大谷大学の評判と偏差値【ランクは日東駒専の2ランク下】


こんにちは!
今回は大谷大学の評判について、卒業生の方にインタビューをしてきました。

結論から言うと、大谷大学の学力ランクは日東駒専の下の大東亜帝国の下ほどですが、仏教系の大学ということもありその界隈では有名です。

また、大谷大学のサークル情報や授業カリキュラムを詳しく知りたいかたはマイナビ進学というサイトで大谷大学の学校パンフレットを取り寄せて下さい。

奨学金情報をはじめとしたネット上にのっていない貴重な情報が沢山ありますよ。
なお、マイナビ進学を使えば大谷大学のパンフレットは完全無料で取り寄せることができます。
大谷大学のパンフレットを無料請求
それでは、さっそく大谷大学の評判について見ていきましょう!
今回インタビューをした方は大谷大学 文学部 です。

大谷大学の評判まとめ

大谷大学の偏差値

文学部
真宗学科…偏差値35
哲学科…偏差値45
歴史学科…偏差値45
文学科…偏差値47.5
国際文化学科…偏差値45

社会学部
現代社会学科…偏差値47.5
コミュニティデザイン学科…偏差値45

教育学部
初等教育…偏差値47.5
幼児教育…偏差値47.5

大谷大学の学生の学力レベル

京都府内私立高校からの学生が8割くらいいる。偏差値は高くて50程度。

大谷大学の学力レベルを他の大学と比較すると、
大谷大学>愛知学院大学 といった印象。

大谷大学の世間からの評判

大谷大学は京都に位置する仏教系の大学ですから、地元では宗教系としては有名です。知名度は偏差値ではなく仏教の息がかかっているという意味合いです。講師には著名人が歴任されていましたし、近年校舎も新設されて環境としては申し分ありません。ただ学生は仏教に関心があるとか、高校時代から仏教に関心が高い方々が多いです。

品格はそれなりに高いです。就活ではどうして宗教なんて学んだの?という意地悪な質問をかぶせてくる人もいます。これからは宗教が必要になる時代であり、自己成長や試練を超えるためには宗教が必要になってくるということを面接官に話すマイナスの印象を覆すことができます。

大谷大学は著名人の講師が多く、蔵書も多い点はあまり知られていないんですが、そのあたりを説明すれば就活の面接では大丈夫です。大谷はそれくらいの説得力がある大学です。学生は内面を探求するタイプが多く、社交性がでている方は少なめに思いました。

大谷大学の学生の様子

出会った学生は京都民が多く、県民性で言うと陰気なキャラクターの人が多いです。少し話をすると、なんとも言えない印象を受けることもありました。坊さん相手に話しているような不思議な感覚です。学生は内向的な方が多く、学生数も限られておりすぐに顔見知りになります。すべて文系ばかりの大学のためキャンパスにいる光景が荒れるということはまずなかったです。

また、授業中は静かでした。授業を聞いていない学生が多いように見えて、座りながら静かに耳を傾けているという様子でした。少しでも教養を身につけておいた方が授業は受けやすいです。右から左へ内容が流れていくような作業的な授業にならないためには自己学習が必要です。仏教系の大学であるために、仏教以外の科目を履修できたら新鮮でした。

大谷大学の就職先について

就職先は一般企業へ就職可能です。大谷は仏教系だから受ける企業が限られているということはなかったと思います。地元の学生が多いので、地元で就職先を探している学生がほとんどでした。近畿圏から通う学生は地元へ帰るか、首都圏に出て行くかのどちらかに二分していました。現在は学外でも就職先一覧を見ることができるので、便利ですが、就職課を利用する学生は少なめでした。

就職を考えているなら、わざわざ大谷へ入ることもないと思いますが、社会人学生として仏教をメインに学びたい学生には向いている大学ではあります。後悔して自主退学していく学生もいましたし、あえて就職先のことを念頭に置いて先をみる学生も少ないと思われます。

大谷大学の良かったところ、悪かったところ

良かったところ

①学校が小さく、大規模共学の学校がいいという人もいましたが、自分には大谷の規模でちょう過ごしやすい環境でした。校舎も綺麗でした。

②図書館が充実しており、仏教について自主的に調べたいことがある人にはありがたいでしょう。蔵書の保有は良いと思います。

③文系大学であるために、キャンパス内の学生の雰囲気は一律という感じでした。商学部などが入る大学とは違う硬い雰囲気は感じましたが、そこがいいとこです。

悪かったところ

①学部の変更は可能ですが、仏教の息がかかっています。教養科目でもっと他の分野の講義を取りたくなりますが、教授が宗教に染まっているのでなんとも気分転換には至りません。

②まあまあ通いやすいアクセスです。

大谷大学に4年間通ってみていかがでしたか?

入学、卒業してしまったので後悔はしたくはありません。通ってよかったと思えるように図書館をよく利用しました。一部の世間に認知されない著名人の講師が多くて、勉強になります。癖が強い教授陣でも後から思い返すと、話しかけて利用した方が良いので、すすんで交流を持つべきです。

大谷大学は京都府民の割合が多く、その他は近畿圏内の学生です。もっと他の都道府県出身の学生と交流を持ちたいなら大学をでて他大学のサークルを活用するしかありません。大谷のサークルはしょぼいし、催しは期待できません。かつて、学祭も見学に行ったところ、。。。という感じです。

目立ちたがり屋の学生は少ないです。仏教になんらかの関心があれば、 少しでも役立つように思います。

大谷大学の基本情報

大谷大学の住所と最寄駅

◇住所
〒603-8143
京都府京都市北区小山上総町

◇最寄駅
地下鉄烏丸線「北大路駅」より、6番出口徒歩すぐ。

大谷大学の学費(4年間)

大谷大学の学費は以下の通りです(入学金含む)

文学部…416万円
社会学部…416万円
教育学部…456万円

奨学金情報や学費免除制度をはじめとした詳しい学費情報は、大谷大学の学校パンフレットでご確認下さい。

大谷大学のパンフレットを無料請求

今回のまとめ

いかがでしたでしょうか。
大谷大学の学力ランクは日東駒専の下の大東亜帝国の下ほどですが、仏教系の大学ということもありその界隈では有名です。

また、奨学金やサークル情報などといった詳しい事を知りたい方は、大谷大学の学校パンフレットをお取り寄せ下さい。

マイナビ進学というサイトを使えば完全無料で大谷大学の学校パンフレットを取り寄せる事ができます。

大谷大学のパンフレットを無料請求

コメントをかく

*