【就実大学】教育学部の評判とリアルな就職先


こんにちは!
今回は就実大学「教育学部」の評判について、卒業生の方にインタビューをしてきました。

就実大学「教育学部」の詳しい就職先や学生の雰囲気、学費や奨学金制度についてもっと知りたい方は就実大学のパンフレットを請求してみて下さい。ネット上に掲載されていない貴重な情報が沢山見つけられますよ。

マイナビ進学を使えば、就実大学のパンフレットは簡単に請求できますので、少しでも就実大学「教育学部」への受験を検討している方はパンフレットを取り寄せてみて下さい。

就実大学のパンフレットを請求

それでは、さっそく就実大学「教育学部」の評判について見ていきましょう!
今回インタビューをした方は就実大学「教育学部」教育心理学科の卒業生です。

就実大学「教育学部」の評判まとめ

就実大学「教育学部」の偏差値と入試難易度

◇教育学部
初等教育学科…偏差値45
教育心理学科…偏差値42.5

就実大学の難易度は神戸女学院大学の少し下、ノートルダム清心女学院の少し上くらいです。

学部間学科間でも難易度は違います。薬学部、教育学部、人文学部の順に難易度は高いと思います。教育学部に限って言うと、初等教育学科に落ちて、教育心理学学科に入学する人も多く、初等教育学科の人気が見受けられました。

薬学部を除く学科に限ると、やはり初等教育学科の難易度は高いようです。就実大学教育学部に通う人達は岡山大学教育学部を第一志望で受験している人が多かったです。残念ながら、落ちてしまった人達が取得できる免許は同じものが取れるので滑り止めの就実大学に入学したと多くの人が言っていました。

就実大学「教育学部」の志望理由

私が就実大学を志望した理由は、2つあります。1つ目は、カリキュラムが理想だったからです。取得を希望していた資格を取れるだけでなく、学習内容、資格取得の過程において、ここで学びたいと感じたため、入学しました。

2つ目は、オープンキャンパスの際、講義してくださった教授に魅力を感じたからです。現在、その教授は既に退職されてますが、今でも講師として県内の大学で教壇に立たれてます。オープンキャンパスで聞いた講義がすごく興味深く、もっと教えてほしい、時間が足りないと感銘を受けました。

資格取得のための勉強はここじゃなくてもできるけど、この教授の講義を受けれるのはこの大学でしかできないと思い、すぐに第一希望にしました。

就実大学「教育学部」に入学してから感じたギャップ

私が就実大学に入学してから感じたギャップは、キラキラのキャンパスライフを描いていたのですが、全くそんなことはなかったことです。

岡山という田舎のためか、空きコマができてもすることはなく、ただ友達と駄弁るぐらいでした。遊びに行くにしても大学周辺には何もないので電車で一駅行かなくてはいけないし、イケメンも美女もいないし、学食も口に合わないしという感じでした。

でも大学は自己責任というイメージで入学しましたが、私の学科の先生方はすごく親切で丁寧に丁寧に指導してくださいました。

就実大学「教育学部」の外からみた評判と、内部生からみた評判

世間からの評判

就実大学ですと自己紹介したら、私立のエスカレーター式学校で、元々女子校ということもあってかお嬢様?とよく言われました。実際そんなことは全くないです。男女共学になって結構経つので、学科によっては、女子より男子の方が多いとこもあります。かわいい子が多いと言う噂があるのか、誰か女の子紹介してとよく言われましたが、正直そんなにかわいい子はいません。

私は地元が遠いので、就実大学のことを知ってる人はいません。でも岡山県内であれば、名前は知られている方だと思います。

内部生からみた評判

教育心理学科の傾向としては、どの学年でも穏やかな人が多い傾向にあると思います。学習内容的にもそういった人たちが向いている内容だと思うので穏やかな雰囲気で、先生方も優しく包み込んでくれるタイプの先生方が多いです。

大学内では学科の人数も多くはないので、少しレアキャラ的な存在だと思います。後輩ができて同じ学科の子と知り合うこともなかなかなかったので、濃い存在ではないと思います。

逆に同じ教育学部の初等教育学科はすごく元気で自己主張が強く、群れて行動している印象だったので、どこにいても目立っていたと思います。

就実大学「教育学部」のそれぞれの学科で勉強すること

就実大学には薬学部、教育学部教育心理学科、教育学部初等教育学科、人文科学部表現文化学科、人文科学部英語学科、人文科学部歴史学科、経営学部があります。

薬学部は6年生ということもあり、学力も他とは比べものにならないくらい高いので、学校からの待遇も良く、一目置かれています。教育学部初等教育学科は教員免許、幼稚園教諭の免許を取る勉強をしています。薬学部を除く学科では、1番入学の倍率も高いようです。また授業内容的にも交流が多いので、学科内の絆が深いイメージです。

教育心理学科は特別支援学校の教員免許、養護教諭免許状、公認心理士を勉強しています。穏やかな人が多いです。経営学部は学力はそこまで必要ないと言われてました。女子は少し派手な印象です。英語学科は学力順でクラス分けをされるようで、留学に行く人も多いです。

就実大学「教育学部」のリアルな就職先について

優秀層は教員免許をしっかり取得し、教員採用試験に一発合格し、教員になったり、天満屋、中国銀行等岡山で知名度の高い企業にも就職しています。

普通の層は岡山県内外の中小企業に就職や、教員採用試験に落ちても講師として立派に就職しています。残念な層も就職できるようキャリアセンターの方がしっかり対応してくださるので、この時代で就職浪人する人は少ないと思います。

就実大学は県内就職率を強みとしているそうです。たしかに、県内であれば知名度は、そこそこ高いので、自分が頑張りさえすれば、ブランドは気にしなくていいと思います。

県外になると話は別ですが、大手一流企業以外であれば、今時学校名だけで判断する所は少ないので個人的には問題ないと思います。事実、県外に就職した友人はたくさんいます。教員採用試験合格率も少しずつ上がってきているようです。

今回のまとめ

いかがでしたでしょうか。
今回は、就実大学「教育学部」の卒業生の方にインタビューをした内容をご紹介してみました。

就実大学「教育学部」の詳しい就職先や学生の雰囲気、学費や奨学金制度についてもっと知りたい方はぜひマイナビ進学で就実大学のパンフレットを請求してみて下さい。

就実大学のパンフレットを請求

誹謗中傷と捉えたコメントのIPアドレスは全て記録しています

*
*
* (公開されません)