崇城大学の評判と偏差値【熊本県のお金持ち大学】


こんにちは!
今回は崇城大学の評判について、卒業生の方にインタビューをしてきました。

結論から言うと、崇城大学は熊本県にある数少ない私立大学なので、地元熊本ではお金持ち大学とされています。

この記事以上に崇城大学の情報を詳しく知りたいかたはマイナビ進学というサイトで崇城大学の学校パンフレットを取り寄せて下さい。

奨学金情報をはじめとしたネット上にのっていない貴重な情報が沢山ありますよ。
なお、マイナビ進学を使えば崇城大学のパンフレットは無料で取り寄せることができます。

それでは、さっそく崇城大学の評判について見ていきましょう!
今回インタビューをした方は崇城大学生物生命学部応用微生物工学科の卒業生です。

崇城大学の評判まとめ

崇城大学の偏差値

◇工学部
機械工学科…偏差値40
ナノサイエンス学科…偏差値40
建築学科…偏差値45
宇宙-宇宙航空システム…偏差値37.5
宇宙-航空整備学…偏差値42.5
宇宙-航空操縦学…偏差値42.5

◇芸術学部
美術学科…偏差値-
デザイン学科…偏差値35

◇情報学部
情報学科…偏差値40

◇生物生命学部
応用微生物工学科…偏差値37.5
応用生命科学科…偏差値45

◇薬学部
薬学科…偏差値52.5

崇城大学の学生の学力レベル

国公立大学を目指していた学生が多かったです。

崇城大学の学力レベルを他の大学と比較すると、
崇城大学<長崎大学 といった印象。



崇城大学の世間からの評判

崇城大学の出身ですと言ったら熊本の地元民からは金持ちですねと言われた。奨学金制度など大学で勉強をしたいという熱意より金があるから大学に行けるんだと熊本の人は言う人が多いです。

また、熊本は大学出身より高校出身のことを訴えかけている人が多数、地元企業には多く、大学は遊ぶ場所と勘違いしている人が多数いる。地元では熊本学園大学生の事案が多く、その通っている多くが熊本市内ではなく熊本の郊外から来ている。崇城大学は理系で県外から多くの学生がきている点が根本的に違う。崇城大学は勉学や院や研究など就職以外にも道が多く備わっており理系ならではの強みがある。

就職でも理系ということもあり、研究室から企業へのパイプも多数見受けられる。理系大学の中ではとてもリーズナブルな授業料だと私は感じています。また、教授が九州大学出身者が私たちの学部では90パーセントを締めており、勉学に関しては申し分ない環境があると感じています。

崇城大学の学生の様子

志望大学に落ちてきた学生は最初無気力であり、大学をバカにする方が多かった。しかし、1年をすぎると現実を知り、就職活動、部活動、アルバイト、勉強、友達同士せっかくの大学生活を必死に楽しむ姿勢はありました。また、同じ学部にも推薦、特待、一般など様々な学力の生徒がいた為、3年時はそれぞれのグループができていていました。

また、様々な学力の学生がいましたので基本授業中はしっかり勉学に励む生徒、ノートをしっかり移す生徒もいればゲームばかりして出席もしない生徒などたくさんいました。しかし、単位を取る目的の為、最初の2年間は皆真面目に授業を受け単位を取り、3年時は授業を選択し4年時は研究室というのが理想です。最初の3ヶ月で20人程度は勉強についていけず辞めました。

崇城大学の就職先について

理系ですので工学科と建築家と情報科は就職内定が早いイメージでした。私の学部は生物学部でしたので研究、大学院、就職と様々な進路に向かう傾向がありました。

しかし、中小企業に内定をもらう生徒がたくさんいました。私は新卒で入社した企業を転職し超大手に就職できましたが給料を目的とした就職を軸に就活をしていた生徒はあまりいなかった印象です。ただ、研究室からのパイプや就活をせずとも勉学で就職していた生徒もいましたのでさすが大学だと感じました。私は成績があまり優秀ではなかったのですがお金が必要でしたので自ら就活の計画やサイトを活用し、今があります。同期の卒業生の中ではトップの給与をいただいているのはびっくりししています。

崇城大学の良かったところ、悪かったところ

良かったところ

①視野が広がり日本で生きていくための様々な社会経験ができたこと。

②高校までには出会えなかったであろう友達や様々な人に会えたこと。

③大卒卒という最低ラインの条件を元に就職という仕組みがあることを理解できたこと。

悪かったところ

①授業料全額奨学金という金額を背負って生きていかなければいけないこと。遊びで大学には通えないこと。

②大学時代に授業の中でお金に関する科目をもっと扱って欲しかった。

③学食をもう少し安い値段で提供し、学生専用のメニューを多く提供して欲しかったです。どうしても食費が多くなるため、大学に行けばこれだけの食がいただけるという環境が欲しかったです。

崇城大学に4年間通ってみていかがでしたか?

良かったと思う。理由は高校までは勉強や友達や思い出や部活など人間としての教育など学校側が責任をもつ状況を日本は多いと感じます。大学では更に生きていくということに対して真剣に向き合うことができると感じてします。

単位、研究、部活、コミニュケーション、生活、バイト、まず模擬体験で社会人になる育成をしている感じがします。社会人は仕事で大学生は勉強、それ以外は何も変わらないものだと感じています。大学の間にたくさんのことを知り、経験を積むことが重要であると感じています。ある日、23時ごろ大学終わりにバイトして家に帰っているときに中学生が部活動の服装して塾から帰っている姿を見ることがありました。大学生も中学生も大変なんだと感じ、今日から本気で頑張って行こうと感じました。



今回のまとめ

いかがでしたでしょうか。
崇城大学は熊本県にある数少ない私立大学なので、地元熊本ではお金持ち大学とされています。

この記事以上に崇城大学について詳しく知りたいという方は、崇城大学の学校パンフレットを是非お取り寄せ下さい。

マイナビ進学というサイトを使えば完全無料で崇城大学の学校パンフレットを取り寄せる事ができます。

マイナビ進学で崇城大学のパンフレットを無料請求

コメントをかく

*