【専修大学】経営学部の評判とリアルな就職先


こんにちは!
今回は専修大学「経営学部」の評判について、卒業生の方にインタビューをしてきました。

専修大学「経営学部」の詳しい就職先や学生の雰囲気、学費や奨学金制度についてもっと知りたい方は専修大学のパンフレットを請求してみて下さい。ネット上に掲載されていない貴重な情報が沢山見つけられますよ。

マイナビ進学を使えば、専修大学のパンフレットは簡単に請求できますので、少しでも専修大学「経営学部」への受験を検討している方はパンフレットを取り寄せてみて下さい。

専修大学のパンフレットを請求

それでは、さっそく専修大学「経営学部」の評判について見ていきましょう!
今回インタビューをした方は専修大学「経営学部」経営学科の卒業生です。

専修大学「経営学部」の評判まとめ

専修大学「経営学部」の偏差値と入試難易度

◇経営学部
経営学科…偏差値50
ビジネスデザイン学科…偏差値50

専修大学経営学部は成城大学や成蹊大学経営学部の少し下東京経済大学経営学部の上くらいです。

成城大学を志願しましたが、あと1点足りなくて落ちてしまいました。ですのでセンター試験ですでに合格していた専修大学経営学部に進学をしました。

この大学の経営学部はそこまで難易度が高いわけでもないので、標準レベルの学力で合格できると思います。ただ、浪人してまでも行く大学とは正直思っていませんので浪人する方はもっと上のレベルの大学に進学すべきです。

専修大学「経営学部」の志望理由

私が専修大学経営学部を志望した理由は、まずは自分が学びたい学部が大学にあり様々な経営に関する講義を受けることができるからです。一般的な経営ノウハウだけでなく、マーケティングや経済論、国際経済や会計知識など様々な講義を自由に選択できるからこの学部を希望しました。

また、経営論を普通に学ぶだけでなく留学にそれを組み合わせたプログラムもあったので語学も同時に鍛えることができたのも魅力的でした。キャンパスは静かな丘の上でしたので、のんびりした環境の中でキャンパスライフを過ごすことができる上に、学食も多数ありましたので日替わりで色々なランチを手軽な料金で楽しめるのも、この大学の大きな特徴でした。ゆっくりなキャンパスライフを送りたい方はいいと思います。

専修大学「経営学部」に入学してから感じたギャップ

専修大学経営学部の最初のイメージはやはり講義レベルもある程度難しいのかと思っていましたが、実際は基礎レベルの内容ばかりで初めて経営学を学びたいという学生にはちょうどいいレベルだったと思います。

しかし、英語の授業に関しては本当に低レベルの授業でしたので最初は中学生が勉強するような内容だったのが驚きました。ですので、英語が得意だった私からしたら英語の授業ほど退屈なものはありませんでした。テスト時間も他の生徒より半分以下の時間で全部溶けるくらいでしたし。

専修大学「経営学部」の外からみた評判と、内部生からみた評判

世間からの評判

専修大学経営学部は他の大学に比べて難易度はそこまで高くありませんでしたので、中途半端なイメージや名前を知らないという人も大勢いました。ですので自信を持って言えるほどの学歴にはならなかったです。

ただ、丘の上にある緑豊かな場所でゆっくり勉強しているんでしょう、勉強の環境はいいみたいだねと中途半端な感想しか言われませんでした。どの学部も似たようなレベルですので、この大学名を言っただけである程度の学力がなんとなく推測されてしまいます。

内部生からみた評判

専修大学経営学部は立ち位置でいうと派手な人が多い、遊び人が多数在籍している学部かなと思いました。講義の欠席率が高い生徒も大勢いましたし講義内容も簡単ですので講義中の睡眠をする人、スマホをいじる人、半分遅刻して出席する人などあまり真面目に取り組んでいる生徒はそこまで多くはなかったと思います。私もそのうちの一人でしたので。

ですが単位は提出レポートやテストをしっかりやれば取れましたので勉強すれば簡単、しなければ落ちる単位でした。ワイワイ楽しい学生生活をしたいならばこの大学の経営学部はお勧めします。真面目に勉強したい方ももちろんいます。

専修大学「経営学部」のそれぞれの学科で勉強すること

専修大学経営学部は経営学科と会計学科が用意されており、経営学科は多様な講義科目、会計学科は会計士向けの講義内容になっています。会計学科からは毎年公認会計士の資格を取得する生徒が数名おり、最難関の資格を取得できる実績からして決して悪くはないと思います。

経営学科も会計科目を勉強しますが、本気で会計士になりたければ会計学科の方が断然いいです。しかし、経営学科は非常に多くの科目を選択できますので色々な経営知識を勉強したいという生徒には最適です。マーケティングを専門に勉強したい生徒、国際経営の専門、コンピューターの専門、経済の専門、ヒューマンリソースなど多種多様に選択できます。ですのでヒエラルキーなどは存在しないので好きな科目を自由に勉強してください。

専修大学「経営学部」のリアルな就職先について

専修大学経営学部の主な就職先は一般企業のマーケティング部門や営業部門、ホテル、個人事業主など決まっておりません。大体の企業で必要としている人材育成のカリキュラムが整備されていますので、よほどの超一流企業を除いて就職できると思います。

会計を専門に勉強した生徒は会計事務所に行きましたし、英語をマスターして塾の先生や外資企業にも内定をもらった生徒も大勢いました。ですから自分が就きたい仕事先をある程度決めてから学科や講義内容を選択した方が近道になります。

しかし勉強をしなかった生徒はニートや土木作業員の人も中にはいたようで。やはり標準レベルの大学でも勉強姿勢によってここまで分かれてしまうので本気で就職先を検討する方は講義もサボるようなことはしない方がいいです。ただでさえ名前だけでは世間に通用しない大学ですから

今回のまとめ

いかがでしたでしょうか。
今回は、専修大学「経営学部」の卒業生の方にインタビューをした内容をご紹介してみました。

専修大学「経営学部」の詳しい就職先や学生の雰囲気、学費や奨学金制度についてもっと知りたい方はぜひマイナビ進学で専修大学のパンフレットを請求してみて下さい。

専修大学のパンフレットを請求

誹謗中傷と捉えたコメントのIPアドレスは全て記録しています

*
*
* (公開されません)