【広島大学】経済学部の評判とリアルな就職先 


こんにちは!
今回は広島大学「経済学部」の評判について、卒業生の方にインタビューをしてきました。

広島大学「経済学部」の詳しい就職先や学生の雰囲気、学費や奨学金制度についてもっと知りたい方は広島大学のパンフレットを請求してみて下さい。ネット上に掲載されていない貴重な情報が沢山見つけられますよ。

マイナビ進学を使えば、広島大学のパンフレットは簡単に請求できますので、少しでも広島大学「経済学部」への受験を検討している方はパンフレットを取り寄せてみて下さい。

広島大学のパンフレットを請求

それでは、さっそく広島大学「経済学部」の評判について見ていきましょう!
今回インタビューをした方は広島大学「経済学部」経済学科の卒業生です。

関連記事
広島大学の全体的な評判

広島大学「経済学部」の評判まとめ

広島大学「経済学部」の偏差値と入試難易度

◇経済学部
経済学科…偏差値57.5

広島大学経済学部の難易度は岡山大学や滋賀大学経済学部の上で、大阪市立大学の経済学部よりは下です。

受かった友人の中には私立で関西学院大学や立命館大学など、関関同立を併願していた人が多いです。私立を併願して入学した人が多数だと思いますが、中には国公立一本で入ってきた人もいます。

また、浪人してから入学してきた友人は名古屋大学や東京大学、神戸大学など、さまざまな大学を受けていた、ということをきいています。

広島大学「経済学部」の志望理由

僕が広島大学経済学部を志望した理由はセンターの点数がちょうど良かったからです。浪人は許されていなかったので、なるべく受かるところを選ぶようにしていて、広島大学は土地的にも悪くないと思ったからです。

高校の頃は特に行きたいところは見当たらなかったけれど、先輩がそこに通っているという情報を聞いて、オープンキャンパスなどを通して実際に大学を見に行ってみました。そうすることにより大学のイメージ像がより浮き彫りになってきたので、よかったです。

また、就職に経済学部は有利、というふうな話を高校の頃小耳に挟んでいたので、なるべく文系学部で進路を定めようと決めました。実際に同じような理由で入学してきた人も少なくはないので少し驚きました。

広島大学「経済学部」に入学してから感じたギャップ

わたしが広島大学経済学部に入学して思ったことは、意外と真面目な人が多いということです。私自身、少しはじける部分があるので!なかなかそことのギャップを埋め合わせるのは大変でした。

しかし、やる時はやる、遊ぶ時は遊ぶ、とけじめのしっかりつけれている人が多いので試験前などはお互いに相談し合って課題を進めます。また、広島の人は意外と冷たく、人間味がないと感じました。さらに冬はとても寒く、かなり着込まないと耐えられません。

広島大学「経済学部」の外からみた評判と、内部生からみた評判

世間からの評判

バイト先の人やお客さんなどに広島大学に通っています、と話をしたところ、すごいね、将来有望だね、など、プラスの言葉をもらうことが多いです。また、地元での評判は普通です。

友人には関西では神戸大学や大阪大学をはじめとする難関大に通う人が多く、また関東では早稲田大学や慶應義塾大学に通う人も多いため、なかなか広島大学の良さがわからないのが現状です。

しかし、広島大学は広島県内ではかなり評判の良い大学なのかな、ということは大学に通いながら薄々と感じます。

内部生からみた評判

広島大学経済学部は、広島大学の中では至って普通の学部だというふうに感じます。広島大学は教育学部が看板学部だと思うので、どうしてもそちらに目が行きがちです。

また、これがどうというわけではないですが広島大学の経済学部は「チャラい」というふうなレッテルが貼られているみたいです。同じ大学の他学部の友人たちはそう捉えているらしく、特に髪の色や喫煙する人が多いことから、そう捉えられているようです。

そういったチャラい要素はないとは言えないですが、決して悪い学部ではないというふうに思います。また、男子の方が人数は多いです。

広島大学「経済学部」のそれぞれの学科で勉強すること

専門教育はもちろん、それ以外の教養教育などを通してさまざまなことを学ぶことができます。消費関数や効用関数など、経済学部ならではの授業が受けることができます。また、教授によって同じテーマでも答えがまちまちなので、どれが正しいのかがたまにわからなくなることがあります。

実際に企業がどのような戦略を取り入れて経営しているのかなどを調べたりすることもあります。そして、それをまとめてレポートにしたり、パワーポイントなどを作成してみんなに向けて発表することもあります。

大学に入って感じたことは、専門科目だけではなくこのようにそれ以外のさまざまなことを学ぶことができるところが自由な点でいいなというふうに感じました。

広島大学「経済学部」のリアルな就職先について

メガバンクや大手電気会社など、さまざまなところに就職しているのが現状です。また、大学院に進学する人は少数だというふうに捉えており、主に留学生が多いのでは、というふうに感じました。

広島県内で就職をしようと思えば広島大学である限りまず不利になることはないらしく、面接などでいかに自分を出すかが重要だと思います。また、県外で就職する場合はまちまちです。関西圏だとそこそこブランド力は通じるらしく、広島県内と同様でまず困ることはないようです。

しかし、関東圏になると関東の人から見た広島大学は「そこそこの国立大」という位置づけの人が多いらしく、一橋大学や東京大学などを始めとする難関有名大学が多いため、どうしてもそちらが上位になってしまうようです。いずれにせよ、就職をするのであればまず困ることはないというふうに感じました。

今回のまとめ

いかがでしたでしょうか。
今回は、広島大学「経済学部」の卒業生の方にインタビューをした内容をご紹介してみました。

広島大学「経済学部」の詳しい就職先や学生の雰囲気、学費や奨学金制度についてもっと知りたい方はぜひマイナビ進学で大阪大学のパンフレットを請求してみて下さい。

大阪大学のパンフレットを請求

関連記事
広島大学の全体的な評判

誹謗中傷と捉えたコメントのIPアドレスは全て記録しています

*