【愛媛大学】教育学部の評判とリアルな就職先


こんにちは!
今回は愛媛大学「教育学部」の評判について、卒業生の方にインタビューをしてきました。

愛媛大学「教育学部」の詳しい就職先や学生の雰囲気、学費や奨学金制度についてもっと知りたい方は愛媛大学のパンフレットを請求してみて下さい。ネット上に掲載されていない貴重な情報が沢山見つけられますよ。

マイナビ進学を使えば、愛媛大学のパンフレットは簡単に請求できますので、少しでも愛媛大学「教育学部」への受験を検討している方はパンフレットを取り寄せてみて下さい。

愛媛大学のパンフレットを請求

それでは、さっそく愛媛大学「教育学部」の評判について見ていきましょう!
今回インタビューをした方は愛媛大学「教育学部」学校教育教員養成課程の卒業生です。

関連記事
愛媛大学の全体的な評判

愛媛大学「教育学部」の評判まとめ

愛媛大学「教育学部」の偏差値と入試難易度

◇教育学部
学校-幼年教育…偏差値50
学校-小学校…偏差値50
学校-中等国語…偏差値55
学校-中等社会科…偏差値52.5
学校-中等英語…偏差値50
学校-中等数学…偏差値55
学校-中等理科…偏差値55
学校-中等技術…偏差値47.5
学校-中等家政…偏差値47.5
特別支援教育教員養成課程…偏差値52.5

愛媛大学の偏差値は、だいたい平均50くらいです。もっとも偏差値の高い学部は医学部の65、低い学部は45くらいの学部が複数あります。

私の在学していた教育学部は偏差値55ほどで、香川大学教育学部や福岡教育大学と同程度の偏差値です。徳島教育大学や島根大学教育学部より少し上で、大阪教育大学や岡山大学の下くらいです。

私のまわりには、第一志望で受験をしている学生が多く、滑り止めにしていた学生は少なかったように思います。

愛媛大学「教育学部」の志望理由

私が愛媛大学教育学部を志望した理由は、国公立の教育学部を探していたことと、自身の出身が愛媛県であったことです。

高校生時代から教員を志望していたため、教員免許の取れる大学と学部を探していました。愛媛大学では、入学後に教科が分かれるため、入学定員数が他の大学よりも多いと感じました。また、入学後のコースによっては、幼児教育から高等学校教諭の免許まで取得することができ、幅広い教育の分野に対応することができる大学であったため志望しました。

大学の立地も四国の中では大きな市であるので、アクセスも良く、学生生活も充実したものになると思っていました。また、キャンパスには医学部以外が集まっており、さまざまな学生との交流ができるというところが魅力的でした。

愛媛大学「教育学部」に入学してから感じたギャップ

四国の中では、有名な大学であるので、レベルの高い学生が多いと思っていましたが、ピンキリでした。学業に熱心な学生もいますが、遊びに来ているような学生も多かったと思います。何年も留年している学生もおり、限度の8年生も何人か見ました。

大学の校舎のイメージは、とてもおしゃれできれいなイメージを持っていましたが、高校の校舎みたいで、きれいさは感じませんでした。今現在のキャンパスは大幅に工事が行われたようで綺麗になっているようです。

愛媛大学「教育学部」の外からみた評判と、内部生からみた評判

世間からの評判

そもそもの大学が少ないということもあり、四国の中では、大変有名な大学として知られています。少し年の大きい人(50代以上)からは、一目置かれるような大学となっています。塾講師のアルバイトの面接では、愛媛大学ということがアドバンテージになったと思います。

しかし、本州では認知度も低く、ローカルの大学という印象でした。知られていることが少なく、大学名で有利なことはほとんどありませんでした。四国地方と中国地方での認知度とその他での認知度はかなり差があります。

内部生からみた評判

教育学部は、医学部の次に偏差値が高く、医学部はキャンパスが異なるため、同じキャンパス内では最も偏差値の高い学生として知られていました。実際に、教育学部の学生は他の学部の学生よりも知的な学生が多かったように思います。

しかし、教育学部特有の頭の固さがあり、とてもまじめな生徒が多く、ユーモアは他学部の方があると思います。教育学部は授業数が多く、実習等もあるため、部活動やサークルに集中している生徒はそこまで多くありませんでした。教育学部の生徒が大半を占めるサークルなどもありました。教育学部棟が学食の隣にあるため、教育学部生が学食で休憩しているシーンをよく見ました。

愛媛大学「教育学部」のそれぞれの学科で勉強すること

愛媛大学教育学部では、主に学校教員になるための学校教育教員養成課程と学校教員が目的ではない新課程がありました。

学校教育教員養成課程はさらに各教科や心理系、教育学系に枝分かれしています。どのコースでも小学校免許が卒業要件になります。国語コースや数学コースといった教科別のコースでは、小学校免許に加え、中学校免許や高校免許を取得することができます。授業を受けることで複数の教科の免許を取得することができます。実際、学部生の3分の1が複数の免許を取得していると思います。教員を目指す学生が多いため、とてもまじめな学生が多いです。

新課程は、教員を目指さないが教育の分野で活躍することを目的とした人材の育成を目標にしたコースです。国際理解や情報教育に特化したコースがありました。

愛媛大学「教育学部」のリアルな就職先について

愛媛大学教育学部の学生は、だいたい8割くらいの学生が教員採用試験を受けていました。合格した学生は教員として就職していました。合格率は毎年変動しますが、だいたい受験した半分くらいの学生が合格していたように思います。合格しなかった学生は、臨時の教員として就職するか、私立の学校の講師として就職する学生がほとんどです。

教員を志望しない学生は、民間の公務員試験を受ける学生や地方の銀行を受けている学生が多かったと思います。中には、青年海外協力隊として海外に派遣された学生も見ました。

教員採用試験に落ちた学生の中には、大学院に行きながら、教員採用試験を受けなおすといった生徒も多く、毎年各教科で1人ずつはそういった学生が多かったように思います。民間の企業に就職した学生は、塾などの教育関係の職業に就く人が多かったように思います。

今回のまとめ

いかがでしたでしょうか。
今回は、愛媛大学「教育学部」の卒業生の方にインタビューをした内容をご紹介してみました。

愛媛大学「教育学部」の詳しい就職先や学生の雰囲気、学費や奨学金制度についてもっと知りたい方はぜひマイナビ進学で愛媛大学のパンフレットを請求してみて下さい。

愛媛大学のパンフレットを請求

関連記事
愛媛大学の全体的な評判

誹謗中傷と捉えたコメントのIPアドレスは全て記録しています

*
*
* (公開されません)