電気通信大学の評判と偏差値【就活への心配は無用です】


こんにちは!
今回は電気通信大学の評判について、卒業生の方にインタビューをしてきました。

結論から言うと、電気通信大学は都内にある理工系国立大学ということもあり、世間からの評判はとても良いです。就職活動も難なく終える学生が殆どです。

この記事以上に電気通信大学の情報を詳しく知りたいかたはマイナビ進学というサイトで電気通信大学の学校パンフレットを取り寄せて下さい。

奨学金情報をはじめとしたネット上にのっていない貴重な情報が沢山ありますよ。
なお、マイナビ進学を使えば電気通信大学パンフレットは簡単に取り寄せることができます。

それでは、さっそく電気通信大学の評判について見ていきましょう!
今回インタビューをした方は電気通信大学情報理工学部の卒業生です。

電気通信大学の評判まとめ

電気通信大学の偏差値

電気通信大学の前期入試は学部が別れておらず、その河合偏差値は55です。

◇後期日程
Ⅰ類(情報系)…偏差値60
Ⅱ類(融合系)…偏差値55
Ⅲ類(理工系)…偏差値57.5

電気通信大学の学生の学力レベル

私は前期試験で入学したのですが、前期はMARCH・東京理科大を併願している学生が多かったです。後期試験では旧帝大や東工大、その他筑波大や横国大などの前期試験を落ちたために受験し、入学してきた学生が多かったです。

電気通信大学の学力レベルを他の大学と比較すると、
明治大学<電気通信大学<千葉大学 といった印象。

電気通信大学の世間からの評判

大学名は率直に行って一般的な人たちに対しては無名に近いですが、都内にある国立大学であることもあり、大学がある調布市内では比較的優秀な大学だと思われていました。

少なくともこの大学についてしっかり理解している人ならば、馬鹿にされることはありません。また、毎年大企業へ数多くの人が就職していて就職率も良く、企業の方からはかなり評判が良いみたいです。

そのためこの大学を知らない人からは、大学名でレベルが低い大学だと思われ、入学することを危惧される親などがいるかもしれませんが、安心して入学できます。

就職もわざわざキャンパス内で何回も企業側が説明会を開いてくれるほどで人事の方もしっかり評価してくれていますので、就職に関しては余程のことがない限り、心配する必要はありません。また、研究大学強化促進事業の一つとして認定されており、とても研究が盛んです。

そのため学部卒業生の半数以上が大学院へ進学し、そこでの研究について表彰を受けることもよくあります。基本的に真面目な学生が多く、授業や研究にしっかり取り組んでいる学生が多いです。大学が理工系の学部しかないために男性が多く、またオタクっぽい人も結構いました。

勉強や研究は忙しいかもしれませんが、サークル・部活動やアルバイトなどと上手く両立している人も多かったです。最近では女性の方も増えてきており、今までの学生とは違うタイプの人も増えてきたのではないかと思われます。

電気通信大学の学生の様子

基本的に真面目な学生が多く、授業や研究にしっかり取り組んでいる学生が多いです。大学が理工系の学部しかないために男性が多く、またオタクっぽい人も結構いました。

勉強や研究は忙しいかもしれませんが、サークル・部活動やアルバイトなどと上手く両立している人も多かったです。最近では女性の方も増えてきており、今までの学生とは違うタイプの人も増えてきたのではないかと思われます。

また、授業がうるさいことはなく、ほとんどの方が真面目に授業を受けております。ただ、学生でも良い成績を残したいために真面目に出席して授業を受けている学生もいれば、最低限の成績で乗り切ればよいと考え、試験を受けられる最低限の出席回数で済ませようとしている学生もいました。

また、寝ている学生もちらほらいました。ですがそのような学生はあまりおらず、講義・実験とも真面目に取り組んでいる学生が大半です。

電気通信大学の就職先について

この大学は理工系の学部が一つだけであり、多くの学生はメーカーをはじめとした民間企業へ就職することが多いです。機械工学や電気電子工学、情報工学などを専攻していることもあり、多くの学生は技術職や研究開発職などのエンジニアとして就職しています。

就職活動に苦労している学生は少なく、日立製作所や富士通、ソニーなどの有名な大企業へ就職する学生も多いです。また、大学のキャンパス内にて数多くの企業からで成り立つ就職説明会もよく開催されており、メーカー以外にも様々な業界の企業からも求人がきています。

最近ではメーカー・IT企業以外にも文系就職する方や、教員や地方・国家公務員になる方も増えてきており、進路は幅広く選択できる大学だと思います。

電気通信大学の良かったところ、悪かったところ

良かったところ

①就職が強く、真面目に過ごしていれば、就職に困ることはまずないことです。また大企業へ就職することもそれほど難しいとは思いません。

②学費が国立大学のために安く、また数々の学費をはじめとして就学支援奨学金などの経済的な面をサポートする制度も多かったです。

③大学の立地が東京都の調布市の調布駅すぐ近くにあり、交通の便はとても良いです。調布駅から新宿駅まで特急で16分で行けることもあり、都心へ遊びにも行きやすいです。

悪かったところ

①理系学部しか存在しない小規模の大学で、学生も男性が9割であるため、華々しいキャンパスライフは送りにくいと思われます。

②大学名があまり理科系の人以外に知られていないため、大学名にコンプレックスを持っている人が多いです。

③製造業やIT系などの企業の人事の方ならばこの大学を知っているはずですが、それ以外の分野の企業だとこの大学を知らない人も多いため、技術者以外としての就職などは苦労するかもしれません。

電気通信大学に4年間通ってみていかがでしたか?

私は別の大学に進学すればよかったと思います。
理由としては、やはり小規模な理工系の単科大学であるために似たような人・似たような進路を取る人が多く、様々な人に出会ったりしてみたかったからです。

また大学の講義は理科系に関することばかりであり、私としてはもう少し文化系のことも学びたいと思いました。

さらに私はこの大学の卒業生の一般的な進路であるメーカーなどへの就職ではなく、文系の方と同じような分野での就職をしたため、理系の方だけに限らず、文系の人も知っているような大学へ進学した方がよかったのではないかと思いました。

またサークル活動ももっと楽しみたかったため、この大学のような小規模の単科大学よりも、もっと規模が大きい総合大学へ進学するべきだったと思いました。

今回のまとめ

いかがでしたでしょうか。
電気通信大学は都内にある理工系国立大学ということもあり、世間からの評判はとても良いです。就職活動も難なく終える学生が多いです。ただ、同じような特性を持った人が多いというのはやはりデメリットの一つですね。

この記事以上に電気通信大学について詳しく知りたいという方は、電気通信大学の学校パンフレットを是非お取り寄せ下さい。

マイナビ進学というサイトを使えば簡単に電気通信大学の学校パンフレットを取り寄せる事ができます。

マイナビ進学で電気通信大学のパンフレットを取り寄せる

コメントをかく

*