。

沖縄国際大学の基本情報

沖縄国際大学の住所と最寄駅

◇住所
〒901-2701
沖縄県沖縄県宜野湾市宜野湾2-6-1

◇最寄駅
モノレール「県庁前駅」より98番バスに乗車、「沖縄国際大学前」下車

沖縄国際大学の学費(4年間)

沖縄国際大学の学費は以下の通りです(入学金含む)

総合文化学部…学費340万円
法学部…学費340万円
経済学部…学費340万円
産業情報学部…学費340万円

奨学金情報や学費免除制度をはじめとした詳しい学費情報は、沖縄国際大学の学校パンフレットでご確認下さい。

沖縄国際大学のパンフレットを無料請求

今回のまとめ

いかがでしたでしょうか。
沖縄国際大学は琉球大学ほど評判は高くありませんが、沖縄では一番メジャーな私立大学です。

この記事以上に沖縄国際大学について詳しく知りたいという方は、沖縄国際大学の学校パンフレットを是非お取り寄せ下さい。

マイナビ進学というサイトを使えば完全無料で沖縄国際大学の学校パンフレットを取り寄せる事ができます。

沖縄国際大学のパンフレットを無料請求

コメントをかく

*