【宮城教育大学】教育学部の評判とリアルな就職先


こんにちは!
今回は宮城教育大学「教育学部」の評判について、卒業生の方にインタビューをしてきました。

宮城教育大学「教育学部」の詳しい就職先や学生の雰囲気、学費や奨学金制度についてもっと知りたい方は宮城教育大学のパンフレットを請求してみて下さい。ネット上に掲載されていない貴重な情報が沢山見つけられますよ。

マイナビ進学を使えば、宮城教育大学のパンフレットは簡単に請求できますので、少しでも宮城教育大学「教育学部」への受験を検討している方はパンフレットを取り寄せてみて下さい。

宮城教育大学のパンフレットを請求

それでは、さっそく宮城教育大学「教育学部」の評判について見ていきましょう!
今回インタビューをした方は宮城教育大学「教育学部」の卒業生です。

関連記事
宮城教育大学の全体的な評判

宮城教育大学「教育学部」の評判まとめ

宮城教育大学「教育学部」の偏差値と入試難易度

教育学部
初等-幼児教育…偏差値50
初等-子ども文化前期偏差値50
初等-教育学前期偏差値50
初等-教育心理学前期偏差値50
初等-国語前期偏差値50
初等-社会前期偏差値50
初等-英語コミュニケーション前期偏差値52.5
初等-数学前期偏差値50
初等-理科前期偏差値50
初等-情報・ものづくり前期偏差値47.5
初等-家庭科前期偏差値47.5
初等-音楽前期偏差値47.5
初等-美術前期偏差値45
初等-体育・健康前期偏差値50
中等-国語前期偏差値52.5
中等-社会科前期偏差値52.5
中等-数学前期偏差値50
中等-理科前期偏差値50
中等-音楽前期偏差値47.5
中等-美術前期偏差値45
中等-保健体育前期偏差値47.5
中等-技術前期偏差値47.5
中等-家庭科前期偏差値47.5
中等-英語前期偏差値55
特別-視覚障害教育前期偏差値50
特別-聴覚・言語障害教育前期偏差値50
特別-発達障害教育前期偏差値50
特別-健康・運動障害教育前期偏差値50

宮城教育大学の難易度は東北大工学部の少し下、東北学院大学教養学部の少し上くらいです。

実際に私が東北学院大学教養学部に合格して、蹴ってこの大学にきました。私以外の同級生も同様に東北学院大学を滑り止めとして受験している学生も多くいます。

また、東北大学を志していたが、センター試験の結果を踏まえて同県の国立大である宮城教育大学への進学へと変更した学生も多いため、東北大学(特に工学部志望が多かったため工学部と書きました)よりは下という判断をしました。

宮城教育大学「教育学部」の志望理由

私が宮城教育大学教育学部に進学を希望した理由は東北で唯一の教員養成系の国公立大学であるからです。教員免許を取れる大学は県内や近県にもたくさんありますが、本大学でのカリキュラムが最も教員を目指す上で魅力があると感じたからです。

また、実際に教育現場を見ても宮城県内、仙台市内では宮城教育大を卒業した教員が多数いるため卒業後も大学時代の同期、先輩後輩と共に地域の教育を作っていけると考えたためです。

私自身は教員を志していたためこの大学の志望のみでしたが、同級生の中には同じ県内の国公立大学である東北大学への合格が厳しいため、同じ国立大である宮城教育大への進学を選択したという人も多数いるという現状なので、全員が教員を目指しているわけではありません。

宮城教育大学「教育学部」に入学してから感じたギャップ

教員になりたいと考えて教育学部に入学した。しかし、実際に授業を受けると教育に対して熱心では無い学生も多く、授業中の私語、内職をする学生も珍しくありません。また、教員を志して入学した学生も、教育実習を経験する中で現場の実態(教員の長時間労働など)を見て教員志望を諦めてしまうことも少なくないということがある。

教員になる学生も例年6割強と教員養成系大学の中では少ない部類に入るため、教員を本気で目指している学生にとっては周りとの温度差を感じざるを得ません。

宮城教育大学「教育学部」の外からみた評判と、内部生からみた評判

世間からの評判

県内で2つの国立大のうちの1つであるということもあり、「頭がいい」,「かしこい」という印象を持たれることがおおいです。一方、東北大学の学生など旧帝国大学の学生などからはそのような印象を持たれることは決してありません。

また、教員養成系の大学であるため、先生を志す学生が多く、「先生になる人」=「真面目な人」という解釈をされる事は多々あります。実際に県内他大学の学生と比較しながら見られるような場面になると、真面目だねと言われることも少なくありません。

内部生からみた評判

宮城教育大には教育学部しかありませんので、教育学部の学生がすべてを占めている状態です。学生の傾向としては、社交的な学生が多い印象です。授業の中でディスカッションを行う場面が時々ありますが、知らない人や初めて喋る人ともほとんどの学生が抵抗なくディスカッションを行なっているという印象を受けました。

また、同時に真面目な学生も多く外見はふざけているような学生でも授業内での発言がしっかりとしていたり、必要最低限の授業に必要な自主的な学習は欠かさず行なっている学生が多いような傾向にあります。

宮城教育大学「教育学部」のそれぞれの学科で勉強すること

宮城教育大学は教育学部のみの単科大学であるため学部間でのヒエラルキーのようなものは存在していません。しかし、初等教育教員養成課程、中等教育教員養成課程、特別支援教育教員養成課程の3つの課程に分かれています。

人気としては中等教育教員養成課程>初等教育教員養成課程=特別支援教育教員養成課程という構図になっており、偏差値としても同様の構図になっています。「頭の良さ」という不確定なものさしでは一概に言えないところはありますが、中等教育教員養成課程の学生が俗に「頭の良い」とされています。

それぞれの課程で学習する事の違いは、対する子供の対象の違いが挙げられます。中等教育教員養成課程は中学校以上の子供、初等教育教員養成課程は小学生、特別支援教育教員教員養成課程は特別支援を必要とする子供への専門性を高めることができる授業がそれぞれ多いという違いがあります。

宮城教育大学「教育学部」のリアルな就職先について

優秀層、普通の層、残念な層ということでしたが、大学で用いているGPAを参考に3.0以上、3.0?1.5、1.5以下に分けそれぞれを優秀層、普通の層、残念な層と定義して回答させていただきます。

優秀層、普通の層、残念な層の学生も最も多いのが教員です。中でも内訳としては小学校教員が6割中学校教員が4割ごく稀に高校教員がいるという構図です。この教員が全体のおおよそ6割を占めており、残りの3割が公務員や地方の七十七銀行など教員以外の就職先、残り1割が内外問わず大学院の進学です。大学院の進学は優秀層の学生が多いという傾向があります。

教員採用試験には合格しなくても講師としての就職があります。教員採用試験に合格できるのはやはり、優秀な層の学生が多く、残念な層の学生が少ない傾向にあるように感じています。

今回のまとめ

いかがでしたでしょうか。
今回は、宮城教育大学「教育学部」の卒業生の方にインタビューをした内容をご紹介してみました。

宮城教育大学「教育学部」の詳しい就職先や学生の雰囲気、学費や奨学金制度についてもっと知りたい方はぜひマイナビ進学で宮城教育大学のパンフレットを請求してみて下さい。

宮城教育大学のパンフレットを請求

関連記事
宮城教育大学の全体的な評判

コメントをかく

*