【三重大学】工学部の評判とリアルな就職先


こんにちは!
今回は三重大学「工学部」の評判について、卒業生の方にインタビューをしてきました。

三重大学「工学部」の詳しい就職先や学生の雰囲気、学費や奨学金制度についてもっと知りたい方は三重大学のパンフレットを請求してみて下さい。ネット上に掲載されていない貴重な情報が沢山見つけられますよ。

マイナビ進学を使えば、三重大学のパンフレットは簡単に請求できますので、少しでも三重大学「工学部」への受験を検討している方はパンフレットを取り寄せてみて下さい。

三重大学のパンフレットを請求

それでは、さっそく三重大学「工学部」の評判について見ていきましょう!
今回インタビューをした方は三重大学「工学部」情報工学科の卒業生です。

関連記事
三重大学の全体的な評判

三重大学「工学部」の評判まとめ

三重大学「工学部」の偏差値と入試難易度

◇工学部
総合工学…偏差値50
機械工学…偏差値52.5
電気電子工学…偏差値52.5
応用化学…偏差値50
建築学…偏差値55
情報工学…偏差値52.5

三重大学の難易度は、岐阜大学工学部の少し上、名古屋工業大学の少し下くらいです。

同じ大学に入学した友人は、名古屋工業大学や名古屋大学を諦めてきた人が多かったです。僕自身は豊田工業大学に落ちたので三重大学に入学しました。

国公立の大学ですが、入学自体の難易度はそれほど高くはありません。しかし、卒業・進級の難易度は高く、2年から3年への進学は全体の6割程度といわれていました。同期の友人たちも多く留年し、進級率は5割程度だったと聞きました。

三重大学「工学部」の志望理由

私が三重大学工学部へ入学した理由は、人工知能の開発に携わりたかったからです。そのためには情報系の勉強が必要だと感じたために、近くの大学の中から探していました。三重在住だったので、三重・愛知・岐阜エリアから探しました。三重大学、名古屋大学、名古屋工業大学、豊田工業大学がリストアップされ、センター試験の結果から三重大学に出願しました。

他の理由として、マンマシンインターフェイスの開発にも興味があったので情報工学科という選択になりました。オープンキャンパスでみた先輩たちの研究が凄くとても興味をひかれました。

三重大学「工学部」に入学してから感じたギャップ

まず、人工知能に関してはほとんど学べませんでした。研究室の選択によっては携わることができたのですが、研究室には人数制限があり、また人工知能系の研究室はとても人気が高いため簡単には入ることができないと思います。

コンピュータの勉強なので、とても現代的でかっこいいものと想像していましたが、実際は思っていたよりとても地味な物でした。カチカチ打ち込んでは、エラーにイライラしていた日々を今でも覚えています。とはいえ、やっている内容は社会に出て役に立つものばかりでした。

三重大学「工学部」の外からみた評判と、内部生からみた評判

世間からの評判

三重大学工学部の評判は、とても有名で人気が高く県内では「三重県の東大」と崇められるほどでした。実際に、飲み屋などで知らないおじさんに出身大学を聞かれて答えたところ、お酒や食事を振舞ってもらったこともあるほどです。三重県内ではトップの実力があるため、女性からもモテます。大学近くに短期大学があったのですが、そこの女子は大体が三重大学の男性と付き合っていました。

また、この地方では工業が盛んなため就職に有利という事を周りも分かっているのか、もてはやされていたのを覚えています。

内部生からみた評判

工学部は、三重大学内の人から見るとインキャの巣窟でした。しかし、他の学部よりも入試の難易度・進級の難易度も高いため賢い人たちとみられていました。文系の学部はきらきらした人が多く、理系の学部はインキャが多いと言われていました。実際、デブ・オタク・メガネが多く、モテなさそうな人の割合がとても多かった気がします。

しかし、少数派ですが工学部の中にもきらきらしたイケメンたちも存在しました。その人たちは、学内でもとてもモテていました。おそらく、理系というスぺックの高さと同学部のインキャ達との比較もあってモテていたのでしょう。

三重大学「工学部」のそれぞれの学科で勉強すること

三重大学工学部には情報工学科、建築工学科、電気電子科、物理工学科が存在しました。

情報工学科は、コンピュータについて学びます。コンピュータの内部であるソフトウェアはもちろん、ハードウェアについての勉強もみっちりと行います。しかし、ソフトウェアに関しては、C言語をメインとして扱っているので少し古臭く感じました。工学部内でも比較的人気だったようです。

建築工学科は、建築について学びます。物理学の勉強から設計書の書き方、実際に建築物を作る授業もあるそうです。

電気電子科は、論理回路などの機械内部の回路について学びます。この学科のヒエラルキーは低く、きつい割に就職が悪い、インキャが多いと馬鹿にされていました。

物理工学科は、物理学について学ぶそうです。私も詳しくは分かりません。

三重大学「工学部」のリアルな就職先について

三重や愛知は工業・コンピュータ産業が盛んなので、一般的な就職先は工場・ソフトウェア会社・ゲーム開発会社・精密機械会社が多かったかと思います。もちろん、その他にも工業系の会社に就職した友人はいました。トヨタ系列やデンソー森精機などはとても人気が高かったことを覚えています。

また、ゲーム会社への就職も多いです。同学部他学科と比べ、プログラミングができるというスキルを活かせる職場として人気が高かったのでしょう。実際会社側からの需要もとても高く、就職セミナーではとても声をかけられました。やはり、総合的にみるとソフトウェアやコンピュータ系の会社への就職率はとても高いです。この業界は、努力すればするほど直接給与に繋がる為個人的にはとてもオススメできます。

三重大学工学部情報工学科を出て、就職に困っているという人を聞いたことがないので就職にはとても強いのだと思います。

今回のまとめ

いかがでしたでしょうか。
今回は、三重大学「工学部」の卒業生の方にインタビューをした内容をご紹介してみました。

三重大学「工学部」の詳しい就職先や学生の雰囲気、学費や奨学金制度についてもっと知りたい方はぜひマイナビ進学で三重大学のパンフレットを請求してみて下さい。

三重大学のパンフレットを請求

関連記事
三重大学の全体的な評判

コメントをかく

*