【広島大学】教育学部の評判とリアルな就職先


こんにちは!
今回は広島大学「教育学部」の評判について、卒業生の方にインタビューをしてきました。

広島大学「教育学部」の詳しい就職先や学生の雰囲気、学費や奨学金制度についてもっと知りたい方は広島大学のパンフレットを請求してみて下さい。ネット上に掲載されていない貴重な情報が沢山見つけられますよ。

マイナビ進学を使えば、広島大学のパンフレットは簡単に請求できますので、少しでも広島大学「教育学部」への受験を検討している方はパンフレットを取り寄せてみて下さい。

広島大学のパンフレットを請求

それでは、さっそく広島大学「教育学部」の評判について見ていきましょう!
今回インタビューをした方は広島大学「教育学部」初等教育教員養成コースの卒業生です。

関連記事
広島大学の全体的な評判

広島大学「教育学部」の評判まとめ

広島大学「教育学部」の偏差値と入試難易度

◇教育学部
学校-初等教育…偏差値55
学校-特別支援教育…偏差値50
科学-自然系…偏差値50
科学-数理系…偏差値55
科学-技術・情報系…偏差値50
科学-社会系…偏差値52.5
言語-国語文化系…偏差値55
言語-英語文化系…偏差値57.5
言語-日本語教育系…偏差値55
生涯-人間生活系…偏差値52.5
人間-教育学系…偏差値57.5
人間-心理学系…偏差値57.5

広島大学教育学部は筑波大学人間学群の少し下、岡山大学教育学部の少し上くらいです。

ほとんどの人が西日本から来ていました。東日本で教育学部志望の方は筑波大学を目指す人が多い印象です。

学部にいる大体の学生が広島大学を第一志望にしていました。特に初等教育教員養成コースは小学校の先生になるコースとしては有名だったので、浪人してでも入学する学生が結構いました。浪人生と現役生の割合は大体半々くらいだった気がします。

広島大学「教育学部」の志望理由

私が広島大学教育学部初等教育教員養成コースに入学しようと思った理由は小学校の先生になりたかったからです。私が在籍していたコースでは小学校で教えるすべての教科の授業があり、さらに各教科の教材に関する授業がありました。また学科の先生方は前職が教員である方が多く、より実践的な授業のやり方を教えてもらえると思ったからです。

それと大学時代に児童と接する機会を作っておきたかったということも志望した理由に挙げられます。教育学部には教育実習以前にも事前実習として児童に指導できる機会を設けており、教育実習に行く前にも学校の雰囲気や、児童との接し方を学ぶ場が用意されていたから志望しました。実際に事前実習として児童に接したり、ボランティアで子供と接することは教育実習や現場でも役に立ちました。

広島大学「教育学部」に入学してから感じたギャップ

私が広島大学教育学部に入学してから感じたギャップは思ったよりも集団で行動することが多かったことです。私が所属していた初等教育教員養成コースは入学後すぐに学科内でイベントがあり、そのイベントで分かれたグループで行動することが多かったです。

授業もグループワークが多かったです。入学後、同じ学部の人と仲良くなる機会はたくさんあるのはいいと思います。ただ、私は集団行動が得意ではなかったので少し苦痛に感じました。教育実習はグループで授業をしていくため、グループ活動に慣れるためにこのような形になっているみたいです。

また初等教育教員養成コースは、卒業するために必ず教育実習に行かなければいけません。学科のみんなで広島大学の、附属の小学校に行くようにカリキュラムされていました。私は自分の母校に実習に行くものだと思っていたのでそこでもギャップを感じてしまいました。

広島大学「教育学部」の外からみた評判と、内部生からみた評判

世間からの評判

塾でバイトをしていたのですが、採用されるとき広島大学教育学部の学生だと話すととても喜ばれました。なのでバイトに採用されやすかった気がします。あと地元では広島大学の学生ですと話すと、優秀だという印象を持たれることが多かったです。

県内だけでなく、中国地方では広島大学はかなり有名です。なので中国地方で就活をする方にとっては、ネームバリューがあり武器になると思います。一方で関東の人などに広島大学の学生だと言っても、あまり知らないといわれることが多かったです。

内部生からみた評判

教育学部の広島大学の中での立ち位置としては、サークルのリーダーなど、活動の中心になる人が多いという立ち位置でした。実際に学部内でもサークルのリーダーをやっていたり、様々な活動を中心的にやってる人が多かったです。グループで活動することが好きで、社交的な人が結構いた印象もあります。

またボランティア活動に積極的で、子供が好きな人が多かったです。子供関連のボランティアを企画したり、サークルを設立すること人が結構いました。教育学部の学生はサークル等を設立したり、運営を中心的にやるといった社交的な人達の集まりいう立ち位置で学内では有名でした。

広島大学「教育学部」のそれぞれの学科で勉強すること

広島大学教育学部には第一類、第二類、第三類、第四類、第五類があります。

第一類は初等教育教員養成コースがあり小学部の教育について学びます。人数は約二百人いました。教育実習は三つの学校から選んで行き、グループごと分かれに授業をしていきます。社交的で、集団行動が得意という特徴を持つ人が多いです。

第二類、第三類、第四類は中学部、高学部の各教科について学ぶコースです。このコースは理学部や文学部など別の学部で授業をすることが多く、各教科の専門的な知識が豊富な学生が多いという印象があります。外国人留学生のコースもありインターナショナルな印象もありました。個性的という特徴を持つ学生が多いです。

第五類は教育学や心理学を学ぶコースで、研究熱心でまじめな人が多いという印象でした。私が所属していた初等教育教員養成コースは人数が多くかつイベントやサークルの中心になることが多かったので、学内でも目立っていました。

広島大学「教育学部」のリアルな就職先について

広島大学教育学部では、地元で教員採用試験を受けて教員になる人が多かったです。優秀な人たちは一年目で教員採用試験に受かり、正規職員になっていました。

また普通の層の人たちは教員採用試験に落ちて、地元に帰って非常勤講師をしてから二年目に受かってました。就職に失敗した層は、現在も非常勤講師をしながら教員採用試験受けています。

また実習で教員が合わないことに気づき、途中で進路を変え公務員試験を受ける人も結構いました。他にも教科を教えることが好きな人は、大手の塾で講師になる人もいました。教材を作ることに興味がある人はベネッセなどの教材を作る会社に就職したりしました。

特別支援教育などの授業を受講していた学生は、特別支援の学校に赴任したり、福祉施設に入社したりする人もいました。全体としては教員になる学生が8割程度で大部分を占めていた気がします。

今回のまとめ

いかがでしたでしょうか。
今回は、広島大学「教育学部」の卒業生の方にインタビューをした内容をご紹介してみました。

広島大学「教育学部」の詳しい就職先や学生の雰囲気、学費や奨学金制度についてもっと知りたい方はぜひマイナビ進学で大阪大学のパンフレットを請求してみて下さい。

大阪大学のパンフレットを請求

関連記事
広島大学の全体的な評判

誹謗中傷と捉えたコメントのIPアドレスは全て記録しています

*
*
* (公開されません)