【明治大学】経営学部の評判とリアルな就職先


こんにちは!
今回は明治大学「経営学部」の評判について、卒業生の方にインタビューをしてきました。

明治大学「経営学部」の詳しい就職先や学生の雰囲気、学費や奨学金制度についてもっと知りたい方は明治大学のパンフレットを請求してみて下さい。ネット上に掲載されていない貴重な情報が沢山見つけられますよ。

マイナビ進学を使えば、明治大学のパンフレットは簡単に請求できますので、少しでも明治大学「経営学部」への受験を検討している方はパンフレットを取り寄せてみて下さい。

明治大学のパンフレットを請求

それでは、さっそく明治大学「経営学部」の評判について見ていきましょう!
今回インタビューをした方は明治大学「経営学部」経営学科の卒業生です。

明治大学「経営学部」の評判まとめ

明治大学「経営学部」の偏差値と入試難易度

◇経営学部
…偏差値62.5

明治大学経営学部の難易度は、立教大学経営学部の少し下、青山学院大学経営学部の少し上くらいです。

自分の受験結果として、明治大学以下の青山学院大学、中央大学、学習院大学は合格しました。一方、立教大学以上の上智大学、早稲田大学は不合格となりました。

実際に、同大学の友人たちは、立教大学以上の大学を合格し、それを蹴って明治大学に来た学生はいませんでした。明治大学はMARCHの中では難易度は高めではないでしょうか。

明治大学「経営学部」の志望理由

もともと会社経営に興味を持っており、将来起業をしたいと考えていました。起業にあたり、経営学の知識は必ず役に立つと思いましたので、経営学部を目指すことにしました。経営学部を目指すにあたり、立教大学の経営学部のカリキュラムに特に魅力を感じていました。しかし、それ以外の大学の経営学部には特別な思いは特に持っておらず、それなりの大学であればいいと思っていました。

受験の結果、希望の大学は不合格となってしまったので、合格した中で、オープンキャンパスで行ったときの雰囲気が一番良かった明治大学に行くことにしました。御茶ノ水にあるリバティタワーからの景色がなぜか印象に残っていたこと、和泉キャンパスの落ち着いた雰囲気が気に入っていたことが決断の理由になりました。

明治大学「経営学部」に入学してから感じたギャップ

私が明治大学経営学部に入学してから感じたギャップは、リバティータワーでの学生生活が非常に退屈だったことです。

入学前のオープンキャンパスでは、こんなに素晴らしい建物で勉強できるのかと思っていたが、いざ学生生活をそこで送ろうとすると、気軽に休めるような居場所がほとんどないのです。おかげで、授業間に空きコマができると時間をつぶすのに非常に苦労しました。また、娯楽が特にないので、遊びにいくこともあまりできず、楽しいキャンパスではありませんでした。

明治大学「経営学部」の外からみた評判と、内部生からみた評判

世間からの評判

大学を言うと優秀だねと言われることがあります。ただ、評判も人によって様々です。なんとなく頭がよさそうと言ってくれる人もいれば、なんかチャラそうという人もいたり、自分にぴったりだねと言ってくれる方などがいました。

総じて、自分が勉強をしていたことを褒めてくれるパターンと、大学の学生のイメージを語る人の2パターンがあると思います。周りの人からみると、私は明治大学にぴったりの人物であるという評価をしてくれました。

内部生からみた評判

明治大学の経営学部は、「あったか経営」という名で通っています。明治大学には経営学部の他に商学部や政治経済学部があり、同じようにビジネスに通ずるその2つに比べると経営学部の影は薄く、あったのかという意味で「あったか経営」と言われています。

商学部が一番人気のある学部で、その次に政治経済学部が人気があります。それよりも下にいるので、どうしても隠れがちになってしますのでただ、特に馬鹿にされているという訳ではありません。 学部在籍の学生に特別な傾向があるようには感じていません。学部ではなく、それぞれの学生個々人に個性があり、みんな異なった能力があります。

明治大学「経営学部」のそれぞれの学科で勉強すること

明治大学経営学部では、経営学科、会計学科、公共経営学科の3つがあります。経営学科は、主に企業の成り立ちや企業活動、マネジメント、雇用等、会社経営全般に関する知識を学びます。

会計学科では、その名の通り、会計に関することを学びます。そのためこの学科では簿記の資格を取る学生がほとんどです。

公共経営学科は、公共事業、つまり行政の運営についての知識を学びます。そのため、将来公務員となることを目指す学生がほとんどで、ほとんどの学生が就職試験は公務員採用試験を受験していました。

学科内のヒエラルキーは特にありませんが、経営学科の学生の数が大多数を占めています。学部で何かすることがもしあれば、経営学科が強くなる可能性が非常に高いでしょう。

明治大学「経営学部」のリアルな就職先について

明治大学経営学部の就職先として、特に人気の業界は、金融業・保険業・製造業・情報通信業の3業界です。

優秀層は、それら業界のトップ企業に入社していきます。金融業ではみずほ銀行、保険業では三井住友海上火災保険、製造業では三菱電機や大日本印刷、情報通信業界では、NTTドコモなどです。いずれも業界大手かつ、一般的に認知されている企業がほとんどです。

普通の層の学生は、それらトップ総が入社する業界の2番手以下もしくは、その業界に入れず、別業界の会社に入社していきます。その層の学生になると、明確に入りたい会社ではなく、とりあえず入社できる会社を探し始めます。

残念な層の人達は、そもそも就職活動にあまりやる気がないので、業界をだいたい絞った中から適当に就活をしていきます。なので、具体的な会社名は特に分かりません。

今回のまとめ

いかがでしたでしょうか。
今回は、明治大学「経営学部」の卒業生の方にインタビューをした内容をご紹介してみました。

明治大学「経営学部」の詳しい就職先や学生の雰囲気、学費や奨学金制度についてもっと知りたい方はぜひマイナビ進学で明治大学のパンフレットを請求してみて下さい。

明治大学のパンフレットを請求

誹謗中傷と捉えたコメントのIPアドレスは全て記録しています

*