【龍谷大学】経営学部の評判とリアルな就職先


こんにちは!
今回は龍谷大学「経営学部」の評判について、卒業生の方にインタビューをしてきました。

龍谷大学「経営学部」の詳しい就職先や学生の雰囲気、学費や奨学金制度についてもっと知りたい方は龍谷大学のパンフレットを請求してみて下さい。ネット上に掲載されていない貴重な情報が沢山見つけられますよ。

マイナビ進学を使えば、龍谷大学のパンフレットは簡単に請求できますので、少しでも龍谷大学「経営学部」への受験を検討している方はパンフレットを取り寄せてみて下さい。

龍谷大学のパンフレットを請求

それでは、さっそく龍谷大学「経営学部」の評判について見ていきましょう!
今回インタビューをした方は龍谷大学「経営学部」経営学科の卒業生です。

関連記事
龍谷大学の全体的な評判

龍谷大学「経営学部」の評判まとめ

龍谷大学「経営学部」の偏差値と入試難易度

◇経営学部
経営学科…偏差値50

京都産業大学、近畿大学と同レベルだと感じています。

実際に龍谷大学に通っている学生のほとんどが上記の大学を受けていました。ほとんどの人が関関同立の滑り止めで受けているのではないでしょうか。もちろん龍谷大学を第一志望としていた人もいました。

その人のほとんどは京都産業大が、近畿大学、甲南大学を受けていたと思います。私の友達のほとんどは上記の2パターンのどっちかだと思います。たまに国立狙って落ちてきた人もいますが。

龍谷大学「経営学部」の志望理由

私が龍谷大学経営学部経営学科を志望した理由としては、2点です。

1.私は岡山県の出身で岡山には岡山大学を除いた大学のレベルが低いこと。特に私立大学で中間のレベルの大学がなく、関西の関関同立、産近甲龍を目指していました。高校時代関関同立を目指し勉強していましたが、後一歩及ばず合格には至りませんでした。しかしながら近畿大学、京都産業大学、龍谷大学には合格を果たしました。その結果として龍谷大学の入学に至りました。

2点目は京都で下宿をしてみたかったからです。その中でも龍谷大学は京都市内にキャンパスがあり、楽しい大学生活が送れるのではと思いました。深草キャンパスは規模もほどよく、立地としてもとても過ごしやすいと考えたからです。

龍谷大学「経営学部」に入学してから感じたギャップ

入学して感じたギャップというのは1点です。勉強ができる人、できない人のギャップが激しいことです。

勉強ができる人に関しては、大手企業に内定をもらう人も一定数います。しかしながら、勉強ができない、推薦入試に多い人は英語の授業などは中学生レベルの授業を行なっています。会話のレベルとしても噛み合わないレベルで勉強ができない子もいます。大学というものはある程度勉強したい、できる人が来ると思っていたのでそこにはギャップを感じました。

龍谷大学「経営学部」の外からみた評判と、内部生からみた評判

世間からの評判

大学の外からみた印象、大手企業に入社した場合、学歴に対してコンプレックスを感じてしまうと思います。龍谷大学と聞いて必ずしもわかってはもらえません。特に関東の大学に通っていた人にはほとんど知られていない、知っていてもあー、、、という反応になってしまうと思います。

龍谷大学と聞いてできる子だとはまず思われないと思います。若干気まずい空気が流れてしまうと思っていると丁度いいくらいではないかと個人的には思います。

内部生からみた評判

龍谷大学の経営学部は正直言って胸を張って言える大学ではありません。しかしながら、必ず数人はしっかりした人もいます。やる気があり、勉強をする人、ゼミなどに励む人、夢を持って自分のやりたいことをやっている人。そのような人が必ずいると思います。そんな人達と過ごせるととても有意義な大学生活を送れると思います。

龍谷大学の特徴としては、あまりガツガツしたプライドが高い人は少ないと感じています。友達として考えるととても気持ちよく過ごせる人が多いと思います。一生付き合える友達はできやすい環境だと言えるとおもいます。

龍谷大学「経営学部」のそれぞれの学科で勉強すること

基本的な経営学、一般教養について学びます。龍谷大学の経営学部に在籍していて、経営の力がつくとは考えない方がいいでしょう。基礎的な経営学、基礎的な一般教養を学ぶ学科だと考えてください。

学内のヒエラルキーでいくと、経営学部が1番高いのではないでしょうか。可愛い子、かっこいい子イケイケな子が比較的多いように感じます。そのせいか経営学部というと、他学部の学生からは羨ましがられると思います。

勉強が大変な単位をとりにくい学部ではないので、割と大学生活を楽しみたい人が多く在籍していると思います。学生生活を楽しんでいる学生の割合は龍谷大学の中でも1番多い印象を私は持っています。それが1番なのかもしれませんが。

龍谷大学「経営学部」のリアルな就職先について

私の周りの人は正直そこまでいい企業に就職はできていないと思います。1番多い就職先としては地元の地方銀行に就職している人が多いのではないでしょうか。ただ私は時価総額ランキングトップ30あたりの企業を5社から内定を貰えたので人によるとは思います。

ただ私のような就職活動の状況の人はとても少ないと思います。基本的には内定1社貰うのにみんな必死になっている状況です。ほとんどの人が1社内定を貰うと就職活動をやめてしまうような人が多いです。

他の質問項目でもお答えしましたが、ガツガツしている人が少ないからなのだと思います。とりあえず今がなんとかなればOKと言った人が大半です。しかしながら結局は自分次第だと思うので、自分でしっかり頑張ればある程度の企業には就職できるとおもいます。学歴フィルターありますよ。WEBテスト頑張らないとほとんど書類で落ちると思っていてください。大手企業に限りますが。

今回のまとめ

いかがでしたでしょうか。
今回は、龍谷大学「経営学部」の卒業生の方にインタビューをした内容をご紹介してみました。

龍谷大学「経営学部」の詳しい就職先や学生の雰囲気、学費や奨学金制度についてもっと知りたい方はぜひマイナビ進学で龍谷大学のパンフレットを請求してみて下さい。

龍谷大学のパンフレットを請求

関連記事
龍谷大学の全体的な評判

誹謗中傷と捉えたコメントのIPアドレスは全て記録しています

*
*
* (公開されません)