三重大学の評判と偏差値【地元三重で伝統のある大学】


こんにちは!
今回は三重大学の評判について、卒業生の方にインタビューをしてきました。

結論から言うと、三重大学は地元三重では非常に伝統のある大学なので、この先も三重で生活していくと決めている方にはとても良い大学です。

この記事以上に三重大学の情報を詳しく知りたいかたはマイナビ進学というサイトで三重大学の学校パンフレットを取り寄せて下さい。

奨学金情報をはじめとしたネット上にのっていない貴重な情報が沢山ありますよ。
なお、マイナビ進学を使えば三重大学パンフレットは簡単に取り寄せることができます。

それでは、さっそく三重大学の評判について見ていきましょう!
三重大学のパンフレットを請求
今回インタビューをした方は三重大学生物資源学部卒業生です。

三重大学の評判まとめ

三重大学の偏差値

◇人文学部
文化学科…偏差値52.5
法律経済学科…偏差値55

◇教育学部
学校-国語(初)…偏差値52.5
学校-国語(中)…偏差値55
学校-社会科(初)…偏差値52.5
学校-社会科(中)…偏差値55
学校-数学(初)…偏差値50
学校-数学(中)…偏差値50
学校-情報(中)…偏差値47.5
学校-理科(初)…偏差値50
学校-理科(中)…偏差値50
学校-技術・ものづくり(初)…偏差値50
学校-家政(初)…偏差値50
学校-家政(中)…偏差値50
学校-英語(初)…偏差値52.5
学校-英語(中)…偏差値55
学校-特別支援教育…偏差値50
学校-幼児教育…偏差値52.5
学校-教育学…偏差値52.5
学校-教育心理学…偏差値52.5

◇医学部
医学科…偏差値65
看護学科…偏差値50

◇工学部
総合工学…偏差値50
機械工学…偏差値52.5
電気電子工学…偏差値52.5
応用化学…偏差値50
建築学…偏差値55
情報工学…偏差値52.5

◇生物資源学部
資源循環学科…偏差値50
共生環境学科…偏差値50
生物圏生命化学科…偏差値50
海洋生物資源学科…偏差値52.5

三重大学の学生の学力レベル

県内や近隣の県の進学校卒業者が多かったです。

三重大学の学力レベルを他の大学と比較すると、
名城大学、南山大学<三重大学 といった印象。

三重大学の世間からの評判

地元では三重大学出身というと賢いね優秀だねというように扱われることが多いが、県外では何のイメージも持たれていない印象である。

近隣の県の大企業に勤めている友人たちによると、周りに自分たちと同じような学歴の人がいないため、嫌味がなくてちょうどいい、悪すぎず良すぎずでちょうどいい、と言っていた。関東などに行くとそのイメージすらないのではないだろうか。

地元の人のなかには三重大学オリジナル商品や関連企業についてのイメージも持っている人が多いと思う。また、国立大学なので、真面目で地元密着のイメージもあるのではないかと思う。三重大学出身というと国立なのでお金がかからなくて親孝行というように言われることも多い。

地元企業では同じ大学の卒業生が多くいる場合もあるが、だからといって派閥のようなものがあるわけでもないと思う。
歴史のある大学なので地元年配の人の中には特に良いイメージを持っている人もおおいのではないかと思う。

三重大学の学生の様子

特別にこの人はすごいなという学生はそんなに多くないが、みんなだいたい真面目であると思う。

普通にそれなりに単位を取ってバイトして遊んで、それなりに就活して卒業する、という学生が多いと思う。国立大学だからなのか田舎の大学だからなのか、根は真面目で派手すぎない学生が多い印象である。

同じ学部内に非常に意欲的に研究したり勉強したりという学生があまりいなかったことは少し残念であったが、どの学部をみても荒れているというイメージが一切なかったことは良かった。

また、授業中寝たり出席していない学生はたくさんいたと思うが、どの講義もうるさすぎたりマナーの悪さが目立つということはなかった。

学部や学科の講義は人数も少なく、出欠をとる講義が多いため、単位を取ろうと思っている学生は出席していることが多いと思う。人数の少ない講義は和やかである。講義に来ていないという人もいるが、来ていないのであまり目立たない。

三重大学の就職先について

優秀な人は大手の企業に就職している人もいたが、だいたいの学生は学生時代の専攻などと関係のない企業に就職していた。

小売店やサービス業が多いと思います。就職の斡旋などがないので自力で見つけた企業に就職する形です。公務員を目指す人も多くいました。

生物資源学部は食品医薬品関連の企業への就職を目指す人が多いですが、実際にそのような企業に就職する人は多くないイメージです。

工学部は比較的就職がよく、所属する研究室の紹介で就職する人も多いので、数年留年を繰り返したような人でも卒業する際に真面目に研究室に行けば紹介された企業に内定をもらって卒業というパターンも多いです。

自分が卒業した後の年は、生物資源学部でも大手企業に就職した知人も多いのでその年その年でやはり違うとは思う。私の卒業した年では院卒で真面目に研究していた人は地元企業で食品の開発などの職につく人が一定数いるイメージだった。

三重大学の良かったところ、悪かったところ

良かったところ

①田舎なので比較的穏やかな学生が多く、国立大学なのでそこそこ真面目な学生が多かったところ

②由緒ある学部なので卒業生や研究室の歴史が古く、実習設備も色々持っていた。しかも船を持っている大学は全国でもとても貴重だった。

③国立大学なので学費が安く、地元なので生活費もかからないところがよかった

悪かったところ

①周りに遊ぶところがなく飲食店も少ないためほとんど宅飲みしかなかった。しかも交通の便が良くないため自転車がとても多いし就活や通学にも不便だった

②資格などを取れる講義が少なく、支援も少ないので何も資格が取れなかった。

③就職の斡旋や就職活動のサポート体制が少ないと思った。
→やはり私立大学ではないため紹介してくれる企業も少なく、みんな個人個人で就活サイトなどで仕事を探して、ひたすら面接を受けていたが、私立だと向こうから来てくれる企業数が全然違うので有利だと思った。

三重大学に4年間通ってみていかがでしたか?

三重大学に通っていてよかったと思います。

理由は、周りの学生が穏やかな人が多かったことや、卒業後の進路として、地元や大学に関わりのある企業に就職したからです。

在学中も三重大学でしかできない三重大学ならではの取り組みに参加しており、そこでの経験によって自分自身が大きく成長できましたし、自分にとって大きな影響のある出会いもありました。ですので三重大学でよかったです。

しかし県外に出てみたかったという気持ちもありますし、県外の大学や私立大学だったら卒業後の進路の選択肢がもっとあっただろうと思います。

地元での就職を望む場合やとにかく国立大学がいいという人、三重大学でしか扱っていない研究分野に興味がある人にはおすすめですが、自分で主体的に就活に取り組めない人や、都会で遊びたい人にはオススメできないです。

三重大学の基本情報

三重大学の住所と最寄駅

◇住所
〒514-8507
三重県津市栗真町屋町1577

◇最寄駅
「津駅」バスのりば「4番」より三重交通バス乗車→「三重大学前」下車(医学部、工学部へは「大学病院前」下車)

三重大学の学費(4年間)

三重大学の学費は以下の通りです(入学金含む)

医学部…学費349万円(6年間)
人文学部…学費242万円
教育学部…学費242万円
工学部…学費242万円
生物資源学部…学費242万円

奨学金情報や学費免除制度をはじめとした詳しい学費情報は、三重大学の学校パンフレットでご確認下さい。

三重大学のパンフレットを請求

今回のまとめ

いかがでしたでしょうか。
三重大学は地元三重では由緒ある大学です。そのため、三重でこの先も生活をすると決めている方には良い大学だと思います。

この記事以上に三重大学について詳しく知りたいという方は、三重大学の学校パンフレットを是非お取り寄せ下さい。

マイナビ進学というサイトを使えば簡単に三重大学の学校パンフレットを取り寄せる事ができます。

三重大学のパンフレットを請求

コメントをかく

*