【神戸大学】国際人間科学部の評判とリアルな就職先


こんにちは!
今回は神戸大学「国際人間科学部」の評判について、在校生の方にインタビューをしてきました。

神戸大学「国際人間科学部」の詳しい就職先や学生の雰囲気、学費や奨学金制度についてもっと知りたい方は神戸大学のパンフレットを請求してみて下さい。ネット上に掲載されていない貴重な情報が沢山見つけられますよ。

スタディサプリ進路を使えば、神戸大学のパンフレットは簡単に請求できますので、少しでも神戸大学「国際人間科学部」への受験を検討している方はパンフレットを取り寄せてみて下さい。

神戸大学のパンフレットを請求

それでは、さっそく神戸大学「国際人間科学部」の評判について見ていきましょう!
今回インタビューをした方は神戸大学「国際人間科学部」グローバル文化学科の在校生です。

関連記事
神戸大学の全体的な評判

神戸大学「国際人間科学部」の評判まとめ

神戸大学「国際人間科学部」の偏差値と入試難易度

◇国際人間科学部
グローバル文化学科…偏差値62.5
発達コミュニティ学科…偏差値60
環境共生学科 …偏差値62.5
子ども教育学科…偏差値60

神戸大学国際人間科学部グローバル文化学科の難易度は、関西圏では大阪大学外国語学部の下で同志社大学グローバルコミュニケーション学部やグローバル地域文化学部、関西学院大学国際学部の少し上くらいです。

大阪大学や京都大学を落ちて後期試験で神戸大学に来た学生がいます。また、関関同立への併願していた友達も多いです。関東圏では、あまり詳しくありませんが一橋大学や早慶上智の少し上もしくは同等レベルくらいだと思います。

神戸大学「国際人間科学部」の志望理由

私が神戸大学国際人間科学部グローバル文化学科を志望していた理由は、大学で学びたいことに合致していたことと立地の2点です。

一つ目の学びたいことは、言語を学ぶのではなく英語を使って異文化や世界情勢について理解を深めたいという希望を持っており神戸大学国際人間科学部グローバル文化学科のOCで話を聞いてそれがかなえられると感じました。また、在学中に長期留学をしたいと考えていたので留学が必須の学部であるこの学部を選びました。

他の大学で、留学が必須でも学部内のほとんどが同じ海外の大学や語学学校に通うという制度を設けているところは現地でも日本人の友達とばかり話せる環境であり、私が求めている留学とは言えないと感じたため神戸大学の交換留学制度に特に興味を持ちました。

二つ目は、家から通えて高校の時から行き慣れている神戸の街が近くにあるので大学生活が楽しくなると感じたからです。この二点の他、自身の大学時代の学力やOCで受けた印象をもとに決めました。

神戸大学「国際人間科学部」に入学してから感じたギャップ

グローバル文化学科という名前でありながら、英語で行われる授業は想像していた以上に少なかったです。私自身、長期留学という目的は達成しましたが達成できるかどうかは自分の英語力をどこまで伸ばせるかという部分が大きく交換留学に行きたかったけど面接で落とされた人もいます。

自信が無い人はあらかじめ用意されているプログラムに皆で行くという留学制度をとっている大学の方がいいと思います。国際人間科学部のキャンパス内の教室や食堂は高校のような感じで私立ほどおしゃれな感じではなかったです。

神戸大学「国際人間科学部」の外からみた評判と、内部生からみた評判

世間からの評判

神戸大学というと、国立大学ということもあり好印象で頭がいいと言うイメージです。関西圏では神戸大学と言うと上位層で就職にも有利だと思われています。関西学院大学に近いところでバイトをしていたので、その時最初は大学名を言うと頭が良すぎて恐れると言われました。

学部に関しては私が入学した時が学部統合後最初の入学年なので、国際人間科学部という名前を言っても何を勉強しているのか聞かれることが多いです。グローバル文化学科という名前を出した方が学んでいることが伝わっている気がします。

内部生からみた評判

国際人間科学部グローバル文化学科は、キラキラグロ文の愛称で親しまれており、神戸大学の中でもおしゃれ女子が多いと思われています。実際に、かわいい女の子やおしゃれな男の子は多いです。

学力に関しては、他の学部と比べることはあまりしませんが英語に関してはとびぬけており、留学と言えばグロ文の学生という感じです。海外旅行が好きだったり洋画・洋楽に興味がある学生が多いように思います。

Instagramも休暇になると多くの人がヨーロッパやアジアに旅行に出かけている写真がたくさん流れてきます。また、かきあげ前髪や眉毛が太めの海外の女性のような感じのメイクをしている学生も他学部よりは多いように思います。

神戸大学「国際人間科学部」のそれぞれの学科で勉強すること

神戸大学国際人間科学部グローバル文化学科では、2回生の後期からグローバル社会動態プログラム、グローバル文化形成プログラム、グローバルコミュニケーションプログラムの3つに分けられます。

グローバル社会動態プログラムは、国際関係やジェンダーに興味がある人。グローバル文化形成プログラムは一つのエリアや国に絞ってその文化を学びたい人。グローバルコミュニケーションプログラムは翻訳やIT系を学びたい人。と言う感じです。

ただ、自分の属していないプログラムからも授業は履修できるため縛りは強くありません。よって、ヒエラルキーなども特にありません。ただ、社会動態プログラムには毎年パリピの学生が集まると言われています。

神戸大学「国際人間科学部」のリアルな就職先について

神戸大学国際人間科学部グローバル文化学科を卒業した学生はほとんどが一般企業に就職します。しかし、中には起業する人や神戸大学の大学院もしくは別の大学の院、海外の院に進む人、長期留学により就活が間に合わず1年卒業を遅らせて5年で卒業する生徒などもいます。

大部分である一般企業に就職する人は、三井住友銀行などの大手銀行やANAやJALなど航空関係、伊藤忠商事、三菱商事、三井物産などの大手商社、アクセンチュアやIBMなどの外資系コンサルなどが多いです。神戸市役所などの公務員になる学生も少しいます。

残念な層の人たちでも中小企業には内定を頂いていることが多いです。傾向については、英語を使った仕事をしたいと思っている学生が多くおり、中にはNGOなどの機関や外務省で将来働くために企業に一度就職するという学生も見受けられます。

今回のまとめ

いかがでしたでしょうか。
今回は、神戸大学「国際人間科学部」の在校生の方にインタビューをした内容をご紹介してみました。

神戸大学「国際人間科学部」の詳しい就職先や学生の雰囲気、学費や奨学金制度についてもっと知りたい方はぜひスタディサプリ進路で神戸大学のパンフレットを請求してみて下さい。

神戸大学のパンフレットを請求

関連記事
神戸大学の全体的な評判

コメントをかく

*