京都橘大学の評判と偏差値【産近甲龍未満の学力ランク】


こんにちは!
今回は京都橘大学の評判について、卒業生の方にインタビューをしてきました。

結論から言うと、京都橘大学の難易度はそこまで高くなく、全体的に産近甲龍未満の学力ランクです。

この記事以上に京都橘大学の情報を詳しく知りたいかたはマイナビ進学というサイトで京都橘大学の学校パンフレットを取り寄せて下さい。

奨学金情報をはじめとしたネット上にのっていない貴重な情報が沢山ありますよ。
なお、マイナビ進学を使えば京都橘大学のパンフレットは無料で取り寄せることができます。

それでは、さっそく京都橘大学の評判について見ていきましょう!
京都橘大学のパンフレットを無料請求
今回インタビューをした方は京都橘大学国際英語学部の卒業生です。

京都橘大学の評判まとめ

京都橘大学の偏差値

◇文学部
日本-日本語日本文学…偏差値47.5
歴史学科…偏差値47.5
歴史遺産学科…偏差値45

◇発達教育学部
児童教育学科…偏差値47.5

◇現代ビジネス学部
経営学科…偏差値47.5
都市環境デザイン学科…偏差値47.5

◇看護学部
看護学科…偏差値52.5

◇健康科学部
心理学科…偏差値50
理学療法学科…偏差値52.5
作業療法学科…偏差値47.5
救急救命学科…偏差値47.5
臨床検査学科…偏差値52.5

◇国際英語学部
国際英語学科…偏差値50

京都橘大学の学生の学力レベル

府内の英語科での大学では中間層でそこまで英語が話せる生徒はいなかった

京都橘大学の学力レベルを他の大学と比較すると、
京都橘大学<龍谷大学 といった印象。

京都橘大学の世間からの評判

就職率は高いがそこまでいい就職先に就職できるというわけではない。基本的には地方の中小企業やベンチャー企業といったあまりよく知られていない就職先がほとんどになります。大学自体は山間にあり交通の便ははっきり言うと悪いです。

またバスで通学するのですが,常に人がいっぱい,バスが延着してくるなどの理由から遅刻してしまうことが多々あります。あまり有名な大学ではなく京都の中心部からやや離れた場所に位置しているためか県外での知名度はほとんどありません。校内は狭いので教室の移動などは比較的スムーズに行えます。また学食のメニューが豊富で低価格なのでかなりおすすめです。

ただ,昼時には昼食をとるために生徒でいっぱいになってしまうため席がなくなってしまうことが良くあります。図書館にはかなりの書物がありますので勉強や研究にはお勧めできます。人もそんなにいっぱいにならないので静かで落ち着いた環境が整っているのではないかと思います。

京都橘大学の学生の様子

学部に寄りますが,文学部などの学生は学習する意欲が低く,文学部の授業を受けるとかなりにぎやかで途中退出する生徒などが目立ちます。ただ国際英語学部は学ぶ意欲が高い生徒が多いのでみんなで協力して良い環境で講義を受けられるのではないだろうかと思います。留学生もちらほらいるため様々な国の文化に触れることもできます。

また、一般教養や学年全体での講義は人が多くかなりにぎやかになってしまいます。またそういった授業は寝ている生徒やゲーム・スマホを触っている生徒などがかなり目立つ印象を受けます。ただ,学部単位での必修授業などの講義はかなり意欲が高く,有意義な発言や積極的な講義への参加が当たり前になっています。実習やグループワークは出席率が高く意欲も高いので有意義な講義です

京都橘大学の就職先について

看護学部の学生は実習先の病院などから就職活動や面接などを行わずにそのままコネのような形で内定を貰えますが,一般学部特に文系の学部の生徒は就職に苦労する場面が目立ちます。

やはり府内の他の大学と比較されてしますと大学の知名度,ブランド力,卒業生などの観点から見劣りしてしまいますので同等レベルの大学の生徒に就職活動でバッティングしてしまうとやや不利になるという感じです。また就職先は地元の中小企業というのがほとんどで,かなり小規模な企業や工場へ就職する生徒も多く見られます。

また,就職浪人になってしまう生徒も多いのでバイト先へそのまま流れて就職するようなパターンも結構あります。信用金庫や地方銀行へ就職する生徒が学部で5人ほどいるレベルですのでそこまで就職のレベルは高くないと思います。

京都橘大学の良かったところ、悪かったところ

良かったところ

①様々な地方から生徒がやってくるのでそこでの交流を経て全国各地に友達ができるのでいろんな地方への興味関心を持つことができます

②サークル活動が活発に行われているので大学生活が充実します

③留学生などを積極的に受け入れているため,英語やその他いろいろな言語が身近な存在になるので言語を自然と学べます。

悪かったところ

①大学の知名度が高くないので就職に苦労します。何をしている大学かと問われてもそこまでいい回答ができません

②意欲気に学ぼうとする生徒が少ないため気持ちがだれてしまいます。意欲は高く入学してもさぼりがちになります。

③交通のべんが悪いためよく渋滞に巻き込まれて遅刻したり,バイトへ間に合わないなどのことが起こります

京都橘大学に4年間通ってみていかがでしたか?

別の大学へ進学すればよかったと思っとります。理由としましては,やはり知名度が低い,学部のレベルが低いなどのことが挙げられます。より高度なことを学んだり,官学連携して大規模なプロジェクトなどに挑戦するということを行っている大学がありますが,そういった経験をしてみたかったです。

地域に密着した大学なのでやはり連携したプロジェクトも地域レベルに収まってしまいます。その為フットワークやネットっワークを生かして大規模プロジェクトに長期間かけて取り組み,自身のスキルアップをして,それらの経験を就職に生かすといったことができなかったのでもっと大規模で知名度の高い大学へ入学し,そこで様々なプロジェクトを経験し自身のスキルアップに努めたかったです。

京都橘大学の基本情報

京都橘大学の住所と最寄駅

◇住所
〒607-8175
京都府京都市山科区大宅山田町34

◇最寄駅
JR、京阪、京都市営地下鉄「山科駅」より、京阪バス「京都橘大学」行きで約15分

京都橘大学の学費(4年間)

京都橘大学の学費は以下の通りです(入学金含む)

看護学部…学費617万円
健康科学部(理学療法)…学費617万円
健康科学部(救急救命)…学費485万円
発達教育学部…学費470万円
文学部(歴史遺産)…学費425万円
健康科学部(心理)…学費425万円
国際英語学部…学費423万円
文学部(日本語日本文、歴史)…学費417万円
現代ビジネス学部(都市環境デザイン)…学費408万円
現代ビジネス学部(経営)…学費388万円

奨学金情報や学費免除制度をはじめとした詳しい学費情報は、京都橘大学の学校パンフレットでご確認下さい。

京都橘大学のパンフレットを無料請求

今回のまとめ

いかがでしたでしょうか。
京都橘大学の難易度はそこまで高くなく、全体的に産近甲龍未満の学力ランクです。

この記事以上に京都橘大学について詳しく知りたいという方は、京都橘大学の学校パンフレットを是非お取り寄せ下さい。

マイナビ進学というサイトを使えば完全無料で京都橘大学の学校パンフレットを取り寄せる事ができます。

京都橘大学のパンフレットを無料請求

コメントをかく

*