【明治大学】国際日本学部の評判とリアルな就職先


こんにちは!
今回は明治大学「国際日本学部」の評判について、卒業生の方にインタビューをしてきました。

明治大学「国際日本学部」の詳しい就職先や学生の雰囲気、学費や奨学金制度についてもっと知りたい方は明治大学のパンフレットを請求してみて下さい。ネット上に掲載されていない貴重な情報が沢山見つけられますよ。

マイナビ進学を使えば、明治大学のパンフレットは簡単に請求できますので、少しでも明治大学「国際日本学部」への受験を検討している方はパンフレットを取り寄せてみて下さい。

明治大学のパンフレットを請求

それでは、さっそく明治大学「国際日本学部」の評判について見ていきましょう!
今回インタビューをした方は明治大学「国際日本学部」国際日本学科の卒業生です。

明治大学「国際日本学部」の評判まとめ

明治大学「国際日本学部」の偏差値と入試難易度

◇国際日本学部
国際日本学科…偏差値62.5

明治大学国際日本学部の難易度は、法政大学国際文化学部の少し上、早稲田大学国際教養学部の少し下くらいです。

同じ学部の人は、早稲田大学国際教養学部や東京外国語大学など、国際系や語学系の大学を受験している人が多かったです。早稲田大学国際教養学部の場合、不合格のためこの大学に来たという人が多数を占めていましたが、この大学を第一志望として合格し入学してきた人も半分ほどの割合でいました。

滑り止めとして、明治学院大学国際学部や、独協大学国際教養学部等を受験している人が多かったです。

明治大学「国際日本学部」の志望理由

私が明治大学国際日本学部を志望したのは、英語を重点的に学べること、留学プログラムが充実している点に惹かれたためです。

入学後二年間、週に6時間の英語授業が必修科目として置かれています。リスニング、ライティング&リーディング、スピーキングの3科目で構成され、その他にもTOEFL対策や他の英語授業を履修することができるため、集中的に英語力向上に努めることができます。

また、1、2年次には広い領域から授業を履修するため、大学入学前には、しっかりと決めにくい今後の進路や学び追求していきたい分野を吟味し、知識を深めていけることも魅力的でした。

留学プログラムはハワイやディズニーランドへのインターンシップ留学制度など人気の高いプリグラムから、ヨーロッパやアメリカ等非常に多くの選択肢の中から選ぶことができ、在学生の半分以上が留学を経験していることも志望の強い要素でした。

明治大学「国際日本学部」に入学してから感じたギャップ

私が明治大学国際日本学部に入学してから感じたギャップは、思ったよりも留学生の姿を見かけないということでした。キャンパスがビル状になっており、各フロアに教室があるため、見かけないというのも理由の一つですが、絶対数はあまり多くなく、圧倒的に日本人学生が多い印象を受けました。

授業によっては留学生が履修生のほとんどを占めることもありますが、日本人学生と留学生との交流が閉鎖的であると感じました。自分から交流を深めるかどうかによって、国際的なつながりを広げるのは難しいという点を一番強く感じました。

明治大学「国際日本学部」の外からみた評判と、内部生からみた評判

世間からの評判

明治大学国際日本学部の学生であると自己紹介すると、何をする学部か初めてではまず理解してもらえず、その内容説明が必要でした。よく分からないという印象を抱かれる事が多いですが、説明をした限りでは、悪いイメージを持たれることはありませんでした。

また、国際という名称から英語が流暢であるとイメージする人が多く、具体的な学力や学生の雰囲気に言及されることは少なかったです。学部としてのイメージというよりは、より理解し易い明治大学の学生として、人気のある大学と受け取ってもらう事がほとんどです。

内部生からみた評判

明治大学の中では歴史の浅い学部であり、キャンパスも当該学部ともう1学部のみであり、大学内で直接的な評判を耳にする機会は少ないです。

大学外からの評価と同様、英語に強く、学生は皆流暢に話せるという印象が広く浸透しています。専門性と言う観点からは、語学という点が前面に出ているため、語学以外の専門性や授業内容はあまり高度でないと思われることが多いです。

入試段階での難易度は比較的高いことから、軽んじられるということはありません。また、国際的な学部であることから、明るい印象やオープンな人が多いという印象を抱かれることが多いです。

明治大学「国際日本学部」のそれぞれの学科で勉強すること

国際日本学部は、国際日本学科のみで構成されており、学部内の全学生が自動的に当該学科に所属することになります。明治大学では文学部等を除き、学部学科が同一であることが多く、国際日本学部も同様です。

当学部では2年間、英語3科目を週各2時間ずつ、合計6時間の必修科目が設けられています。その中で、集中的に英語を学び、その他にも英語科目を履修できます。メインとなるのは上述した授業で、興味のある分野を浅くも広くも学べます。

また、学生の半数以上が留学を経験し、留学をしても規定条件を満たせば、4年での卒業が可能です。留学は学部でのプログラムとして、半年間の留学が多く、ディズニーランドやハワイのホテルでのインターンシッププログラムなどが整備されており、人気となっています。

明治大学「国際日本学部」のリアルな就職先について

最も人気のある業種は航空関係です。ANAやJALなどの大手航空会社に就職、または空港への就職が多いです。入学後から志望し、そのれに向けて取り組み、実際に就職した人や途中から興味を持ち、就職している人が多いです。

他には、文系であるため営業職への就職が多くその中でも銀行が人気です。大手3社への就職を決める人や、その他証券会社等、金融関係の業界を選択することも多いです。地方出身者でも、Iターンを希望する人は少なく、都近郊への就職率が高くなっています。

また、近年の傾向として企業側の求人にIT業界が多いため、IT企業への就職者も少なくありません。外資系としてアマゾンやGoogle等の企業や海外就職を希望し、実際に就職する人や、海外勤務の可能な企業への就職者などがあり、これら業界に就職する人がほとんどです。その他海外大学院への入学や、当学部の大学院進学をする人も少数ですがいます。

今回のまとめ

いかがでしたでしょうか。
今回は、明治大学「国際日本学部」の卒業生の方にインタビューをした内容をご紹介してみました。

明治大学「国際日本学部」の詳しい就職先や学生の雰囲気、学費や奨学金制度についてもっと知りたい方はぜひマイナビ進学で明治大学のパンフレットを請求してみて下さい。

明治大学のパンフレットを請求

誹謗中傷と捉えたコメントのIPアドレスは全て記録しています

*
*
* (公開されません)