【広島大学】総合科学部の評判とリアルな就職先


こんにちは!
今回は広島大学「総合科学部」の評判について、卒業生の方にインタビューをしてきました。

広島大学「総合科学部」の詳しい就職先や学生の雰囲気、学費や奨学金制度についてもっと知りたい方は広島大学のパンフレットを請求してみて下さい。ネット上に掲載されていない貴重な情報が沢山見つけられますよ。

マイナビ進学を使えば、広島大学のパンフレットは簡単に請求できますので、少しでも広島大学「総合科学部」への受験を検討している方はパンフレットを取り寄せてみて下さい。

広島大学のパンフレットを請求

それでは、さっそく広島大学「総合科学部」の評判について見ていきましょう!
今回インタビューをした方は広島大学「総合科学部」の卒業生です。

広島大学「総合科学部」の評判まとめ

広島大学「総合科学部」の偏差値と入試難易度

◇総合科学部
総合科学科…偏差値55
国際共創学科…偏差値60

広島大学の難易度は九州大学経済学部の下で、岡山大学経済学部よりも上です。周りの人の話や、学校の人間の話を聞いてみても、九州大学にはいけないが、国立にこだわっている人は、広島大学を受験するという人がいました。

あとは、大阪大学に受かるか受からないか分からないぐらいの人も、安全を期すために広島大学を受験するという人もいました。岡山大学が受かるという人は、あと少し勉強すれば広島大学に届くのは、経験談からです。

広島大学「総合科学部」の志望理由

私が広島大学総合科学部を志望した理由の一番は、偏差値が狙える学校がそのあたりだったということです。私立は高いし、もし狙うならば、東京の早慶になるのですが、わざわざ上京してまで大学に通おうとも思っていなかったので、どこか地方でも良いので国立の受かる学校を選ぼうと思っていました。

あとは、広島大学には総合科学部という学科があります。この学部は2年生までは広く色んな分野の基礎学習をすることができ、3年から専門分野を学んだり、将来行きたい分野を勉強することができたので、今はこれが学びたいんだというものがない人にとっては、良い学部だなと思いました。正直、自分がなりたいものが分からなかったり、今すぐ決めろと言われても無理なタイプだったので、私にとってはちょうど良かったです。

広島大学「総合科学部」に入学してから感じたギャップ

私が、広島大学総合科学部に入ってから感じたギャップは、想像以上に学校が田舎にあるということです。周りに何もなくて、正直居酒屋もあまりないぐらいなので、学生は皆、車を買っていたぐらいです。私の知っている限りでは、2/3ぐらいは車を持っていたと思います。

逆に言うと、車がないと何もできないぐらい田舎でした。入学する前は暮らすのに不便はないと聞いていましたが、確かに暮らす分には問題なかったですが、遊ぶ分には問題ありでした。

広島大学「総合科学部」の外からみた評判と、内部生からみた評判

世間からの評判

広島大学総合科学部ですと言えば、それなりのステータスになったように思えます。就職活動なんかでいうと、仮に広島県内であれば、かなり優位性を持って就職活動に挑めると思いますし、広島県内でなくても、ある程度全国でも通用するような名前のブランドは持っていると思います。

ただ、もちろん広島大学だからといっても、本人の資質が駄目ならば駄目なので、あくまで参考値程度、もしくはプラス加点程度に見られるというぐらいだと思います。

内部生からみた評判

総合科学部の場合は、別に広島大学の中でも悪い方ではないので、何ともいえないです。別に馬鹿にされるわけでもなく、ただ、称賛されるわけでもなく、評判が良いかと言われればそういうわけでもなく。要は可もなく不可もなくと言った感じでした。

ただ、総合科学部の場合は、周りの学部よりも少し明かるい集団といった感じがありますので、それを良いね!という人間もいれば、あいつらうるさいなと思う人間もいるようなので、そこもケースバイケースですが、いわゆる「大学生」だなと周りから思われる学部ではありましたね。でも、国立の大学なんでそこまではっちゃけた人はいないです。

広島大学「総合科学部」のそれぞれの学科で勉強すること

総合科学部は、本当に幅広い分野を勉強できるので、全てを記載することは、文字オーバーになってしまうので出来ませんが、心理学、教育学、芸術、語学、生命科学、物理学、情報学、スポーツ科学など大枠は、こういった学問を学ぶ人が多いと思います。学校の先生の資格も取れるので、男女問わず人気がありました。男性でスポーツしていた人には、スポーツ科学なんかも人気がありましたし、私自身もスポーツ科学を勉強していました。

学科自身のヒエラルキーは、可もなく不可もなくといった感じでしょうか。そもそも大学が大きすぎて、他の学部生と会うことが少ないのでヒエラルキーという言葉を感じることがなかなかないという状態ですね。あまり周りを気にしなくて良いと思います。

広島大学「総合科学部」のリアルな就職先について

優秀層は、官僚や都銀系(三菱UFJ みずほetc)に就職するような人が多いです。いわゆる、東証一部のお堅いところ(トヨタ、花王、四大紙)に就職する人が多いイメージではありました。

普通の人は、地方銀行が多かったです。もみじ銀行、広島銀行、信用組合系も、結構いました。あとは、地元で有力な、マツダとか食品系で言ったらオタフクソースなどに就職していった人もいました。他の都市と違って、あまりイケイケの人が町全体にいるわけはなく、情報が入ってくるわけではないので、ベンチャー企業なんかに就職する人はいませんでした。大きいベンチャー系でいうとサイバーエージェントは一人だけいました。

残念層は、本当に聞いたこともないような会社に就職してました。このあたりは、とにかく就職活動をしていなかったイメージなので、能力が残念というよりは、行動量が足りなかった人たちだと思います。

今回のまとめ

いかがでしたでしょうか。
今回は、広島大学「総合科学部」の卒業生の方にインタビューをした内容をご紹介してみました。

広島大学「総合科学部」の詳しい就職先や学生の雰囲気、学費や奨学金制度についてもっと知りたい方はぜひマイナビ進学で広島大学のパンフレットを請求してみて下さい。

広島大学のパンフレットを請求

誹謗中傷と捉えたコメントのIPアドレスは全て記録しています

*
*
* (公開されません)