東京福祉大学の評判と偏差値【fランク大学だが就職は良い】


こんにちは!
今回は東京福祉大学の評判について、卒業生の方にインタビューをしてきました。

結論から言うと、東京福祉大学のレベルはいわゆるfランク大学ですが、専門的な事を勉強するため社会福祉方面への就職はとても良いようです。

この記事以上に東京福祉大学の情報を詳しく知りたいかたはマイナビ進学というサイトで東京福祉大学の学校パンフレットを取り寄せて下さい。

奨学金情報をはじめとしたネット上にのっていない貴重な情報が沢山ありますよ。
なお、マイナビ進学を使えば東京福祉大学のパンフレットは無料で取り寄せることができます。

それでは、さっそく東京福祉大学の評判について見ていきましょう!
今回インタビューをした方は東京福祉大学社会福祉学部社会福祉学科の卒業生です。

東京福祉大学の評判まとめ

東京福祉大学の偏差値

◇保育児童学部
保育児童学科…偏差値35

◇教育学部
学校教育…偏差値37.5
国際教育…偏差値35
日本語教育…偏差値35

◇心理学部
心理学科…偏差値37.5

◇社会福祉学部
社会福祉…偏差値35
介護福祉…偏差値37.5
精神保健福祉…偏差値37.5
経営福祉…偏差値37.5

東京福祉大学の学生の学力レベル

いわゆる”Fラン”大学なので,学力レベルは卒業した高校によってバラツキがありましたが,最低でも文章の理解ができる人が多かったと思います。

東京福祉大学の学力レベルを他の大学と比較すると、
東北福祉大学<東京福祉大学 といった印象。



東京福祉大学の世間からの評判

高校の授業の中で高齢者の方や障害者の方について触れる機会があり,せっかくで本格的に勉強をして資格を取得してみたいと思って入学しましたのが東京福祉大学との関わりの始まりです。

まわりの同期も自分と殆ど同じ目的の方ばかりでしたので,正直,Fラン大学ですから,最低限文章理解ができればなんとかなりますし,東京福祉大学を卒業したからと言っても就職面で有利なのは介護施設とかだけです。名前の知られていない(染み渡っていない?)大学ですから,バイト先だとかで”東京福祉大学です”と言っても殆どの人が”?”マークを頭に浮かべさせています。名前を知っている人から言わせれば”資格大学”なんて言われることもありました。

学内で取得できる国家資格の殆どが国家試験の必要とするものばかりですから,毎時間の講義をコツコツと積み上げて勉強しなければならないので,少なからず,アルバイトに精を出している大学生よりかは勉強量は多いと思っています。

東京福祉大学の学生の様子

学部や学科(特に心理は。)によって大分変わりがありますが,私の所属していた社会福祉学部 社会福祉学科 社会福祉専攻(社会福祉コース)では,ボランティア活動などに精を出している学生が多かったと思います。また,スクール形式の講義もあるものの,演習や実習等の講義も多いため,ワイワイと盛り上がって勉強していたと思います。

そして国家資格の受験資格を取得する必要があるため,教育学部と互角の単位を取得しなければなりません。1,2年次は朝一のコマに講義が入っていることも多く,アルバイトを頑張っていた友達は,なかなか出席できずに苦労していました。流石に,ゲームばっかしていたり,隣の人と話してばかり人はいませんでしたが,甘い先生のときは,提出物の内職に精を出している人が殆どでした。

東京福祉大学の就職先について

社会福祉学部 社会福祉学科 社会福祉専攻(社会福祉コース)という特性上,病院のメディカルソーシャルワーカーや福祉施設のソーシャルワーカー,中には市区町村役場の地域包括支援センターに就職する人もいました。

社会福祉士の資格は,福祉サービス事業所の殆どで使えますので,就職先は言わば選び放題状態ですので,待遇や賃金等の良い条件順に早期募集終了になりやすく,ほぼ毎日就職支援センター(アドミッションセンター)に通う必要があるものの,実習やインターンシップ,ボランティア活動などで顔を知ってもらい,評価の良い人は施設から直々のヘッドハンティングもゲットできます。アルバイト中心に学生生活をエンジョイするか,ボランティアやインターンシップに精を出すかによって大分開きがあります。

東京福祉大学の良かったところ、悪かったところ

良かったところ

①社会福祉が勉強したくて入学したので,授業自体は楽しかったです。

②講義の授業よりも演習や実習の授業の方が多いので,講義時間はさほど辛くなかったです。

③通信教育部の方がスクーリングだとかで学内をウロウロしています。遠方から来る人と仲良くなると,飲み友達だとか,旅行時の宿代わりに自宅を貸してくれる仲にまで発展できるかもしれません。

悪かったところ

①「できなかった子(生徒)をできる子(学生)にするのが教育」をモットーにしていますが,あまり実感できませんでした。再試は辛いです。

②国家試験に合格できれば良いものの,不合格の友達には合わす顔がありません。

③実習先が遠方すぎる

東京福祉大学に4年間通ってみていかがでしたか?

4年間を過ごしてみて,東京福祉大学に入学して社会福祉について勉強して正解だったと思います。社会福祉学部社会福祉学科社会福祉専攻社会福祉コースは主に,伊勢崎キャンパス(他に,池袋キャンパスも。)を使用しており,建物は比較的新しいし,都内からのアクセスも良いので,空きコマに友達と遊んだりできました。

講義は,スクール形式よりも演習や実習形式が多く,楽しく勉強できた印象があります。ただし,講師の先生の殆どが現場から上がってきた方なので,やけに手書きや昔ながらの手法を取り入れようとするなど,時代錯誤の先生もいました(そういう先生に限って,教科書の手書き丸写しの課題を毎回出してきたり…)。仲のいい友達や同期に巡り会えれば楽しいキャンパスライフになるk遠は間違いないと思います!



今回のまとめ

いかがでしたでしょうか。
東京福祉大学のレベルはいわゆるfランク大学ですが、専門的な事を勉強するため社会福祉方面への就職はとても良いようです。

この記事以上に東京福祉大学について詳しく知りたいという方は、東京福祉大学の学校パンフレットを是非お取り寄せ下さい。

マイナビ進学というサイトを使えば完全無料で東京福祉大学の学校パンフレットを取り寄せる事ができます。

マイナビ進学で東京福祉大学のパンフレットを無料請求

コメントをかく

*