【関西外国語大学】外国語学部の評判とリアルな就職先


こんにちは!
今回は関西外国語大学「外国語学部」の評判について、卒業生の方にインタビューをしてきました。

関西外国語大学「外国語学部」の詳しい就職先や学生の雰囲気、学費や奨学金制度についてもっと知りたい方は関西外国語大学のパンフレットを請求してみて下さい。ネット上に掲載されていない貴重な情報が沢山見つけられますよ。

マイナビ進学を使えば、関西外国語大学のパンフレットは簡単に請求できますので、少しでも関西外国語大学「外国語学部」への受験を検討している方はパンフレットを取り寄せてみて下さい。

関西外国語大学のパンフレットを請求

それでは、さっそく関西外国語大学「外国語学部」の評判について見ていきましょう!
今回インタビューをした方は関西外国語大学「外国語学部」英米語学科の卒業生です。

関西外国語大学「外国語学部」の評判まとめ

関西外国語大学「外国語学部」の偏差値と入試難易度

◇外国語学部
英米語学科…偏差値52.5
スペイン語学科…偏差値52.5

関西外国語大学外国語学部の難易度は関西大学外国語学部の少し下、京都外国語大学外国語学部の少し上くらいです。

実際に同じ学部の友人の多くは、京都外国語大学と併願して合格しており、蹴ってこの大学に来ていました。また、国公立大学と併願する人は、神戸市外国語大学外国語学部と併願して、国公立大学に不合格となり、関西外国語大学に進学している人が多く見られました。また、関西大学に不合格になり、この大学に進学する人も多かったです。

関西外国語大学「外国語学部」の志望理由

私が関西外国語大学外国語学部を志望した理由は、全国の外国語大学の中で一番規模が大きいため知名度があり、充実した留学制度に興味を持ったからです。

文系の就職活動において、大学の規模や知名度という観点はかなり重視されると聞きました。もちろん、MARCHや関関同立に進学出来れば知名度に関して問題はありませんが、当時そこまでの偏差値と受験勉強に対してのモチベーションが無かった私は、そこそこの偏差値で知名度の高い大学という観点で大学選びをしました。そこで見つけたのが関西外国語大学でした。

全国に「外大」と名前のつく大学は7校ありますが、その中で1番学生数が多く、また留学制度が充実しているため、ここだと思い、この大学への進学を希望しました。

 

指定校推薦や公募推薦の志望理由書を書いている方は、ぜひマイナビ進学で関西外国語大学のパンフレットを取り寄せてみて下さい。大学パンフレットを見れば関西外国語大学「外国語学部」のカリキュラムや特徴について詳細に知ることができますので、志望理由書を他の受験生と差別化することができます。

関西外国語大学のパンフレットを請求

関西外国語大学「外国語学部」に入学してから感じたギャップ

私が関西外国語大学外国語学部に入学してから感じたギャップは、指定校推薦の学生の英語力の低さです。

本当になぜ外大に受かったの?というような英語力しかない学生も多くいました。外国語学部英米語学科なので、オールイングリッシュの講義がかなり多いです。クラス分けテストで英語力に合わせたクラスに分けられますが、もともとの英語力が低すぎると単位を取るのも大変そうでした。

その点、一般入試組はそれなりに英語力を持って入学してきているので単位習得に苦労はそこまでしていない印象です。

関西外国語大学「外国語学部」の外からみた評判と、内部生からみた評判

世間からの評判

関西外国語大学の学生ですと大学外の人に自己紹介すると、必ず聞かれるのが留学へ行くのですか?という質問です。やはり、留学制度が充実していることで有名なのか、関西外大生=留学に必ず行くと思われているようです。

また飲食店でアルバイトをしていた友人は、外国人のお客さんが来店されたら英語でのコミュニケーションを任されていたようでした。全体的には、英語が話せる、海外志向の強い人という印象を持たれていたように感じています。

内部生からみた評判

外国語学部英米語学科に在籍している学生の傾向としては、海外志向の強いタイプと、なんとなく受かった大学に入学してきたというタイプに二極化します。

海外志向の高いタイプの学生は、長期休暇になるとバックパッカーとしていろいろな国を巡ったり、航空系企業に就職したいという学生が多いイメージです。中には休学してワーキングホリデーに行く学生も多いので、良くも悪くも自立してサバサバしている人が多いと思います。

一方、もう片方のタイプの学生はよくいる普通の大学生で、なんとなく単位を取って就活して全く語学を使わない環境で就職していくイメージが強いです。

関西外国語大学「外国語学部」のそれぞれの学科で勉強すること

関西外国語大学外国語学部には、英米語学科、スペイン語学科の2つがあります。英米語学科は英語を専攻に、スペイン語学科はスペイン語を専攻にしています。

スペイン語学科に対する個人的な印象ですが、スペイン語が多く話されているのがヨーロッパであることも関係しているのか、ヨーロッパサッカーが好きな人が多い印象です。また、外国語学部内では、若干英米語学科の方が頭が良いとされていますが、英語キャリア学部の方が断然賢いと言われているため、そちらは別格の扱いをされています。

英語キャリア学部は基本的に1年以上の留学が必須となっている学部であり、こちらの学部の留学の特徴としては、語学を学びに行くのではなく、実際に海外の大学で専門科目を学ぶということが挙げられ、学内での人気も高いです。

関西外国語大学「外国語学部」のリアルな就職先について

主な就職先として、基本的に航空関係、観光関係、ホテル関係、教育関係が強いイメージです。

航空関係では、キャビンアテンダント採用者数全国1位を何年も連続で取っているそうで、大学の講義にもANAと提携しているエアラインに関する講義があります。優秀な学生は、ANA、JALなど日本国内の航空会社を始め、シンガポール航空やエミレーツ航空にも就職者がいます。

また観光系では、JTBやHISなどを筆頭とした大企業、またホテル関係ではヒルトンホテルなどに就職しているようです。その他、英語教員もかなりの数を輩出しているようです。

普通の層の学生は、地方銀行や中小企業の営業職などが多いイメージです。コミュニケーション能力が高い傾向があるので営業職が全体的に多いです。最後に一定数ではありますが、内々定で卒業しフリーターになる学生や、卒業してからワーキングホリデーで海外に行く学生もいます。

 

関西外国語大学「外国語学部」の具体的な就職先については、ぜひ大学パンフレットでご確認下さい。大学が開示している情報と卒業生からのリアルな口コミを比べてみることも大切です。

関西外国語大学のパンフレットを請求

今回のまとめ

いかがでしたでしょうか。
今回は、関西外国語大学「外国語学部」の卒業生の方にインタビューをした内容をご紹介してみました。

関西外国語大学「外国語学部」の詳しい就職先や学生の雰囲気、学費や奨学金制度についてもっと知りたい方はぜひマイナビ進学で関西外国語大学のパンフレットを請求してみて下さい。

関西外国語大学のパンフレットを請求

コメントをかく

*